油断できない群発頭痛とは

油断できない群発頭痛とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

601

群発頭痛というものをご存知ですか?普通の頭痛とは違い、激しい痛みが襲います。誰でもなりうる可能性がありますから油断できません。


  • 辛く激しい痛みの群発頭痛

  • 辛く激しい痛みの群発頭痛
  • 群発頭痛は、偏頭痛や緊張型頭痛とは異なります。
    ストレスが溜まった時や、曇の日にふと、偏頭痛を起こしてしまう人がおりますが群発頭痛とは、じっとしていられない程の激しい痛みを感じてしまいます。
    その痛みは続き、連日15分から三時間程度、一日一回のみならず数回起こる人も。
    連日痛みが続き、一、二ヶ月後に治まりますが、その後度々群発期が現れるようになります。
    期間が終われば痛みは治まりますが、一度のみならずその後また頭痛が起こる期間が訪れます。
    連日決まった時間に発症するために、痛みが始まりそうな時間を見計らい前もって薬を飲み、痛みを軽減することができます。
    偏頭痛に悩まされる女性は多いのですが、群発頭痛は男性の方が起こりやすい傾向にあると言われ、男女の差の原因ははっきりと判明していませんが、最近では女性の喫煙者も増え、社会進出から男女の差が無くなってきているともいわれています。
    男性に多い病気だからといって、女性でも油断はできません。
    働き盛りの20代から30代に発症しやすく、過労が原因の一つかもしれず、働いている女性は特に要注意。

  • 群発頭痛はこうして予防する

  • 群発頭痛はこうして予防する
  • 群発期にアルコールは厳禁です。
    アルコールを摂取すると、様々な体調不良の引き金となりますが、群発頭痛持ちの人間は、群発期にアルコールを摂取すると痛み出す場合があります。
    群発期以外ならば、アルコールを摂取しても問題はないようですが、群発期にアルコールを摂取すると、数十分後に痛みが出てしまう確率が非常に高いために、群発頭痛を持っている人は、群発期にはどんなにお酒を飲みたくとも頭痛の耐え難い痛みを避けるために、お酒を敬遠しています。
    群発頭痛持ちには喫煙者が多く、禁煙も予防となります。
    アルコールに並び喫煙も群発頭痛の引き金となりやすく、群発期には避けましょう。
    日頃からタバコを吸っている人に群発頭痛持ちが多いため、群発期のみならず日常的にタバコは避けた方が良いでしょう。
    喫煙は血行を悪くし、頭痛だけでなく様々な病気を引き起こしやすいため、現在頭痛持ちの人も、そうでない人も吸わないに越したことはありません。

  • 群発頭痛かもと思ったら病院へ

  • 群発頭痛かもと思ったら病院へ
  • 群発頭痛は目をえぐられるような耐え難い痛みを発症し、放っておくと長期に渡り苦しむこととなりますので、群発頭痛を疑ったら早めに病院にかかりましょう。
    一度発症し、治ったからといって病院に行かないでいると、半年後や一、二年後にまた痛みが生じた時、対処法に困ってしまいます。
    薬物療法や、酸素の吸入による対処法にて、治療が行われます。
    群発頭痛は決まった時間に起こり、深夜から明け方に痛み出す人が多く、就寝前に医者に処方してもらった薬を飲むと、痛みを防止しやすいです。
    季節の変わり目や、気圧の変化により頭痛が起こってしまうことがあるために、十分注意をしましょう。
    気圧の変化はフライトだけでなく、登山であっても生じてしまうので避けた方が無難です。
油断できない群発頭痛とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事