五月病のうちで予防して鬱を防ごう

五月病のうちで予防して鬱を防ごう

Thumb?1414295452 muah♪さん

229

五月病の主な症状は、仕事にやる気を失ったり、意欲がなくなってしまったりします。また、抑うつ状態のようになることもあります。ひどい疲労感を感じたり、夜になっても眠れないなどの症状になることもあります。


  • 五月病とはどういった状態なのか

  • 五月病とはどういった状態なのか
  • 4月の新年度を迎えて新入生や新入社員は張り切って学校や会社に行くことでしょう。慣れるまでは大変と思い緊張感も強い状態の中で、環境に早く慣れなくてはと思ったり仕事を早く覚えたいという緊張感の中でがんばっている状態といえます。
    しかし、時間が経ちゴールデンウィークを過ぎたあたりには、緊張感もほぐれるだけならいいのですがやる気を失ってしまったり、理想と違うと感じてしまうことがあるのです。これをいわゆる五月病というのです。
    五月病は、病名ではなく、一般に5月ころになりやすい症状となるのでこのような名前で言われたりするのです。
  • 五月病の主な症状となりやすい人

  • 五月病の主な症状となりやすい人

    出典: instagram.com

  • 五月病の主な症状は、仕事にやる気を失ったり、意欲がなくなってしまったりします。また、抑うつ状態のようになることもあります。ひどい疲労感を感じたり、夜になっても眠れないなどの症状になることもあるのです。
    この症状は、鬱の症状ととても似ているのです。五月病のうちからきちんとした対策を立てて予防をしなければ鬱になってしまうこともあるので注意が必要です。
    五月病になりやすい人は、生真面目で責任感が強く、仕事を完璧にしようとする人となります。手を抜くということを知らないので、度が過ぎてしまうと疲れてしまうことになってしまいます。五月病になりやすい人と、鬱になりやすい人というのはとても似ています。
    鬱のなる人のきっかけが五月病だったとも言えるのです。そのために症状が軽いうちに適切な対策をして予防することです。
  • 五月病の予防対策

  • 五月病の予防対策

    出典: instagram.com

  • 予防対策として、まず気分転換をします。趣味に没頭する時間を作ることも大切です。音楽を聴いたり、軽いスポーツをすることで気持ちをリフレッシュすることができるでしょう。
    ストレスを感じる時には、その原因となるものを排除するようにします。ゆっくり休むだけでもストレスから解放されることができるものです。夜更かしをやめて充分な睡眠をとるように心がけます。あまり眠れない場合でもあまりくよくよ考えないことが大切です。
    症状がひどい感じる場合には、病院に行くことも考えたほうがかもしれません。悩んでいることを話すだけでもすっきりすることができるのでカウンセリングを受けてもいいでしょう。
    時には仕事を休んでゆっくりすることで改善することが出来ます。その場合には、家族や職場に相談して理解されることが大切となります。
    五月病の初期のうちは、少しの工夫で鬱を予防することが出来ると知ることが大切です。自分だけ苦しいと思わないことでも改善することができるでしょう。
五月病のうちで予防して鬱を防ごう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事