新入社員に起こりがちな五月病の原因と会社との関係性

新入社員に起こりがちな五月病の原因と会社との関係性

Thumb?1414295452 muah♪さん

227

毎年、五月病で辛い思いをする人が多くいます。特に新入社員にこの症状を発症する人が多く見られますがその原因と対策はどうしたらよいのでしょう?


  • はじめに

  • はじめに
  • 毎年、五月病で辛い思いをする人が後を絶ちません。この五月病とは、5月あたりから精神的に不安定になってきて、さまざまな適応障害を起こしてしまうことです。特に新入社員にこの症状を発症する人が多く見られ、会社になかなか通勤できない事態となってしまうこともあります。
  • 五月病の原因と症状

  • 五月病の原因と症状
  • 五月病の具体的な時期は、ゴールデンウィークを過ぎたころに見られます。これは、4月に会社に入社してから、新入社員として覚えなくてはいけないことが続いてきます。この時期に研修が行われることも多く、仕事の他にも上下関係でのコミュニケーションも求められます。今までとは違う新しい環境に早く馴染まなくてはいけないという思いが、気づかないうちに次第に身体に負担となってしまいます。このような思いがストレスとなってしまい、五月病の大きな原因となっているのです。
    そして緊張が続く中、ゴールデンウィークという長い休みに入るので、不安を抱えたまま連休を過ごしてしまいます。本来はこの期間中にストレスを解消するべきところですが、それが上手く出来ず、結局連休が明けると徐々に身体に症状が出始めてきます。この症状には気分の落ち込みが続き、疲れやすくやる気が起きてきません。仕事に集中することも難しくなり、やがて不眠や胃痛、食欲不振などの症状も見られてきます。
  • 五月病になりやすい人の傾向

  • 五月病はいわゆる人生経験の少ない若者が多く、それまでの学生生活とは大きく異なった会社という組織に戸惑いを感じます。学生時代にアルバイトをしてきた人でも、会社の新入社員という立場から大きな緊張感を覚えてきます。こういった経緯から、ストレスを引き起こして自律神経に影響してくるのです。
    このような原因から、五月病を発症してしまいがちなタイプが見えてきます。それは、性格が真面目で責任感が強く、完璧主義な人です。このような性格が、早く会社に認められようとして、自分を追い込んでしまうのです。上司に迷惑をかけないように、人一倍努力してしまいます。同期の新入社員へのライバル意識や比較されることの恐れから、不安が大きくなってしまうのです。
  • 悩みすぎず、プラスにとらえること

  • 悩みすぎず、プラスにとらえること
  • しかし、誰でも初めての経験は、慣れないことの連続で失敗することも多々あります。まして若者という立場であれば、他の人に迷惑をかけてしまうことも珍しくはありません。会社ではこういった新入社員のために、一から上司が指導していきます。人それぞれ能力に違いがあり、そういった個性が会社という組織を上手く作り上げているのです。
    新入社員は、失敗などで上司に迷惑をかけることはつきものです。たとえ失敗したとしても、そこで大きなことを学んでいけます。五月病の原因となるストレスを溜めこまず、焦らず会社と上手く付き合っていくことが大事です。
新入社員に起こりがちな五月病の原因と会社との関係性
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事