鼻筋を伸ばす方法&手術による副作用を知っておこう!

鼻筋を伸ばす方法&手術による副作用を知っておこう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

137

鼻筋を伸ばす確実な方法は美容整形手術です。しかし、美容整形手術は副作用の可能性がゼロではありません。鼻筋を伸ばすことができる手術の種類は何種類かありますので、効果や副作用をしっかり知って自分に合うものを選びましょう。手術は避けたいという方はマッサージがおすすめです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 鼻筋を伸ばす方法について
  • ヒアルロン酸とレディエッセ
  • 鼻中隔延長術と耳介軟骨移植
  • 鼻中隔延長を戻す手術もあります
  • 自力で鼻筋を伸ばす方法も
  • 鼻筋を伸ばす方法について

  • 鼻筋を伸ばす方法について
  • 鼻筋は、人間の顔を見るうえで最も目に留まりやすい部分の一つといえます。鼻筋が短い場合には、鼻の穴が見えてしまいがちになります。そうなると、外から見て目立つことになり美容面で損をすることになってしまいます。

    ですので、鼻筋を伸ばすことによってきれいな顔立ちにしたいと考えている人は多いです。

    鼻筋を伸ばすメリットとしては、鼻全体をシャープな印象にしておくことで整った顔を演出するのに役立ちます。

    それでは、鼻筋を伸ばす方法についてですが、整形手術を受けることによって鼻先を下方に伸ばすという方法です。

    手術を受けた場合には、鼻先を整えて顔立ちをきれいにすることにすることはできます。
    ただ、自費治療になるので手術代金が高いことや手術の方法によっては副作用もあります。
    そのため、もしも整形手術を希望するのであればリスク面についてもしっかりと把握しておく必要があります。
    最悪の場合には、失明の危険もあります。
  • ヒアルロン酸とレディエッセ

  • ヒアルロン酸注入は、鼻にヒアルロン酸を注入することで手軽に鼻筋を伸ばすことができるという手術法です。

    主に、鼻の根元の部分にヒアルロン酸を注射することできれいな鼻筋にすることができます。
     基本的にこの方法を行うメリットとしては副作用が少なく、手術後1年と少しくらい経過すると安全に体内に吸収されて消えていくという点があります。ですので、鼻筋を手軽に伸ばすには適している手術です。

    どうして鼻の根元に注射するのかというと、鼻の根の部分は柔らかいためその部分の皮膚は比較的ヒアルロン酸を注入するだけのゆとりがあるためです。
    逆に、鼻先の皮膚にはゆとりがほとんどありませんので注射は一応できますが、失敗してだんご鼻になる可能性があるためおすすめはできません。

    もう一つのレディエッセは、ハイドロキシアパタイトと呼ばれるカルシウム剤を鼻に注入します。レディエッセはヒアルロン酸よりも硬く仕上がるという特徴があります。

    こちらも体内で吸収される性質を持ちます。ただしこちらは体内で吸収される期間が長いため、失敗してしまうと修正が効きにくいデメリットもあります。
    さらに、ずさんな医師の技術により失明する可能性もありますので美容クリニック選びには注意します。
  • 鼻中隔延長術と耳介軟骨移植

  • 鼻中隔延長術と耳介軟骨移植は、どちらも鼻先に軟骨を入れて鼻先を大きく出すという手術です。

    鼻中隔は、鼻の穴を左右に分けている壁のような役割を持つ部分のことです。この手術では、耳介軟骨あるいは肋軟骨を採取したうえで、鼻先に柱になるように移植して鼻先を下方に延長するという手術です。この手術を受けることで、半永久的にすっきりとした鼻にすることが可能となっています。

    鼻中隔延長術と耳介軟骨移植の違いについては、耳介軟骨移植のほうは鼻先にある軟骨の上に耳介軟骨を乗せることによって鼻先を出すという手術法です。

    それに比べ、鼻中隔延長術のほうは鼻の支柱である鼻中隔そのものを延長して鼻先を出すという手術法です。鼻先を出せる量に違いがあり、鼻中隔延長手術のほうが少し大きく鼻先を出せます。

    しかし、この手術は失敗してしまう可能性も少なからずあります。鼻先を出しすぎたり、鼻が曲がるなどの失敗例がありますので失敗のリスクを理解したうえでトラブルをできるだけ回避しておく必要があります。
  • 鼻中隔延長を戻す手術もあります

  • 鼻中隔延長術や耳介軟骨移植を受けた後に起こる副作用としては、手術をした後に鼻呼吸がしづらくなってしまい呼吸困難を引き起こしかけた事例や、鼻がつまるなどの症状がみられます。

    それから、手術を受けたときは印象がよく見えたとしても5年から10年が経過してから鼻先の軟骨の形が浮き出てしまったり、鼻全体が曲がって不自然な印象になってしまうなどの症状がみられることもあります。
    そのこと自体が手術の失敗ということではありません。ただ、鼻が不自然に曲がるなどの症状は精神的ななやみになってしまいがちです。

    そうした場合には、鼻中隔延長を戻す手術もあります。鼻の中の軟骨を除去してもとに戻したうえで、別の方法を改めて考えるなどの対策をとったりあるいは鼻筋を修正したりすることで対応しています。

    ただ、鼻中隔延長術をもしも受ける場合には5年から10年後のことを考え自分の鼻に合った無理のない鼻中隔延長手術を受けるようにしたほうが後でトラブルを回避しやすいとはいえるでしょう。

    また、ドクター選びについても極めて重要となります。ずさんな技術を行っている美容クリニックは避けておきましょう。
  • 自力で鼻筋を伸ばす方法も

  • 整形なしで自力で鼻筋を伸ばす方法についてもあります。

    実は鼻は軟骨で成形されているために骨は柔らかいです。そのため、長期にわたるマッサージによって質量やその形を思い通りに変えることができます。

    手間はかかりますが、手術なしで済むことや料金などを節約することはできますので試してみる価値はあるといえるでしょう。また、副作用についてもないというメリットも大きいです。

    やり方についてはいくつか紹介されていますが、まず鼻を高くすることができるといわれるツボがあります。

    それは印堂と呼ばれる眉間の中央部分にあるツボです。
    やり方はシンプルで、親指と人差し指で印堂から鼻骨にかけて上下にさすってから鼻骨を親指と人差し指でつまむようにマッサージしていくだけです。継続的にできるだけ毎日行うと、鼻筋を伸ばすことができるようになります。

    それから、鼻の筋肉を鍛える運動を行う方法や小鼻を小さくできるマッサージ方法などがあります。いずれも簡単にできますので低い鼻に悩んでいる人にはおすすめの方法です。
鼻筋を伸ばす方法&手術による副作用を知っておこう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事