新社会人が陥りやすい毎日五月病

新社会人が陥りやすい毎日五月病

Thumb?1414295452 muah♪さん

376

五月病とは、ゴールデンウィーク明け頃にやってくる、精神的および身体的な症状のことです。五月病のような症状が、長く続いてしまう可能性が最も高いのは、新社会人です。


  • 五月病に至る経緯

  • 五月病に至る経緯
  • 五月病とは、ゴールデンウィーク明け頃にやってくる、精神的および身体的な症状のことで、全てが憂鬱に感じ、体の気だるさを感じたり、仕事や学校に行くのが億劫になる人が多いです。
    メカニズムは簡単で、人々は進級、新社会人になる、新部署へ異動など、何かと新しい環境の始まることの多い4月を、環境に慣れようとする多大なストレスで乗り越えます。
    そして5月に入り、大型連休のゴールデンウィークで一休みをします。休み中は、友人や家族と過ごしたり、一人暮らしをしている場合は、実家へ帰るという人が多いでしょう。
    休みの間に慣れた環境に一旦戻り、居心地が良くなったところで休みは終わり、再び現実に引き戻されます。
    すると、休みの間に感じたリラックスした感覚とは打って変わって、新たな仕事や人間関係、課題などに押しつぶされ、窮屈に感じてしまいます。
    そして、理想と現実のギャップを乗り越えることが出来ずに、目の前のことに憂欝さを感じるようになるのです。
  • 新社会人の五月病のような症状が、長く続く理由

  • 新社会人の五月病のような症状が、長く続く理由
  • 一般的にはゴールデンウィークが明けて、一ケ月程も経てば、新しい環境に徐々に適応するようになりますが、憂欝さや気だるさが抜けず、毎日五月病のような症状が、長く続いてしまう可能性が最も高いのは、新社会人です。
    これには理由があり、進級や部署異動などに比べて、学生から新社会人になることは、ライフステージの中で最も環境が変化する段階です。自分の使える自由な時間が多く、学ばせてもらえる受け身の状態から、決められた時間や規則の中から、新しいことを自ら学んでいく姿勢に変えなければなりません。中には、暗黙の了解で乗り越えないといけない、会社のルールや、理不尽さを乗り越えなければいけない場面も、多々あることでしょう。
    そんな学生時代の自由さとのギャップから、5月病からなかなか抜け出せない新社会人が、増加傾向にあるのが現実です。
  • 五月病の解決方法

  • 五月病の解決方法
  • しかし、これは乗り越えられないギャップではなく、解決方法は大いにあります。
    それは、辛さを相談出来る人を見つけるということです。特に同じ時期に新社会人になった、学生時代の友達や、会社の同期は環境が似ているため、不満に思うことや辛さを共感し合えることでしょう。
    誰かに吐きだして聞いてもらうというだけでも、自分自身が感じている負担は大幅に軽くなるはずです。
    また、相談出来る身近な友達がいない場合は、家族に聞いてもらったり、インターネットや雑誌で、自分と同じような思いが、綴られている記事を読むだけでも、心が安心し勇気が湧いてくるはずです。
新社会人が陥りやすい毎日五月病
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事