五月病の症状は疲労感も。早期対策を

五月病の症状は疲労感も。早期対策を

Thumb?1414295452 muah♪さん

152

五月病の症状には疲労感も含まれますので、早期対策をおすすめします。精神面、肉体面での疲労感が抜けない場合には、心療内科への受診も一案です。


  • 五月病とは

  • 五月病とは
  • 五月病とは、五月の連休を境にして、それまで元気でやる気もあり積極的に行動してきた人が、覇気もなくなりやる気がなく何事にも消極的になってしまうような病気をいいます。
    四月に進学や入学、就職したり、転勤等によって、従来の生活環境から新しい生活環境に大きく変化した際に受けるカルチャーギャップに対して適応出来ずに精神的に病んでしまう事をいいます。
    そのため、五月病は主に精神的な病気とされています。
  • 五月病にかかる原因とは

  • 五月病にかかる原因とは
  • 病気の症状としては、適応障害や不安障害、うつ病等に近い症状が起きます。
    主に、抑うつ状態が続く、何時でも無気力である、将来への理由のない不安感や自信喪失、焦燥感などが特長としてあげられます。
    また、就寝時間なのに眠れない、疲労感が取れない、何事にもやる気が出ない、などといった症状が併発されることもあります。更には、人間関係が煩わしくなる、人とのかかわり合いを避ける、引きこもりがちになるなどがあげられます。
    五月病は、ある意味では一過性の病気でもあります。
    これは、大きな環境変化によって起こる価値観の不適応等で精神的に悩むことがあっても、ほとんどの場合は時間の経過とともに消化されていき、新しい環境に順応していきます。
    五月病についても同じように、一時的に発病しますが、上手く環境に順応することによって症状は回復する場合がほとんどです。
    五月病の原因は、環境変化に伴う精神面での適応機能が順応できずにストレスとなり発病へとつながるのが主な原因です。
  • 五月病から抜け出すためには

  • 五月病から抜け出すためには

    出典: instagram.com

  • この病気は、日々の精神的なストレスが徐々に重なっていくために起こります。
    日々の精神的なストレスが起こるのは茶飯事です。しかしながら、そのストレスを上手に回避したり、発散する事ができずに心の中に貯め込んでしまい、やがて病気となってあらわれてしまうのが五月病の特長です。そのため、自覚症状はなかなか現れません。精神疾患が原因で起きている疲労感であっても、過労気味ぐらいにしか思わない場合がほとんどです。
    特に若年層で、今年社会人として就職した元学生などは特に注意する必要があります。これには理由があります。
    学生時代には、その生活環境や慣習において通用してきた通念や慣習も、社会人生活においては通用しない場合や、不適切であり修正をしてきされることが少なくありません。このような場面が多々おきるに従って、精神的なストレスや疲労感が積算されていきます。
    特に入社時には緊張度も高く多少のストレスも自覚症状にまで至らない場合があります。それが五月の連休に入った途端、緊張の糸が切れたり、疲れが一気に顕在化したりします。そこで上手にリフレッシュできれば連休明けから気持ちを切り替えて新しい環境への順応をつづけることができます。
    精神面、肉体面での疲労感が抜けない場合には、心療内科への受診も一案です。
五月病の症状は疲労感も。早期対策を
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事