憂鬱さが残る毎日五月病の対策

憂鬱さが残る毎日五月病の対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

334

新しい環境への適応が上手くいかない、または頑張り過ぎることから鬱状態に陥り、いわゆる五月病の未病に繋がってしまいます。


  • 五月病が起こるのはなぜなのか

  • 五月病が起こるのはなぜなのか
  • 新年度となる四月、この時期は進学をはじめ、就職などの生活環境が大きく変化する時期となります。
    新しい環境への適応が上手くいかない、または頑張り過ぎることから鬱状態に陥り、いわゆる五月病の未病に繋がってしまいます。
    五月病はゴールデンウィーク明け頃から発症しやすく、学校や仕事に行きたくない、憂鬱でやる気が起きないなどの無気力感を増幅させた状態に陥りやすいのが特徴です。
    こうした状態は新しい環境に馴染むことによって解消され、時間の経過が対処法とも言われていますが、この憂鬱な気分を解消できない状態に陥る毎日五月病を発症する方々が急増しています。
  • 五月病を抱え込むとうつ病に悪化してしまいます

  • 五月病を抱え込むとうつ病に悪化してしまいます
  • 病気と異なり未病であるために薬で治癒できるものではなく、憂鬱な自分自身と向き合うことが重要です。
    毎日五月病に陥りやすい人物としては、五月病同様に真面目で頑張り過ぎる性格の持ち主である方、自分の気持ちを抑え込みやすい性格の持ち主が陥りやすく、環境や人間関係に疲れを感じたり適応できずに発症してしまいます。
    毎日五月病の症状を緩和するためには、憂鬱な気分を気分転換で変えることが一番の近道と言え、自分自身に適した心身の負担をかけない発散法を見つけることも重要視したい点と言えます。
    何事にもやる気が起きない憂鬱な時間を過ごしている際は、無気力でありながらもストレスが溜まっているケースが多いのも特徴として挙げることができます。
    さらに毎日五月病の特徴としては学校や会社を休むことはなく、日常生活をこなしながら鬱状態を毎日背負って生活しています。そのため、毎日気分転換できる対策を取ることで未病を鬱病へ変化させないために重要な点と言えます。
  • 気分転換できる対策を取ることで予防を

  • 気分転換できる対策を取ることで予防を
  • 最も重要なのがゆっくりと休息を取り身体を休ませ、自律神経のバランスを整えることが挙げられます。
    個人によって憂鬱な気分のバロメーターも異なるためにリラックス、またはストレス発散型に分けることで自分に適応した対策が簡単に取ることが可能です。
    心身のリラックスには音楽や読書、アロマや半身浴などが適しており、ストレス発散にはスポーツやカラオケで身体をアクティブに動かすことで対策が取れます。
    さらに毎日五月病の場合には生活習慣の見直しも適しており、憂鬱な気分にはセロトニンが不足していることが要因でもあるために、食生活においては乳製品や大豆製品などを摂取してセロトニン生成を高める工夫も必要となり鬱状態には有効と言えます。
    さらにカウンセラーに話を聞いてもらうだけでも気持ちが穏やかになるため、適した方法で症状を緩和することが回復への近道です。
憂鬱さが残る毎日五月病の対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事