五月病は、ストレス解消が大きな効果を発揮することがあります

五月病は、ストレス解消が大きな効果を発揮することがあります

Thumb?1414295452 muah♪さん

182

五月病は環境変化に伴う精神性ストレスが原因です。治し方では、ストレス解消が大きな効果を発揮することが多々あります。


  • 五月病とは

  • 五月病とは
  • 五月病になると、五月の連休を境にして、それまでは非常に活発で元気に活動してきた人が、覇気もなくなり消極的で人間関係に疎遠になるような状態になります。
    このように、五月を境に精神的な疾患を発病することを五月病にかかるといいます。五月病の原因としては、生活環境や社会活動の状況が大きく変わることで、そのギャップについていけず、結果として新しい環境に適応できずに起こるとされています。
    具体的な例を紹介します。
  • 新しい環境に適応できず葛藤が

  • まず、進学や入学で通学してきた学校やクラスが変わったり、就職によって会社に勤め始めるようになったり、勤務先の転属移動になることで、生活環境や社会活動の状況が大きく変化します。それに伴い、従来の生活環境で適応してきた生活様式や考え方、価値観などが、通用しなくなることが多々発生します。
    そのほとんどは時間とともに慣れてきたり、周囲の支援等で克服できるようになります。
    しかしながら、どうしても慣れる事ができなかったり、手助けを貰ってチャレンジしても克服できない課題が残ったりする場合があります。
    完璧な人間はいない、として受け流すこともある程度は必要なのですが、性格的に受け流せないために心の中で葛藤が起き始め、やがて慢性化していき発病につながっていきます。
    治し方は、病気の症状に依存しますが、軽度な場合にはストレス解消などによって精神的な葛藤を和らげる、あるいは葛藤をなくすことで解消出来る場合があります。 五月病は、従来の生活環境、社会活動の場で生活を営んできた人が、新しい生活環境や社会活動の場にとけこめずに精神的な葛藤が続き、発病につながっていきます。
  • 大きな環境変化にともなうギャップ

  • 大きな環境変化にともなうギャップ
  • 五月病の本質は、精神的な葛藤にあります。人間は生活や社会活動を通じて、精神性や価値観、人格形成を行ないます。
    小さな環境変化はその人の精神性や価値観、人格等を否定しませんし、そのままの状態でもある程度適応する事ができます。また、多少ギャップはあるものの、生活上ののりしろとして消化されていきます。
    ところが、大きな環境変化にともなうギャップは、その人の精神性や価値観、人格では消化しきれず、病状としてあらわれ始めます。
    具体的には、抑うつ状態、無気力、不安感、焦燥感のような、精神的に不安定でネガティブな状態になったり、不眠や疲労感が取れない、食欲不振、やる気が出ないなど、精神性に加えて肉体的異変も起きてきます。
  • 日頃からストレス解消法を行う

  • 日頃からストレス解消法を行う
  • これらの治し方ですが、もっとも適切なのは、心療内科を受診して診察をしてもらい、適切な治し方や生活の過ごし方のアドバイスをもらう事です。
    五月病は環境変化に伴う精神性ストレスが原因です。
    そこで、充分に睡眠を取ったり、趣味に興じたり、読書や音楽鑑賞など、あるいはスポーツで汗を流すなどして、充分にストレス解消をすることで、病状を和らげたり、解消できる事があります。日頃からストレス解消法を行ない、五月病にならないよう心がける事が大切です。
五月病は、ストレス解消が大きな効果を発揮することがあります
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事