手の甲をキレイにする副作用とは

手の甲をキレイにする副作用とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

313

手の甲をキレイにしたいと思って、まず思いつくのはハンドクリームではないでしょうか。ただ、やみくもに使っても副作用のような症状が出てしまうかもしれません。傷口に塗ってしまったり、自分の肌に合わないものを使うのは避けましょう。自分に合うハンドクリームやケア方法を選んで手の甲をキレイにしましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 手の甲をキレイにする副作用
  • ハンドクリームでケア
  • 手の甲をキレイにするために
  • 手の甲の肌荒れが気になる
  • 手の甲のケアを続ける
  • 手の甲をキレイにする副作用

  • 手の甲をキレイにする副作用
  • 肌荒れで悩んでおり、手の甲をキレイにしたいと考えている人もいるでしょう。

    季節の変わり目に肌荒れはひどくなるということですが、特に冬になると症状が悪化してしまうことも多いのです。

    手の状態が気になるけれど、皮膚科に行くまでもないと判断してハンドクリームを使っている人も多いかもしれません。ハンドクリームには肌荒れを改善する効果もありますが、その副作用についても知っておくと良いでしょう。

    肌荒れが起きている場合、肌に必要な油分が保たれていないことが考えられます。乾燥による炎症はできるだけ早く治した方が良いのですが、ハンドクリームには副作用が出てしまうこともあります。

    ハンドクリームはフェイシャルクリームなどよりコストパフォーマンスが高いですし、気軽に使うことができるでしょう。もちろん安いものが悪いというわけではないのですが、商品によっては刺激の強い成分が配合されていることもあるため、副作用のリスクもあるのです。
  • ハンドクリームでケア

  • ハンドクリームは防腐剤などの添加物が含まれていることもあるので注意しましょう。

    最初は良いと感じていてもしばらくすると痒みが出てしまうことがありますし、そのような場合はハンドクリームの成分が肌に合っていないことが考えられます。

    冬にひび割れがある場合、ハンドクリームが傷口に入り込んで痒みの原因となることもあります。ひび割れなどがある場合は最初に傷口を治すことが大切であり、手全体のケアを行うことで効率よく治すことができるでしょう。

    ひび割れが少し治ってくると傷口周りが固い角質で覆われるため、この時に手を動かすとさらに亀裂が入って傷が広がってしまうこともあるので注意が必要です。

    そこで傷口の角質を柔らかくして取り除くことがポイントであり、皮膚が密着しやすくなることで傷が治りやすくなるのです。

    そのために軟膏を塗ったり、清潔なガーゼを小さく切って傷口に当てたりすると良いでしょう。肌荒れが起きている場合は寝る前に手袋をはめると良いのですが、傷口をしっかりと覆ってから手袋をつけるのがおすすめです。
  • 手の甲をキレイにするために

  • ハンドクリームを使うことで手の甲をキレイにすることができますが、一口にハンドクリームといってもいろいろな商品があります。

    大きくわけて油分が多いタイプと水分が多めのタイプがあるため、シチュエーションに合わせて使い分けていくと良いでしょう。
    油分が多いものは水仕事の後に使うと良いですし、水分が多めのものは乾燥防止として使うことができます。

    しかし、肌荒れの原因によってはハンドクリームが合わないこともありますし、合わないものを使うことで副作用が出てしまったり、症状がさらに悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

    水に反応して肌荒れが起きてしまう場合、尿素系のハンドクリームをつけると刺激となってしまうことがあります。かゆみなどが出てしまうこともあるため、他のハンドクリームを使った方が良いでしょう。

    ちなみに、手の甲に細かい傷ができている場合、乾燥によって肌荒れが起きているということです。すぐ乾燥してしまうタイプの場合は手から水分が蒸発しやすいため、保湿力の高いハンドクリームを使うと肌が反応してしまうことがあります。
  • 手の甲の肌荒れが気になる

  • 肌荒れの原因が分かったらそれに合わせたハンドクリームを選ぶようにしましょう。

    ハンドクリームの選び方が分からないという人もいるかもしれませんが、まずは無添加であることを確認することが大切です。
    肌が水に反応しやすいタイプの場合、湿疹やかゆみを引き起こさないようなハンドクリームを選んでいくことがポイントです。

    ちなみに、ハンドクリームを使ってもすぐに手の甲をキレイにできるというわけではありませんし、長く使い続ける必要があります。

    少しつける程度ならあまり気にならないかもしれませんが、長く使うことを考えるならやはり無添加のハンドクリームの方が安心です。

    無添加のハンドクリームの中にはいろいろな種類があります。馬油を使ったハンドクリームやワセリンなどがありますが、乾燥による肌荒れタイプの場合は鉱油由来のワセリンはあまり良くありません。ワセリンは肌に合わないこともあるので注意しましょう。
  • 手の甲のケアを続ける

  • 手の甲をキレイにしたいという場合、無添加で鉱油を使っていないハンドクリームを選ぶと良いでしょう。

    植物性のハンドクリームはどんな人でも合うというわけではありませんが、ほとんどの人が安心して使える商品となっています。

    オーガニックなら無農薬にこだわって原材料を栽培していますし、使用する添加物にも気を付けているということです。オーガニックといってもいろいろありますが、オーガニックコスメを選ぶ時には研究されて作られているかどうかをきちんと確認しましょう。オーガニックではカモミールが良く使われており、炎症を抑えて保湿を高める効果があるのでおすすめです。

    植物性の他にも馬油のハンドクリームは刺激が少ないので使いやすくなっています。ハンドクリームといっても適当に使うと肌への刺激となってしまいますし、まずは成分をきちんと確認して症状に合ったものを選んでいくようにしましょう。ケアを続けることで綺麗な手を手に入れることができます。
手の甲をキレイにする副作用とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事