植物の力でケアする「天然由来歯磨き粉」は研磨剤も天然由来で安心!

植物の力でケアする「天然由来歯磨き粉」は研磨剤も天然由来で安心!

Thumb?1414295452 muah♪さん

102

歯磨き粉は虫歯予防効果や歯周病予防効果などの他、歯磨き粉の味や磨いた後の爽快感などで選ぶことが多いです。しかし、もっと大切なことは「配合成分が安全であるか」です。
天然由来歯磨き粉は、植物由来成分が歯と口腔内をやさしくケアします。

  • 天然由来歯磨き粉とは?

  • 天然由来歯磨き粉とは?
  • 様々な汚れを落とす洗剤やシャンプー、ボディソープなどには、「界面活性剤」と呼ばれる洗浄成分が配合されています。

    界面活性剤の性質を利用することで、皮脂や油脂などの油が浮き出て洗い落とすことができます。界面活性剤がなければ汚れを効果的に落とすことができないため、洗剤としての役割を果たすことができません。

    そんな最も需要な成分である界面活性剤には、原料によって「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2つに分けることができ、更に合成界面活性剤は「石けん系」・「脂肪酸エステル系」・「アミノ酸系」・「高級アルコール系」・「石油系」という5つに分類されます。

    5つの種類の中で石けん系・脂肪エステル系・アミノ酸系と高級アルコール系の一部においては、原料に植物や動物などの油脂を使用しており、肌への刺激が低い成分になります。

    一方、残りの高級アルコール系と石油系の成分は、原料が石油であり洗浄力には優れていますが、その分肌への刺激が強く人体や環境に悪影響を与える危険性がある成分です。

    歯磨き粉を付けて歯を磨くと、多くの製品で豊富は泡が立ちます。この泡は、実は石油系界面活性剤によるものだということをご存知でしょうか?私達は、肌に刺激が強く多くの洗濯洗剤に使用されている石油系界面活性剤を口に入れているのです。

    石油系界面活性剤の恐ろしいところは、肌に刺激が強いだけではなく、皮膚からの吸収率も高いため体内に取り込みやすいのです。一度体内に取り込まれた石油系合成原料は、尿や汗などで体外に排出されることはなく、そこに留まり続けます。

    そのため、長年にわたり石油系界面活性剤入りの歯磨き粉を使用することで、石油系合成原料を体内に溜めこんでいることになるのです。
    この成分は刺激が強いですから、細胞をがん化させてがんの発生率を高めるとも言われています。

    こうした理由から、口の中に直接入れて使用する歯磨き粉は、より植物や動物から抽出した天然由来成分を配合した刺激の弱いものを使用することが大切です。

    そこでおすすめなのが「天然由来歯磨き粉」です。

    この歯磨き粉の洗浄成分は、天然由来の界面活性剤を使用しており、研磨剤を含まないものが多いです。中には研磨剤を含んだ製品もありますが、使用されている研磨剤は天然由来成分であり、もともと体内に存在するミネラルを原料としているので安心なのです。
  • 天然由来歯磨き粉の特徴と効果

  • 天然由来歯磨き粉の特徴は、いくつかあります。

    1つは、原料に植物や動物から抽出した素材からできた天然由来成分を配合していることです。

    植物や動物から抽出した油脂をもとにして作られる天然由来成分は、石油系とは異なり洗浄力に優れているのに肌への刺激は低いという特徴があります。

    2つ目は、石油系界面活性剤やその他の石油系合成原料は使用していないことです。

    天然由来成分には、天然素材の割合や石油系合成原料に使用などについて、明確な割合や制限が設けられていません。そのため、天然由来成分と石油系合成原料の2種類が含まれた製品も存在します。

    しかし、本物の天然由来歯磨き粉には石油系の成分は一切使用されていないので、安全な製品となっています。

    3つ目は、研磨剤が不使用、または天然由来の研磨剤を使用していることです。

    歯磨き粉には、歯の表面の汚れや色素沈着を効果的に除去するため、つぶつぶの粒子が含まれているものがあります。
    これは研磨剤と呼ばれるもので、使い続けることで歯の表面を傷付けて歯をもろくしてしまうといわれています。

    そのため、天然由来歯磨き粉には研磨剤を含まない製品が多いです。また、研磨剤を含んでいても天然のミネラルを研磨剤として使用することで、歯の表面をやさしくケアしながら歯を強くする効果も得られます。

    天然由来歯磨き粉を使うことで得られる効果としては、天然由来の洗浄成分の働きで汚れを吸着して落とすため、磨いた後は歯がつるつるになるほか、食べ物や飲み物によって歯に付着した色素沈着も効果的に除去できます。

