低刺激な「植物性歯磨き粉」は人にも自然にも安心な歯磨き粉!

低刺激な「植物性歯磨き粉」は人にも自然にも安心な歯磨き粉!

Thumb?1414295452 muah♪さん

155

動物性や石油系より植物系が低刺激で安心という認識が広まりつつありますが、歯磨き粉にも植物性が登場しています。では、植物性歯磨き粉とはどのようなものなのか?特徴や良さ、注意点などについて説明していきます。

  • 石油系より安心できる植物性歯磨き粉とは

  • 石油系より安心できる植物性歯磨き粉とは
  • 植物性歯磨き粉とはその名の通り、植物性の原料又は成分を用いて作られている歯磨き粉のことで、石油系の成分を配合して作られている歯磨き粉より安心なことで注目されています。

    歯磨き粉は歯についた汚れを落とす目的が第一にあり、商品によってはフッ素でコーティング・虫歯菌に抵抗する・口臭を予防するなどの目的もある場合があります。

    第一の目的として汚れを落とすことがあるので、ほとんどの歯磨き粉には洗浄成分が配合されています。

    歯磨き粉に用いられる洗浄成分は界面活性剤と呼ばれるもので、洗剤類にも使用されている物質です。

    界面活性剤は刺激が強く体に悪いものというイメージを持つ人も少なくないとされますが、界面活性剤が含まれていないと洗浄力に問題が生じます。

    そうです、汚れをキレイに落とせなくなるのです。汚れを落とす目的が第一なのに汚れを落とせないとなると、歯磨き粉や洗剤を使う意味がありません。
    そのため、多くの洗剤、多くの歯磨き粉には界面活性剤が含まれています。ただ、その含まれている界面活性剤の種類が違うのです。

    界面活性剤には大まかに分けて石油系と植物性があり、違いは石油から作られているか自然由来のもので作られているかです。石油系は刺激が強いことが明らかになってから化粧品にも用いられることが減り、洗剤では人体だけでなく環境汚染にも繋がるため石油系を配合せず植物性だけで作られている商品も登場しています。

    歯磨き粉は口の中に入れるものであり、洗剤と同様に水と一緒に排水されるものです。石油系のように刺激の強い歯磨き粉であると、口内粘膜・歯・歯茎・舌・喉が弱っている時には良くない影響が及ぶかもしれませんので安心して使用できません。実際に、虫歯の治療後に石油系歯磨き粉を使用したら炎症を起こしたという事例もあります。

    植物性は低刺激であることから安心で、安全性の高さが確かになっているため使用が勧められています。最近は植物性歯磨き粉が増えつつあるので、探すのも入手するのも難しくない時代になっています。
  • 口内を刺激しない植物性

  • 植物性というのは、原料が自然由来で化学合成して配合しているものと、歯磨き粉を作る上で必要最低限の原料しか配合していないものがあります。

    化学合成の場合は合成の段階で石油系も混入することがあるので、成分表記をきちんとチェックしましょう。必要最低限の原料しか使用していない植物性歯磨き粉はとても低刺激ですが、泡立ちにくい傾向にあります。

    石油系の界面活性剤は泡立ちが良いことが特徴なので、泡立ちが良い歯磨き粉は石油系と言えます。
    泡立ちが悪い場合は植物性の可能性が高いとされますが、泡立ちが悪いと歯をキレイにしている感じがしないかもしれません。

    ただ、泡立ちの良さ=洗浄力の高さではないので、泡立ちが良いからといって歯がキレイになっているとは言えません。そのことから、歯磨き粉では泡立ちは重視しなくても良いとされます。

    歯磨きをする時には洗浄力も大事ですが、口の中に入れることから安心について考える人も多いようです。食べ物や飲み物のように飲み込まないとしても、口の中に入れるものに対する安全性については考えることがあると思います。

    また、歯磨き粉ということで口内に入れることではなく歯に対する影響を強く意識する人も多いことでしょう。歯磨き粉には界面活性剤と共に研磨剤が含まれていることが多く、汚れを落とす洗剤の役割をする界面活性剤と汚れを擦り落とす役割のある研磨剤があることで、歯の汚れを落としています。要は、お皿についている食べ物の汚れを落とすことと同じです。

