何気ない会話の中から、五月病チェックを行うことが出来ます

何気ない会話の中から、五月病チェックを行うことが出来ます

Thumb?1414295452 muah♪さん

302

五月病は、新年度から新しい学校や仕事、転居などで環境が変化した人などが、その環境にひと段落した五月の連休明け頃に、引き起こしやすいと言われています。


  • 五月病の症状とは

  • 五月病の症状とは
  • 症状としては、不眠、気分の落ち込み、食欲不振や異常な増進、集中力や決断力が鈍る、自己評価が下がる、などが挙げられます。
    このような場合、本人は全般的に思考力も落ちていることがあり、自分自身がそのような状態にあることを気付いていない、ということも起こりえます。特に子どもの場合は、症状を自覚していないことも多くあります。このように、早期発見のためには、周囲の気づきも必要になります。

    環境が変化した人が身近にいる場合には、何気ない会話の中や行動の観察により、五月病の兆候が出ていないか気に掛けておくことが必要です。辛いことや苦しいことを言葉で表現しないタイプの性格の持ち主であれば、なおさら関心を持って接することが必要になるかもしれません。周囲の人が5月病の予備知識をもとに、そのような環境に置かれた人と接することで、早期発見に繋がったり、症状を悪化させずに済んだりする可能性があります。
    また、周囲が予防的な働きかけをすることも、本人のプレッシャーやストレスを軽減することに繋がり、五月以降からの生活の意欲に繋がります。
  • 五月病チェック、会話

  • 五月病チェック、会話
  • 会話をする時の、五月病チェックのポイントとしては以下のようなことが挙げられます。

    1 思考がネガティブで、発言の内容が後ろ向き
    2 深く考えすぎて悪循環している
    3 会話するときの表情が乏しかったり、ぼんやりしている
    4 挨拶をしなくなった
    5 自分の趣味の話や関心のある話をしなくなった
    6 人の話に関心を持ちにくくなった

    このような状況に気が付いたら、本人はストレスやプレッシャーを抱えて、心身の状態に変調を来している可能性があります。
  • 五月病チェック、行動

  • 五月病チェック、行動
  • また、本人の行動様式などにも目を配りましょう。
    1 遅くまで起きていたり、いつも早く目を覚ましている
    2 服装がだらしなくなったり、同じ服を続けて着ている
    3 好きなテレビを見なかったり、趣味をするのを億劫がる
    4 ぼんやりしている時間が普段より長い

    このような状態が見られ、たとえ本人の中で自覚があっても、どうにかしようという意識が働いていない場合があります。
    周囲との会話の中から、自分の状態に気づき、改善に繋がる行動を導くことができるかもしれません。症状が重かったり、長引いたりするときは、早めに心療内科などの医療機関を受診することをお勧めします。

    最後に、会話をする際には、無理に話を聞き出したり、アドバイスを押し付けたりすることのないようにしましょう。何気ない会話から、本人が自発的に話せるような雰囲気づくりが大切です。
何気ない会話の中から、五月病チェックを行うことが出来ます
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事