    また、天然の研磨剤であるシリカというミネラルの働きによって、歯の表面をやさしくケアしながら汚れを落とすと共に、シリカが歯に吸収されることで歯の再石灰化にも効果的に働き、強くて健康な歯に導いてくれます。

    天然由来歯磨き粉には様々な特徴があり、石油系界面活性剤などを使った歯磨き粉では得られない効果がたくさんあります。お子さんにも安心して使用できるのもうれしい特徴です。
  • 天然由来歯磨き粉の見分け方

  • 天然由来歯磨き粉と、石油系合成原料を使用した歯磨き粉を見分ける最も良い方法は、歯磨き粉の裏面に記載されている成分欄を確認することです。

    一般的に売られている歯磨き粉には、発泡剤として石油系界面活性剤が使用されていることが多く、良く利用されるのが石油由来の高級アルコール系成分である「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

    このラウリル硫酸ナトリウムは、洗濯用洗剤や台所洗剤などの界面活性剤として広く使用されている成分です。また、シャンプーやボディソープなどにも利用されており、体内への吸収率が高いとして避ける人も多くいます。

    ラウリル硫酸ナトリウムには、強い脱脂作用とタンパク質変性作用があり、これらの作用が皮膚や粘膜を傷付け、肌トラブルを引き起こすとされています。

    この成分の刺激の強さを軽減させた「ラウレス硫酸ナトリウム」という成分も登場しており、このラウレス硫酸ナトリウムも広く利用されるようになってきました。

    とは言うものの、肌への刺激は変わらず強いので肌トラブルを起こす危険性はあります。

    歯磨き粉の成分欄に「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」などと記載されている製品は、天然由来の歯磨き粉ではないので避けるようにしましょう。

    天然由来成分として広く利用されているのは、天然界面活性剤や合成界面活性剤では石けん系・アミノ酸系などです。これらの成分は、どれも植物や動物から抽出した素材が原料となっている安全な成分です。

    例えば、天然界面活性剤ではサポニン(大豆やソープナッツなど)が良く利用されます。また、アミノ酸系ではココイルサルコシンナトリウムや、ココイルグリシンナトリウムなどが利用されています。これらの成分は、優しい洗浄力と除菌効果を持っており、肌への刺激も少ないです。

    石けん系の界面活性剤は、発泡剤として石ケン素地を使用しており、口の粘膜に優しく歯磨き後の味覚を損なうことがありません。程よい泡立ちなので長く磨くことができます。

    天然由来の歯磨き粉を見分ける際には、成分または発泡剤に天然界面活性剤または、天然由来の合成界面活性剤が使用されているか、他の成分に石油系合成原料が使われていないかを確認しましょう。
  • 天然由来歯磨き粉から得られるメリット

  • 天然由来歯磨き粉を使うことで、様々なメリットが得られます。


    ①口の粘膜が傷つかない

    石油系合成界面活性剤やその他の石油系合成原料を使用していないので、粘膜へ刺激を与えることがありません。そのため、化学物質に敏感な方や肌の弱い方、アレルギー体質の方も安心して使用することができます。


    ②体内に化学物質を蓄積させない

    石油系合成原料の怖いところは、使い続けることで体内に蓄積されていき、やがては発がんリスクを高めてしまうところです。毎日の使用では全く実感が無いので気付くことはありませんが、着実に体内に摂り込んでいるのです。

    植物などのが原料となった天然由来成分の歯磨き粉は、そのような刺激の強い成分は使用しいないので、安心して長く使うことができます。


    ③目的や効果に応じて研磨剤入り・研磨剤不使用が選べる

    植物などの天然由来成分入り歯磨き粉には、研磨剤不使用と研磨剤使用の2タイプがあります。このうち、研磨剤入りの歯磨き粉には、天然のミネラルであり人間の体内にも存在しているシリカが使用されています。
    シリカは骨や毛髪、皮膚などに含まれているミネラルで、カルシウム吸収率を高める働きをします。

    年齢と共に体内に存在しているシリカは減少してしまうため、定期的に摂取する必要があります。シリカ入りの歯磨き粉で十分な量を補えるわけではありませんが、一つの手段として取り入れるのも有効です。

    歯の汚れをきちんと落としたい方は研磨剤入りを、歯が弱い方は研磨剤不使用で、植物などが原料となった天然由来歯磨き粉を選ぶとより効果を得ることができます。


    ④小さなお子さんでも安心して使用できる

    植物などの天然由来成分で作られた歯磨き粉は、粘膜への刺激も非常に少なく安全であるため、小さなお子さんにも使用することができます。適度な泡立ちなので、時間を掛けてしっかりと磨くことができるので虫歯を効果的に予防することができます。


