五月病予防のために病院に行こう

五月病予防のために病院に行こう

Thumb?1414295452 muah♪さん

188

五月病は5月に限った病気でもなければ、新入社員だけに出る症状でもありません。誰にでも起こりうる症状といえます。


  • 五月病の起こる原因

  • 五月病の起こる原因
  • 五月病とは、張り切っていた新入生や新入社員がゴールデンウィークを過ぎた5月ころからだんだん疲れてきて勉強や仕事に対してやる気をなくしてくる状態をいいます。しかし、この言葉は医学用語ではなく一般的に新年度を迎えてだんだん疲れてくるころが5月ころなのでこの言葉が使われるようになったのです。そのため、5月に限った病気でもなければ、新入社員だけに出る症状でもないのです。誰にでも起こりうる症状といえます。

    五月病が起こる原因は、新しい環境に対応しようと思って緊張していたのが慣れてきた5月ころから解放されるようになります。また、新しい環境に慣れてくるうちにこんなはずではなかったなどの感情が生まれてきて失望することで起こるといわれます。
    大学生だったのが社会人となることで目標を失ってしまい次の目標がないことからうつのようになってしまうこともあるのです。
  • 五月病が悪化するとうつ病に

  • 五月病が悪化するとうつ病に
  • 五月病とうつの症状はとても似ているところがあるので、症状が悪化してくるとそのままうつとなってしまうことも考えられるのです。ひどくなる前に予防対策を講じたり、病院にいって治療をすることもとても大切となってくるのです。
    五月病の症状は、抑うつ的なったり、仕事などに対してやる気がでない、集中力に欠けるということになります。自分でこれは五月病だから気分転換しようと思うことも大切なのです。五月病は、誰にでも起こりうるといえます。無気力になって仕事に対して集中できなくなってしまいます。
    周囲で気が付くことができれば気分転換をするように促すことで予防することができるでしょう。軽いスポーツを楽しんだり、休日には仕事のことを忘れて好きなことをすることでリフレッシュすることができるでしょう。
    五月病は、病気ではなくて少しの気持ちの切り替えで治すことが出来ると自分で思うことが出来れば予防することもできるでしょう。
  • 五月病にかかりやすい人の傾向

  • 五月病にかかりやすい人の傾向
  • うつになりやすい人は、生真面目で完璧主義、なんでもきちんとこなそうとする人がかかりやすい病気といえます。周りを気にしたり、人からどう思われているかということを気にする人もうつになりやすいのです。
    五月病だから気分転換で良くなると思っていても、時間が経ってもあまり良くならずかえってひどくなるようであれば病院に行くことも大切です。
    強いストレスを感じる時には、ストレスを避けて一人で悩まないようにします。家族や友人に辛いということを相談することも大切です。
    あまりにうつの症状がひどい場合には、会社を休むことも視野に入れたほうがいいかもしれません。充分に休むことで改善することができるのです。
五月病予防のために病院に行こう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事