    歯磨き粉でチェックしたい点は研磨剤より界面活性剤の種類で、石油系歯磨き粉は刺激が強いことから口内を良くない状態にする可能性が指摘されています。

    植物性歯磨き粉は低刺激で口内粘膜や歯に優しいため、歯に起きている症状を悪化させるリスクが軽減され、口内に起きるトラブル予防に最適といわれています。石油系が一切含まれていない100%植物性の歯磨き粉を使うことで、歯・粘膜・舌などの口内の安心を守ることができます。
  • 選び間違えないように成分を要チェック

  • 植物性歯磨き粉とそうでない歯磨き粉を見分ける時には、成分を見ると分かりやすいです。

    刺激性が強いとされる石油系界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウムという名称の物質で、従来の歯磨き粉には必ずと言っていいほどよく用いられていました。
    現代の歯磨き粉も多くの商品で用いられていますが、虫歯を悪化させた報告があってからはラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系を含まず作られた植物性歯磨き粉が登場します。

    特別、歯や口内に異常がない場合はラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系が含まれていても問題はないでしょう。
    しかし、口内に入るものとして考えると危険性が指摘されている物質及び成分は避けるべきだとされています。

    石油系界面活性剤の他、アルコール類や人工添加物が含まれている歯磨き粉の安全性も指摘を受けています。アルコール類の中で歯磨き粉に用いられることが多いのはエタノールで、エタノールは乾燥を招くことから口が渇きやすい人には不向きです。

    人工添加物は香料などのことで、日本の規則では香料に関しては何を使用して作られた香料なのかを表記する義務がないため、少し恐ろしさを覚える表記であったりします。
    香料とだけ書かれている場合は人工的に作られた香料である可能性が高く、自然由来の香料であれば自然由来であることが謳われているはずです。

    商品は、良い部分を強調してきます。自然由来で安全なことは良いことであり、表に出して強調させることで売り上げに繋がることなので自然由来の香料を使用している商品では必ず自然由来であることが表記されています。

    植物性歯磨き粉は石鹸系歯磨き粉と呼ばれることもあり、石鹸系歯磨き粉には石ケン素地と呼ばれる界面活性剤が用いられています。石ケン素地は天然由来なので、泡立ちは少ないのですが人体にも環境にも悪影響のない安心な歯磨き粉となります。

    自然由来や天然由来100%・ナチュラル成分だけ使用していることが表記されている歯磨き粉は植物性歯磨き粉の可能性が高く、成分表記に記載されている成分及び原料の数が少ない歯磨き粉も自然派の可能性が高いです。
  • 植物性の歯磨き粉にあるメリットとは

  • 動物性よりも植物性、石油系よりも植物性が安心安全、そのような知識が一般的に知られるようになってから植物性の言葉を見かけることが増えましたが、歯磨き粉まで植物性にする意味が分からない人もいることでしょう。

    今までの植物性ではない歯磨き粉でも問題なく使用できている場合はそう思われることも多いかもしれませんが、人にも優しく環境にも優しいのが植物性なのです。


    〇植物性歯磨き粉のメリットその1「安心できる優しさ」

    植物性・自然派・天然由来・ナチュラル成分といった安心感を思わせるような表記に確かに基づく歯磨き粉であった場合、とても低刺激です。口内には歯の他に、粘膜があります。粘膜は肌にもありますが、皮下にあります。

    では、口内にはどうでしょうか?直接触れるような形で粘膜が存在していますよね。ということは、触れるものは低刺激であった方が良いということが分かります。

    口内粘膜は再生が早いとされますが、低刺激な歯磨き粉を使った方が口内トラブルを起こすリスクが軽減されるので、安全性が高いといわれています。

    虫歯がある人や、虫歯の治療後・歯を抜いた後・歯を削った後など歯に対する施術を行った後は歯が外部の刺激に弱くなっています。石油系では炎症を引き起こした事例がありますが、一方の植物性はそのような報告がないので安心して使用できるとされています。


    〇植物性歯磨き粉のメリットその2「環境に優しい」

    石油系の界面活性剤は、人体だけでなく環境にも悪いものということが明らかになっています。

    なぜ悪いのか、それは濃度が薄くなることなく排水されてしまうからです。
    植物性の界面活性剤は水と混ざることで薄まる特性を持っており、界面活性剤は薄くなると界面活性剤ではなくなります。

    石油系界面活性剤は水と混ざっても薄まることがないので、そのまま排水されますよね。そうすると、水中生物は界面活性剤によって生命の危機に陥ります。

    植物性は薄まることができるので排水時には界面活性剤でなくなっており、その結果として水中生物が害されることもないとされます。
  • 配合成分と磨き方に気を付けよう

