新入社員に多い五月病やうつ病について

新入社員に多い五月病やうつ病について

Thumb?1414295452 muah♪さん

388

五月病とは、新入社員や新大学生など、新しい環境に適応できないことで起因する精神的な症状のことです。


  • 五月病とは

  • 五月病とは
  • 4月は何かと環境が変わる人が多いかと思います。
    特に学生から社会人になった新入社員にとっては、その環境や自分の立場や責任に追いつかなくて、五月病になったり、うつ病になる人も多いようです。
    五月病とは、新入社員や新大学生など、新しい環境に適応できないことで起因する精神的な症状のことです。
    入学や就職、職場の異動や一人暮らしなど、新しい環境において、期待ややる気はあっても、適応できずうつ病に似たような症状が五月のゴールデンウィーク明け頃から見られることがしばしば多いため、このように呼ばれるようになりました。
  • 五月病の原因と症状

  • 五月病の原因と症状
  • 発症に至る例としては、環境の変化に適応できないままゴールデンウィーク中に一気に疲れが吹き出したり、長い休みの影響で、学校や職場等へ行く意欲を削ぐなどの理由から、ゴールデンウィーク明け頃から理由が不明確な体や心の不調に陥る、というものなどです。
    主な症状としては、無気力や抗うつ、不安感や焦燥などが特徴的な症状です。
    また、不眠や疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人と関わるのが億劫になるなどが多いと言われています。
  • 五月病の対策や治し方

  • 五月病の対策や治し方
  • 対策としては、ストレスを溜めないようにする、発散方法を見つけることが良いとされています。なかなか改善されない場合は、うつ病等になっている場合もあるので、心療内科など、専門の医療機関を受診し治療を受けることもあります。うつ病は精神疾患です。
    安定剤や抗うつ剤など、症状に合わせて薬を処方してもらいます。不眠の人は、睡眠薬や睡眠導入剤を処方してもらいます。
    カウンセリングを受ける、という方法もあります。
    カウンセリングを受けたり、薬を服用しながら働いている人や学校へ行っている人もたくさんいますが、症状によっては、休学や休職を必要とする場合もあります。
    医師の指示に従い、症状の緩和や完治を優先し、また社会復帰、学業復帰ができるよう努めます。
    様々な薬がありますが、同じ症状であっても、その人によって合う薬が違う場合があるので、合う薬を探すために、医師の指示のもと、何回か薬の種類を変えて症状が緩和するか試したりします。
    どの場合にも、自分で薬の調節をしたり勝手に飲むのを止めてしまわず、医師の指示に従うことが大切です。
    早い段階で的確な治療を受ければ、回復も早いと言われています。
    普段とおかしいと感じる事がある場合は、放っておかずに、医療機関に相談することが日々の健康にも繋がります。
    充実した日々を送るためにも、健康管理はとても大切です。
新入社員に多い五月病やうつ病について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事