新入社員の五月病の対処法と元気の出し方

新入社員の五月病の対処法と元気の出し方

Thumb?1414295452 muah♪さん

346

新入社員の方が陥りやすい五月病ですが、五月病になりやすい方にはある特徴が見受けられます。見えない病気も隠れている場合があるので、油断は大敵です


  • 五月病になりやすい人

  • 五月病になりやすい人
  • 新入社員の方が陥りやすい五月病ですが、五月病になりやすい方にはある特徴が見受けられます。
    具体的には、真面目だったり、責任感があったり忍耐力があったりする人は、五月病になりやすいと言われています。なぜなら、こういった人の特徴は、ストレスを溜め込みやすいからです。
    五月病は、基本的には放っておけば治ります。
    ただ、見えない病気も隠れている場合があるので、油断は大敵です。
  • 五月病の対処法

  • 五月病の対処法
  • 肝心な対処法ですが、一番良いのはコミュニケーションでストレスを軽減することです。
    自分の信頼できる人に悩みを相談したりすることが大事です。他人に支えられているとわかるだけでも、心の負担はだいぶ軽くなります。
    食生活の改善も大事になってきます。たとえば、脳の神経伝達物質のひとつであるセロトニンは、その代表的な栄養素のひとつといえます。セロトニンは、感情をコントロールするもので、動物性たんぱく質の摂取により摂ることができます。
    次に、質の良い睡眠をとることが大事です。実は、五月病の最大の原因のひとつが、睡眠リズムの崩れによるものなのです。寝だめなどは極力控え、規則正しい生活を意識することが大事だといえます。確かに、仕事で忙しくて睡眠時間が確保できない場合もあると思うのですが、それでもパソコンやテレビを見る時間を減らすなどの努力をして、寝る時間を作る努力をすることが重要です。
    そして、オフの日は仕事を忘れてリラックスすることも大事です。セロトニンは、自分の好きなことをすることでも分泌されやすくなります。
    よく働き、よく遊ぶ、これが一番重要なのです。
  • 仕事に完璧を求めすぎないこと

  • 仕事に完璧を求めすぎないこと
  • それでも、嫌々会社勤めをする場合もあるかもしれませんが、そういったときには、頑張りすぎず、一日仕事をしてみることが大事です。会社を辞めるなんていつでもできるので、今日一日がんばってみるという姿勢が大事なのです。
    今日一日、もう一日、それを繰り返していけば、嫌だという感情は不思議となくなっていきます。もちろん、それでも一ヶ月気が滅入る場合は、病院に行って診察してもらう必要があります。
    それに、仕事を適当にやるというのもいけませんが、それでもすぐに会社を辞めるよりかはマシです。長く会社で勤めてみれば、嫌だったその会社の一面がよく見えてくる場合もあるのです。
    理想は、その日の仕事を七割がたできれば良いとします。完ぺき主義の方は、もっとのんびりすることを重視したほうが良いです。
    その証拠に、のんびりしている人は五月病になりにくいのです。ですので、たとえ仕事で失敗しても、次成功すれば良いだけなのであまり深く考えすぎないことが大事です。
    新入社員は、とにかく仕事の基本を身に着けることを意識します。
新入社員の五月病の対処法と元気の出し方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事