  • 口内に入れるものなので低刺激とか植物性と言われても危険性については気になるものですが、植物性歯磨き粉自体に危険性はないので安心して使用できます。

    ただ、植物性と謳われていても100%植物性ではない商品はたくさんあるので注意しましょう。成分を見て植物性ではないものが含まれていた場合は、植物性も含むけど完全なる植物性ではない歯磨き粉です。安心して使用するためには成分確認が大事なので、忘れずに行います。

    子どもさんがいる場合は、歯磨き中に誤飲する可能性もあります。植物性であるから飲んでも良い商品はありませんが、石油系よりは悪い影響が少ないとされます。歯磨き中に誤って飲み込んでしまうことは子どもに限らず起こり得ることで、この時に生じる問題は落として出す予定だった汚れを飲み込んでしまったことです。

    飲食物の汚れなので飲み込んだだけでどうということはないと思いますが、虫歯や歯周病がある人は飲み込まないように気を付けると良いです。歯周病は体内にも影響を及ぼすとされるので要注意ですが、誰であっても歯磨き粉は食べ物ではないので誤飲には気を付けましょう。

    歯磨きをする時は食後という人も少なくないようですが、食後30分以上経ってから磨くように心がけます。歯磨き粉には研磨剤が含まれていると言いましたが、植物性歯磨き粉にも含まれていることがあります。

    研磨剤は歯を磨くための成分なので安心できる成分ですが、食後30分以内の口内は酸性状態になっているので研磨剤で磨いてしまうと、たとえ低刺激であっても歯が削れて酸蝕歯になるリスクを高めます。酸蝕歯とは歯が削れて小さくなってしまうことで、進行すると神経にまで到達するため知覚過敏が起きます。

    酸蝕歯は虫歯と似ていますが、虫歯とは違います。虫歯は菌を原因とするものですが、酸蝕歯は菌ではなく削れたことが原因です。口内のために、環境のために低刺激の植物性歯磨き粉を使用することをおすすめしますが、歯磨きをするタイミングにも気を付けることで口内のトラブル回避になります。
  • 植物性歯磨き粉の商品例

  • 〇シャボン玉せっけんハミガキ

    天然由来で有名なシャボン玉せっけんシリーズですが、なんと歯磨き粉でも登場していました。人体に影響のない低刺激さ、環境を害することのない安心感が魅力で余分なものが一切入っていないことが特徴です。

    低刺激さは浴室で使用する固形石鹸でも定評があり、多くの人に愛されているとされる優しい石鹸シリーズなので歯磨き粉の愛用者も多いようです。

    石油系の界面活性剤の他サッカリンや防腐剤も不使用で、低刺激さが成分表記だけでも分かります。価格は327円で、他の植物性歯磨き粉より低価格です。



    〇マイハビットナチュラル歯磨きジェル

    100%天然由来の成分を使用している低刺激さで、ジェルタイプなので歯の表面にくっついて汚れを落としながらコーティングする力が期待できる歯磨き粉です。

    研磨剤不使用なので歯が削られてしまうことがなく、歯にもともと存在している保護層(エナメル層)が傷つけられることがありません。1296円とお高めですが、それなりの使用感と安心感が評判です。


    〇歯磨撫子重曹つるつるハミガキ

    こちらも1296円とお高めですが、石ケン素地・天然塩・重曹を用いて作られた植物性歯磨き粉で歯を傷つけることなく汚れをキレイにすることを重視して作られた歯磨き粉です。

    低刺激でありながら重曹によって汚れが分解されるので、黄ばみも落とせるとされます。
    天然塩の役割は歯茎の引き締めで、歯茎が下がってきた時にも有効です。香りは清々しいペパーミントで、電動歯ブラシでも使えます。


    〇ファミリーハミガキ

    安心感をなくさせるような成分を使用していない家庭向けの歯磨き粉で、無添加で低刺激が魅力となっています。378円と使い続けやすい価格で、パッケージの色も黄色と黄緑で明るい印象です。

    使用感にくせがない感じが特徴で、子どもから大人まで使いやすいので、ファミリーハミガキの名の通りファミリーで使いやすい植物性歯磨き粉になることでしょう。

    ただ、取り扱っているドラッグストアが少ないので、購入の際はネットを利用すると入手しやすいです。
低刺激な「植物性歯磨き粉」は人にも自然にも安心な歯磨き粉!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事