五月病で遅刻する新入社員について

五月病で遅刻する新入社員について

Thumb?1414295452 muah♪さん

419

五月病とは、新入社員によく見られる病気の1種で、職場、人間関係などの新しい環境になかなか慣れず、対応できなくなる精神的な病気です。ほとんどの場合は1ヶ月〜2ヶ月程度で自然に症状が回復していく事が多いといわれています。


  • 五月病とは?

  • 五月病とは?
  • 五月病という言葉を聞いた事があるという人は多いですが、実際にはどのような病気なのか、詳しくは分からない場合もおおいです。
    五月病とは、新入社員によく見られる病気の1種で、職場、人間関係などの新しい環境になかなか慣れず、対応できなくなる精神的な病気です。
    少しうつ病と似ているような気がしますが、症状は違います。
    うつ病は、何をしても楽しくない、不眠、食欲がないなど、一日中憂鬱な気持ちになっているのが特徴です。
    一方五月病は、入社した当初は、生き生きとしていたのに、5月の連休が明けた頃から気分が落ち込んだり、疲れやすくなったり、集中力が切れやすくなるなどの症状が出始めます。
    そのため、この病名が付いています。
    しかし、5月に限って起きるわけではなく、また新入社員だけに起こるものでもありません。
    完璧を目指そうとしたり、真面目すぎたり、過保護に育てられた人や神経質な性格の人がなりやすいと言われています。
  • 五月病とうつ病のちがい

  • 五月病とうつ病のちがい
  • ただ、うつ病と違うのは、五月病は一過性の場合が多いという事です。
    ほとんどの場合は1ヶ月〜2ヶ月程度で自然に症状が回復していく事が多いといわれています。もし、数ヶ月が経っても症状が改善しない、あるいは悪くなっていると感じたら、早めに心療内科を受診してみてください。五月病になってしまった新入社員に最も多い症状は、遅刻です。
    先にあげたような症状があり、不眠により朝が起きれず、遅刻の回数が増えた場合は、要注意です。
    遅刻すると、当然先輩や上司から怒られることになります。
    全社員の前でそのような事があれば、恥ずかしいですし、とても嫌な気持ちになり、
    それがまたストレスとなり、五月病の症状が悪化していくという悪循環になることもあります。
    遅刻が続くというような症状は、普通ではありません。
  • 五月病の対策法

  • 五月病の対策法
  • おかしいと感じたら、趣味やスポーツなどでストレスを解消したり、お風呂にゆっくりと浸かったり、音楽を聴いてリラックスする、アロマやマッサージに行ったり、近場に小旅行へ行くなどの対策をしてください。
    また、家族や仲の良い友達、会社の先輩や同僚に思い切って打ち明けてみるのも良い方法です。
    精神的な事が原因で起こる病気には、1人で悩まない事が最も大切です。
    先輩達も経験のある事かもしれないので、思い切って話してみると案外良い回答をくれるかもしれません。
    相談する人がいない場合や、知人などに知られたくない場合は、「ここの健康相談統一ダイヤル」があります。これは、全国対応で地域の公的電話相談窓口に繋がりますので、是非利用してみてください。
    もしかして自分は五月病かもしれないと思ったら、チェックシートがあるのでウェブ上でチェックしてみるのもおすすめです。
五月病で遅刻する新入社員について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事