手の甲をキレイにする効能のある方法とは

手の甲をキレイにする効能のある方法とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

153

手の甲は意外と目立ちますし、年齢が出やすい場所です。ですから手の甲はキレイだと若くみえる効能があります。手の甲ををキレイにするには、こまめなケアが重要です。手洗いをするごとに保湿したり、日焼け止めを塗り直すなど手厚くケアしてあげましょう。

  • 効率よく手の甲をキレイに

  • 効率よく手の甲をキレイに
  • いつまでも若々しさを保ちたいと考えている女性も多いでしょう。肌のお手入れやメイクなどには気を使っている人もいるかもしれません。

    また、スタイルを気にしてダイエットなどを行っている人もいるでしょう。

    しかし、他人が見ているのは顔やスタイルだけでなく、意外と手も見られているということです。
    話をしている時には顔の周りで動かすことがありますし、食事の時や物を渡す時なども見られやすい部分となっています。手というのは顔よりも老化が早いとされており、手の甲をキレイにする方法の効能を知っておくと良いでしょう。

    顔の老化についてはメイクの効能で隠すこともできますが、手についてはメイクで隠すことができません。メイクや服装などに気を使っていても、手が老化しているとあまり綺麗に見られないこともあるのです。手がざらついている場合やシミがある場合、シワがある場合、血管が浮き出ている場合などは老けて見られやすいので注意しましょう。
  • 手の甲をキレイにする方法

  • 手にも顔と同じようにシミやシワが出てしまいますし、血管が浮き出ていると老けて見られることはもちろん、不健康な印象を与えてしまうこともあるでしょう。

    手がざらつくのは乾燥している証拠であり、潤いが足りていないことが考えられます。

    手が乾燥する原因としては、空気の乾燥や手の洗いすぎ、紫外線などが挙げられます。
    空気が乾燥していると手も乾燥してしまうため、冬になるとハンドクリームを使ってケアすることが大切です。

    また、普段から手を洗うことが多い場合、使用する洗剤やハンドソープにも注意しましょう。手を洗うだけで水分が奪われてしまいますし、洗剤を使うことで乾燥や肌荒れなどが起こりやすくなるのです。

    紫外線は皮膚を傷つける原因となりますし、シミやシワなどの原因となってしまうこともあるのです。手にシミやシワができる原因としては、紫外線や乾燥などが挙げられます。紫外線を浴びるとメラニンが作られるのですが、上手く排出されないとシミになってしまいます。
  • 手の甲の老化について

  • 乾燥してしまうと肌が傷つきやすい状態になりますし、紫外線の影響を受けやすくなります。

    また、紫外線にはコラーゲンを破壊するという作用もあるため、手の甲をキレイにしたいならしっかりと紫外線対策を行うようにしましょう。

    骨ばって血管が浮き出た手には廊下を感じてしまいますし、肌自体が綺麗でもあまり良い印象を持たれません。

    手の血管が浮き出る原因としては、皮下脂肪が少ないことや皮膚が薄いこと、血行不良などが考えられます。若い頃は肌にハリや弾力があるので気にならないかもしれませんが、年を取ると脂肪が減って肌のハリや弾力が失われてしまいますし、皮膚が薄くなることで血管が目立ってしまうのです。

    また、血液の流れが滞ると血管が浮き出やすくなりますし、血行不良になると血管が浮き出てしまうことはもちろん、肌の代謝も悪くなってしまいます。手が老化する主な原因は紫外線や乾燥、血行不良などとなっており、顔の老化の原因と変わりません。
  • 手の甲をキレイにしたい

  • 夏には手にも日焼け止めを塗るかもしれませんが、冬には日焼け止めを塗らないという人も多いでしょう。

    また、夏でも手の場合は洗った時に日焼け止めが落ちてしまうため、日焼け止めを塗っていても十分な紫外線対策ができているというわけではありません。

    手というのは夏だけでなく冬でも紫外線に晒されています。何もケアしていない手は紫外線によってシミやシワができやすくなりますし、ケアをしていてもシミなどができてしまった場合はなかなか消すことができません。
    そのため手の甲をキレイにしたいなら予防が大切だと知っておきましょう。

    紫外線を受けないようにすると良いのですが、ある程度の紫外線なら問題ありません。肌にはもともと紫外線をブロックする機能が備わっているため、その機能を正常に働かせるために肌のキメを整えると良いでしょう。

    乾燥すると肌のバリアが正常に働かなくなりますし、肌が刺激を直接受けてしまいます。乾燥対策には保湿が必要ということですが、手を保湿するためにはハンドクリームを使うようにしましょう。
  • 手の甲をキレイにする

  • 手の甲をキレイにしたいという場合、まずは化粧水をつけてからハンドクリームを使うと良いでしょう。

    手は顔よりも洗う機会が多いため、洗浄力の強いハンドソープは使わない方が無難です。たくさん洗うほど乾燥しやすくなりますし、できれば手を洗う度にハンドクリームを使った方が良いでしょう。

    緊急時のケアとしてはワセリンを使うという方法もあります。
    ワセリンには保湿効果があるため、その効能を得たい場合は乾燥が酷いところを中心にしっかり塗ると良いでしょう。

    寝る前にケアを行うと効能を得やすいということですが、ワセリンをしっかりと塗ってからビニール袋をはめて寝るようにするのがポイントです。

    乾燥しすぎて血が出そうな時などに行うのが良く、次の日の朝には手が綺麗になっているでしょう。

    ワセリンがなければハンドクリームででも良いですし、ビニール手袋がなければ普通のビニール袋でも問題ありません。

    大切なのはしっかりとクリームを塗り、そのクリームが乾燥することなく朝まで手を守ってくれるということです。
手の甲をキレイにする効能のある方法とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事