    ⑤使用後の味覚が変化しない

    石油系界面活性剤の入った歯磨き粉を使用すると、その後の食事の味が変わることがありますが、天然由来成分ではそのようなことは一切なく、使用後も食事をおいしくいただけます。
  • 天然由来歯磨き粉の注意点

  • 天然由来歯磨き粉を選ぶ際に注意しなければならないことは、「植物由来」「天然由来」などと書かれているから大丈夫と安易に選ばないことです。

    「植物由来」・「天然由来」という言葉はとても範囲が広く、その人その人で捉え方が異なります。
    なぜかというと、由来成分にはその範囲が明確に記されていないからです。

    そのため、植物などの天然由来成分が数%でも使われていれば、たとえ加工処理する際に石油系合成原料を加えたり、化学処理を施しても「植物由来」・「天然由来」などと記載できてしまうのです。

    もし、アレルギー体質の方や化学物質に敏感な方がこのような歯磨き粉を使用してしまうと、痒みや発疹、腫れなどの副作用を引き起こす可能性があります。

    従って、商品に「植物由来」・「天然由来」などと記載されていても、裏面の成分欄などを必ずチェックして、刺激の強い成分が配合されていないかを確かめてから購入するようにしましょう。

    天然のミネラルであるシリカは、天然由来の歯磨き粉では研磨剤としてよく利用されています。
    歯の丈夫な方にとっては、シリカ入りの歯磨き粉はとても効果的ですが、歯の弱い方には注意が必要です。それは、シリカは研磨剤としての硬度が比較的高いからです。

    硬度1から強い順に10段階に分類した場合、シリカは硬度7に入ります。ちなみに、歯のエナメル質は硬度6に分類されており、このことからシリカ入りの歯磨き粉で強く磨くと、歯を傷付けてしまう可能性があります。

    従って、歯が弱い方は研磨剤が入っていないものを選ぶか、研磨剤入りのものを選ぶ際には硬度3の炭酸カルシウムを使用しているものを選ぶようにしましょう。

    歯が丈夫な方であっても、シリカ入りの歯磨き粉で強く磨いたり、長く使用することで歯をもろくしてしまう可能性もあるので、使用する際には十分に注意するようにしましょう。

    天然由来成分として使用されているものが何か、石油系合成原料を使用していないか、研磨剤を使用しているか、使用している場合にはどんな成分が使われているかをしっかり確認することで、自分に合った歯磨き粉を選ぶことができます。
  • おすすめの天然由来歯磨き粉をご紹介!

  • 天然由来歯磨き粉の中で、おすすめな製品をいくつかご紹介します。


    【シャボン玉 せっけんハミガキ】

    この歯磨き粉は、着色料・防腐剤・合成界面活性剤などを一切使用せず、発泡剤として無添加の石けん素地を使用した、安全で安心の歯磨き粉です。

    刺激が少なく粘膜に優しいので、小さなお子様から一生付き合える歯磨き粉となっています。
    ブラッシングのしやすさにこだわり、適度な泡立ちでしっかりと歯ぐきマッサージが行え、長く磨くことができます。

    研磨剤には炭酸カルシウムを使用しており、歯を傷付けることがありません。
    内容量は140gで、価格は410円(税込み)となっています。


    【マイハビット ナチュラル歯みがきジェル】

    この歯磨き粉は、洗浄成分にソープナッツや2種類の植物由来成分を使用し、微発泡の泡で心地良くブラッシングして歯をやさしくケアします。

    研磨剤は使用していないので、歯を傷付けることがありません。

    また、虫歯の原因となる糖類も不使用なので、小さなお子さんから使っていただけます。

    内容量は60gで、価格は1,296円(税込み)となっています。


    【スパジリック トゥースペイスト】

    この歯磨き粉は、発泡剤・乳化剤・安定剤・合成界面活性剤・フッ素などの添加物を一切使用せず、ウイキョウ・セイヨウオオバコエキス・トウキンセンカエキスなどの、植物成分が豊富に含まれた天然由来歯磨き粉です。

    発泡剤が含まれていないのですすぎが簡単であり、長くブラッシングが行えるため虫歯予防に効果的です。泡立ちが無いので慣れるまで違和感を感じることがありますが、泡でごまかして磨くのとは違い、しっかりとブラッシングすることができます。

    研磨剤には硬度の低い炭酸カルシウムが使用されているので、歯をやさしく労りながら汚れを落としてくれます。

    ハーブエキス不使用でも、ブラッシング後にはミントのような爽快感を得ることができ、口内環境が正常に整えられます。

    内容量は100gで、価格は1,296円(税込み)となっています。
植物の力でケアする「天然由来歯磨き粉」は研磨剤も天然由来で安心!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事