対人関係が原因で毎日五月病になる可能性があります

対人関係が原因で毎日五月病になる可能性があります

Thumb?1414295452 muah♪さん

218

五月病は誰にでもなりやすく、特に対人関係に対して緊張が多い場合には症状がひどくなる傾向があります。五月病の症状が半年から一年以上続く場合は、うつ病の可能性も考えられます。


  • 五月病とは

  • 五月病とは
  • 4月は新しい環境に身を置く人が増える時期で、嬉しい反面不安もあります。
    新しい学校に入学したり新たに社会人として入社すると、今までの対人関係が大きく変わります。
    初めての環境に最初は緊張していますが、5月にはゴールデンウィークで連休が続きます。連休で緊張が解けてしまい、いざ連休明けに会社や学校に行こうとしても体が重かったり憂鬱な気分になることがあります。
    これを一般的には五月病と呼んでいて、症状が見られる人が増えやすい時期でもあります。
  • 五月病が長く続くようだったらうつ病かも?

  • 五月病が長く続くようだったらうつ病かも?
  • 毎日五月病の症状が長く続く場合は、うつ病へと移行していることも考えられます。
    五月病は誰にでもなりやすく、特に対人関係に対して緊張が多い場合には症状がひどくなる傾向があります。
    新しい環境と新しい対人関係は想像以上に神経を使っているため、緊張が緩むと疲れが出やすくなります。人によっては緊張状態が長く続いていると、5月より後になって症状が出る場合もあります。環境に慣れることも対人関係を築いていくことも、時間がかかりやすいものです。
    焦ることなくじっくり取り組むことで、毎日五月病の症状があっても少しずつ改善していくことができます。辛いのは今だけと思うようにすることで、乗り切って行けます。
    毎日五月病の症状が半年から一年以上続く場合は、うつ病の可能性も考えられます。五月病は一時的なものが多く新しい環境や対人関係に対して緊張が緩むと起こりやすいですが、ほとんどは慣れることで自然と症状はなくなっていきます。けれどそうではない場合もあり、毎日五月病の症状が長引く場合も見られます。
  • どうしてもうまくいかなければ・・・

  • どうしてもうまくいかなければ・・・
  • これは今の学校や職場の環境が適応しにくく、症状が続いている場合があります。その場合は心療内科などの医療機関に行って、適切な治療を受けた方が良いです。
    また、なるべく気分転換をはかることも必要になってきます。対人関係がどうしてもうまくいかない場合は、その原因である人との接触をなるべく減らすことも大切です。人の心の中は誰にも見ることができないため、おかしいと思ったら自分で対処するしかないのです。
    どうしても環境に馴染めないのであれば、思い切ってそこから離れる決断も時には必要です。
    何事も頑張りすぎは良くない結果を引き起こすため、時にはゆっくり休むことも大切になってきます。
    気分転換をしてうまく心のバランスを取ることで、症状が回復して新しい一歩を踏み出すことができます。誰にでもなる恐れのある五月病は、頑張りすぎないようにしてうまく乗り越えていくようにした方が良いです。
対人関係が原因で毎日五月病になる可能性があります
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事