五月病の症状である体調不良について

五月病の症状である体調不良について

Thumb?1414295452 muah♪さん

291

五月病の体調不良の症状は、夜眠れなかったり、朝起きられなかったりすることがあります。逆にいくら寝ても足りないような感じがしたりします。治すためにも、睡眠や休養をしっかりとることが必要です。


  • 五月病の原因、症状

  • 五月病の原因、症状
  • 五月病とは、進学や就職などといった新しい環境に対するストレスで5月のゴールデンウイーク明けくらいに体調不良を訴えることからその名前がつけられています。
    五月病の体調不良の症状は、夜眠れなかったり、朝起きられなかったりすることがあります。逆にいくら寝ても足りないような感じがしたりします。ひどい場合は、起き上がることもままならなかったりします。
    精神的には、倦怠感が続き、疲れが取れなかったり後ろ向きなことを考えたりします。自己否定感を感じたりしますので、気分がなかなか晴れなかったりします。
    精神的な症状だけでなく、肉体的にも症状が表れます。それは、食欲が減退したり、頭痛やめまいを感じることです。うつ状態は、自律神経の乱れで起こるとされています。そのことにより、わけもなくイライラしたり、落ち着きがなくなったり、思考力や判断力が低下して、次にしたらよいことがわからなくなったりすることもあります。
    そのような症状を感じる中、自分がいても仕方がない、学校や会社に行きたくないという思いが芽生えてくることもあります。たいていの場合は、一過性のものですがひどい人の場合は、初期のうつ病状態になり、1か月以上症状が続きます。
  • 心身の疲労を取ること

  • 心身の疲労を取ること

    出典: instagram.com

  • このような五月病かもしれないと感じた場合、まずは心身の疲労を取ることが大事です。睡眠や休養をしっかりとることが必要です。寝られない場合は気分を落ち着かせるためのアロマセラピーやハーブティー、マッサージなどが効果を表すことがあります。
    イライラしたりわけもなく涙もろくなったりするには、解決策の一つとして食生活の改善が挙げられます。カルシウムやビタミン、ミネラルを摂取してバランスの良い食事を採ることが必要です。
    自律神経のバランスをよくするには、朝起きて夜寝るといった生活リズムを整えることも有効です。
  • 話を聞いてもらうことでストレス解消

  • 話を聞いてもらうことでストレス解消

    出典: instagram.com

  • さらに、ストレスを取り除くには家族や親しい友人に自分の話をしっかりと来てもらうことが必要です。五月病になっている人は自己肯定感が低い傾向にありますので、自分を認めてもらえる人に話を聞いてもらうことが有効です。
    たいていの場合、五月病の症状は、時間の経過とともに改善されます。なぜなら、3月から5月は気候変動も激しく自律神経が乱れやすい時期ですので、気温が穏やかになることで改善される場合があるからです。しかしながら酷い場合は、うつ病になる可能性があります。ですので、そのような場合は、心療内科のカウンセリングを受ける必要があります。
五月病の症状である体調不良について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事