五月病の症状を改善するには気分転換が得策です

五月病の症状を改善するには気分転換が得策です

Thumb?1414295452 muah♪さん

238

五月病は将来に対して理由や根拠のない不安感や焦燥感を感じ、基本的には新しい生活環境への適応ができずに、それを気にするあまりに精神的にストレスとなって現れる病気です。


  • 五月病になっている状態とは

  • 五月病になっている状態とは
  • 五月病とは、それまでは元気でやる気もあり積極的に活動してきた人が、五月の連休を境にして、言動に覇気がなくなり、元気もなくふさぎ込みがちになり、行動も消極的になるなどの態度を見せるようになる病気です。
    理由は、精神性疾患によるものとされています。
    具体的な症状としては、抑うつ状態となっていつも気分が落ち込みがちになる、あるいは何事にも無気力になる、更には将来に対して理由や根拠のない不安感や焦燥感を感じるという状態が断続的、あるいは慢性的に起こるようになります。
  • 五月病にかかる原因とは

  • 五月病にかかる原因とは
  • 原因はさまざまですが、精神的に病む原因を中心に考えた場合、環境変化に伴う適応障害が起きている場合が多いです。
    具体的には、進学や入学によって、クラス編成や新しい学校への通学によって学生生活が大きく変わる、あるいは就職によって学生生活から社会人生活にかわる、勤務先において部署移動に伴い転勤となる、といったように、従来の生活環境や社会活動の場所が大きく変化する事によって、本来は適応しなければいけない精神性、社会性、といった人格再形成が上手く出来ない事があげられます。
    ほとんどの場合は、趣味に興じたり余暇を楽しく過ごすなど、気分転換等によってストレスを解消しながら、徐々に慣れていきますが、どうしても適応出来ない場合、前述した症状が起きるのが一般的です。
  • なぜ新入社員は五月病になりやすいのか

  • なぜ新入社員は五月病になりやすいのか
  • 通常、人間の人格形成は親元でのしつけや学校生活における教育によって形成されていきます。学生生活においては、進学や入学で社会活動の環境変化はありますが、生活環境に大きな変化はないのが一般的です。これに対して、学生が就職して会社勤務になる場合は、非常に大きな社会活動の環境変化になります。
    社会人として活動を行う場所は勤務先がほとんどです。新入社員は、入社後は緊張している上に無我夢中で業務処理を行ないます。
    ところが一カ月ほどたち、体力的にも少し疲れがたまり始め、精神的にもストレスが重なってきたころに5月の連休がおとずれます。長期休暇によって、それまでの緊張が急にゆるんだり、体力的な疲労が一気にでたりすることで、体調を崩すこともあります。
    そこで、長期休暇を上手に利用して、十分な睡眠を取ったり、余暇を楽しんだり、旅行に行くなどして、思い切り気分転換をすることでそれまでの心身にたまった疲労を癒すことができます。
    五月病は、基本的には新しい生活環境への適応ができずに、それを気にするあまりに精神的にストレスとなって現れる病気です。そこで、五月病を上手に予防するには、前述したように上手に気分転換する事が一番です。
五月病の症状を改善するには気分転換が得策です
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事