新入社員は気晴らしをて五月病を予防しよう

新入社員は気晴らしをて五月病を予防しよう

Thumb?1414295452 muah♪さん

204

4月に張り切って会社に入社した新入社員は、5月になりゴールデンウィークを過ぎたあたりから、疲れを覚えたり、やる気を失ってしまったりということがあります。これがいわゆる五月病です。


  • 五月病になってしまう経緯

  • 五月病になってしまう経緯
  • 4月に張り切って会社に入社した新入社員は、新しい場所でがんばろうという気持ちでいっぱいになっているものです。このように新入社員は仕事を覚えるのと環境に慣れることでいっぱいなものなのです。しかし、だんだん慣れてくるうちに緊張感もなくなり、人によっては仕事に対して思い描いていたものと違うと感じる場合もあるものです。
    5月になりゴールデンウィークを過ぎたあたりから、疲れを覚えたり、やる気を失ってしまったりということがあるものです。
    新入社員が仕事に対するモチベーションが下がってきて、身体的にいろいろな症状が出てくるのを五月病といいます。
  • 五月病になってしまう人

  • 五月病になってしまう人
  • 五月病は、医学的な病気の名前ではなく一般的に新しい環境に慣れずに落ち込んだり、やる気がなくなってしまったりという状態を総称して表現している言葉なのです
    生真面目で責任感が強い人や、仕事に対して完璧にこなそうという意識が強い人が五月病になりやすい人といえます。
    また、新入社員だけが五月病になるわけではなく、転勤などで新しい部署にきた会社員や引っ越しをした主婦などでも環境が変わることがきっかけで症状が出る人がいるのです。
    五月病がひどくなると、うつになってしまう可能性があるので注意が必要です。新しい会社に入社して張り切っていた新入社員の中には五月病になる人も出てくる場合があります。
    症状が軽いうちは、冗談で五月病だからと言えるかもしれません。この軽いうちにひどくならないように予防対策をすることが大切です。
  • 五月病の予防、対策

  • 五月病の予防、対策
  • 休日には仕事のことを忘れて自分の好きなことに没頭するなど気晴らしをすることで体の状態がよくなる場合があるものです。
    仕事で失敗などした場合もあまりくよくよせず、次は失敗しないようにしようなどと気持ちを切り替えるようにします。そのときこそ、気晴らしをすることが大切なのです。
    五月病がひどくなるとうつのようになってしまいます。うつの症状は、心身的にも、身体的にもあらわれてきます。だるくて朝起きることができない、生きていることがつらいなどの心の状態になってしまいます。
    また、頭痛や腹痛など体の痛みの症状も出てくるのです。このような状態になった時は、病院に通院したほうがよい場合があるのです。
    五月病だからといって軽く考えないで、きちんと対処することが大切なのです。音楽を聴いたり、軽いスポーツをするなどでも改善することが出来るものです。
    新入社員にとって苦労して入った会社をすぐにやめてしまうのではなく、気分転換や気晴らしをすることが大切です。
新入社員は気晴らしをて五月病を予防しよう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事