手の甲をキレイにする人気商品とは

手の甲をキレイにする人気商品とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

94

手の甲をキレイにする、手を荒れないようにするためには、人気の商品をチェックするのが良いでしょう。ハンドクリームだけでなく、紫外線対策のできる手袋なども活用するのがおすすめです。また、手に水気が残っていると肌の水分が蒸発して肌荒れの原因になります。十分に水分を拭き取ったり、ゴム手袋を使うなど工夫もしていきましょう。

  • 手の甲にシミやシワができる理由は?

  • 手の甲にシミやシワができる理由は?
  • 手の甲にはどうしてシミやシワができるのでしょうか?

    手の甲は他の皮膚よりも薄くできています。
    そのため、シワやかさつきが目立ちます。
    また一年中外に出ているので、紫外線の影響を受けやすく、コラーゲンやエラスチンが壊されやすいのが特徴です。

    エラスチンはコラーゲン同士を結び付けている成分で、肌の柔軟性に欠かせません。ところが年齢とともに、エラスチン、コラーゲンともにどんどん減少していきます。できれば皮膚の組織を活性酸素から守り、皮膚の代謝をよくするのが理想です。

    しかし、紫外線の影響は手の甲に蓄積され、やがてある年齢になると、シミとして現れます。これがシミの発生理由です。

    いくら、顔をきれいにメイクしていても、手を見れば年齢がわかってしまいます。
    特に、手の甲にシミやしわがあると、急に年を取ったような感じがします。そのため、手の甲をキレイにしておくことは、老化対策として必須ともいえます。
  • ハンドクリームで手の甲をキレイにする

  • 手の甲をキレイにする人気商品には、ハンドクリームがあります。

    ハンドクリームを使う一番の目的は乾燥を防止して、保湿をすることです。
    特にハンドクリームに入っている成分で、肌に効果的なのは天然オイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどがあげられます。
    できればこれらの成分が入っているハンドクリームを常備し、常に携帯して使うようにすると効果があがります。

    使うタイミングとしては、夜就寝前、朝起きたとき、お風呂上り、外出後、水仕事のあとなどです。

    特に就寝前は、必ずハンドクリームを塗っておきたいタイミングです。就寝後は7~8時間、保湿ケアができません。夜寝ているときも、500ml、およそペットボトル1本分の量が体から蒸発していきます。
    そのため、寝る前にはしっかりとハンドクリームで手の甲に保湿をしておきたいものです。

    また同様に、お風呂上りも重要な時間帯です。
    お風呂から出た後は、血行が良くなっている上に皮膚も柔らかくなっていてハンドクリームが浸透しやすい時間帯です。
  • 紫外線対策もしっかり

  • 紫外線の影響は、手の甲にダイレクトに蓄積され、やがてシミとして現れます。そのようなことがないように、紫外線対策を強力に行う必要があります。

    おすすめは紫外線をカットするUV加工の手袋です。
    たとえば、洗濯物を干すときや、ちょっと外に買い物に出かける時など、短時間だから、と思っても紫外線はきっちり浴びています。
    現在はおしゃれな手袋やファッショナブルで人気のある手袋もたくさん発売されているので、おしゃれも兼ねてそのような手袋を使うと効果的です。

    そして色は黒を使うほうが紫外線透過率が低くなります。
    あるデータによると、黒は1.7%、白は20%というデータがあります。またもう一つのUV対策として、手の甲に日焼け止めを塗るのも効果的です。日焼け止め入りのハンドクリームも発売されているので、そのような物を使うと紫外線対策とハンドケアが両方同時にできるので、とても便利で人気があります。商品を選ぶ時はSPFやPAとも、数字が高い方が効果が高くなります。
  • 水仕事の際にゴム手袋の着用をする

  • 水仕事をする際には必ず手袋を着用することが大原則です。

    特に洗い物をするときに使う台所洗剤には、界面活性剤が入っており、肌のバリア機能を弱めたり皮膚のたんぱく質を変性させる可能性があります。

    肌のバリア機能が弱まってしまうと、肌は乾燥しスカスカの状態になります。アレルギー物質なども侵入しやすくなり、ちょっとした刺激で皮膚がかゆくなったり、荒れたりしてしまいます。

    たとえ、天然成分から作られた台所洗剤であっても、肌にとってはかなりの負担になります。
    ゴム手袋をする前には、事前にハンドクリームを塗っておくと、ゴム手袋の密閉効果で肌がしっとりします。保湿効果も高めるので、一石二鳥になります。

    また、ゴム手袋をしても手があれるという人は、ゴム手袋のゴムが肌にあわない可能性があります。
    そうした敏感な肌の人に人気なのが、使い捨てのポリエスチレン手袋です。ポリエスチレン手袋をして、その上にゴム手袋をはめれば、ゴムが直接肌に当たらないので皮膚の保護になります。
  • 手の水分はしっかりふき取る

  • いつも手の甲をキレイにしておくためには、こまめに水分をふき取ることも必要です。

    手についた水分を放置しておくと、肌荒れや乾燥の元になってしまいます。

    さらに肌荒れが進行すると、深刻な主婦湿疹になり、あかぎれができて水仕事の際、しみて痛むようになってしまいます。
    そうならないためにも、手はこまめに水分をふき取りましょう。

    ぬれた手は、タオルでぎゅっと抑え込むようにふき取るのではなく、軽くポンポンと抑えながら優しく水分をふき取るようにすることが大切です。

    外出の際に、トイレに設置されている温風乾燥機は、肌の水分を蒸発させるだけでなく、潤いも奪い去ってしまいます。機械を使わずに、タオルで優しくふくようにした方が肌の負担が少なくなります。

    できれば、水分をふき取った後ハンドクリームをつけておくと、保湿になります。ハンドクリームに含まれている脂分が肌を保護してくれるので、しっとりとした肌になります。
手の甲をキレイにする人気商品とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事