五月病は倦怠感等を主症状とする病気。その原因と改善方法。

五月病は倦怠感等を主症状とする病気。その原因と改善方法。

Thumb?1414295452 muah♪さん

354

五月病は「病」という言葉が使われているものの正式な病名ではなく、精神医学上は適応障害の一種として診断されます。適応障害とは何らかのストレスが原因となって社会生活に支障が生じる精神疾患のことをいいます。


  • 五月病は一種の適応障害

  • 五月病は一種の適応障害
  • 五月病は「病」という言葉が使われているものの正式な病名ではなく、精神医学上は適応障害の一種として診断されます。適応障害とは何らかのストレスが原因となって社会生活に支障が生じる精神疾患のことをいいます。そのうち毎年5月ごろに発症しがちな症例を俗称として五月病と呼んでいます。
    ではなぜ5月かといえば、これは言うまでもなく4月に新年度を迎えるという、わが国の社会的慣行によるものです。新入学や就職、異動などによってこの時期は新しい環境に身を置く機会が非常に多く、それに伴う不安や焦りなどが知らず知らずのうちにストレスとなって蓄積されます。それでも当初はそれほど強く意識せずにいられるものの、一定程度経過して緊張感が途切れることでストレスが顕在化し、さまざまな症状となってあらわれるようになります。これが五月病の正体です。ですから実際には5月に限らず、環境の変化があればいつの時点でも発症する可能性があります。
  • 五月病の主な症状

  • 五月病の主な症状
  • 五月病の主な症状としては、無気力・倦怠感・焦燥感などがあります。何に対してもやる気が出なかったり、あるいはちょっとしたことでイライラしたりするようになります。また、不眠や食欲不振、頭痛などの身体的症状となってあらわれることもあります。先にも述べたとおり五月病は環境の変化に伴って発症するものなので、多くの場合新しい環境に慣れることによって自然に改善します。しかし中には思うように改善せず、重症化してうつ病などに発展してしまうケースもあります。そのため、症状に対する自覚があるときは早めに対策を講じる必要があります。
  • 五月病の対策は?

  • 五月病の対策は?
  • 最も基本となる対策は、気分転換を図ることです。スポーツをしたり旅行に行ったり、あるいは趣味に打ち込むなどして気持ちをリフレッシュさせます。学校生活や職場とは別に生活の中心を作ることで、精神のバランスを保つようにします。また、アロマテラピーやマッサージ、森林浴などリラクゼーション効果のあるものも気分を変えるのに役立ちます。
    もう1つの基本対策は、ためらわずに周囲の人に相談することです。1人であれこれ悩んでいるとどうしても思考が単眼的になり、解決の糸口が見出せなくなってしまいます。友人や先輩、家族などに包み隠さず打ち明ければ助言が得られますし、打ち明ける行為そのものがストレスからの解放のきっかけになることもあります。
    こうした対策を実行しても思うように症状が改善しない場合は、精神科や心療内科等の診療を受けることが望ましい解決方法です。専門家による正しい治療が、症状の早期改善に役立ちます。
五月病は倦怠感等を主症状とする病気。その原因と改善方法。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事