手の甲をキレイにするために行いたい方法!

手の甲をキレイにするために行いたい方法!

Thumb?1414295452 muah♪さん

97

手の甲をキレイにするには、こまめなケアが重要です。手は水や洗剤などに触れることが多く、酷使されてしまうのが理由です。ハンドクリームやパックなどで手の甲を潤わせましょう。また、マッサージでのむくみ解消や、脱毛によるムダ毛対策などをおこなって艶やかな手を目指しましょう。

  • 手の甲をキレイにするために必要な乾燥予防

  • 手の甲をキレイにするために必要な乾燥予防
  • 手は日々酷使する部分なので、しっかりケアしないとトラブルが起こり年齢が現れやすくなります。

    特に他人から見られやすい手の甲は徹底したケアを行い、恥ずかしくないような状態にしておくことが大切です。

    そんな手の甲をキレイにするための方法として最初に挙げられるのは、うるおいを逃がさないようにする保湿です。うるおいがなくなると乾燥しがちになりカサカサしてくるほか、酷いときはひび割れを起こす可能性もあることなどが理由です。

    対策としては保湿タイプのハンドクリームを使い乾燥を予防するのが有効です。

    さらに効果を高めたい場合は手が冷たいときに塗るのではなく、事前に温めてから使うようにすれば、クリームが柔らかくなって肌になじみ隅々まで塗りやすくなります。

    また、乾燥が進んで皮膚が少しかたくなっているときは保湿効果に加え尿素が配合してあるクリームを選ぶと、保水性を高めながら肌を柔らかくしていくことができます。
  • 水分がついたままの自然乾燥は避ける

  • 手の乾燥を防ぐ方法として、水分がついたらすぐに拭き取ることも挙げられます。

    理由は手についたままの水分が蒸発する際に、肌の水分まで一緒にもっていかれるので、乾いた状態の人よりも乾燥しやすくなってしまうからです。

    普通に生活しているだけでも水で手を洗う機会はけっこうありますが、仕事や家事などで水を使っている人は、さらに多くなります。
    水に触れた後はタオルで水分を拭き取ったあと、保湿クリームを塗りこんであげるのがベストです。

    その際タオルでゴシゴシ拭くと肌を傷めてしまいトラブルへとつながる可能性があるので、やさしく拭くようにします。
    また、可能ならば直接水に触れるのを避けるためにゴム手袋を着用するのもよい方法です。

    お湯を使う場合は、最初にハンドクリームをたっぷりと塗って、その次に綿の手袋をし、その上からゴム手袋を使用という順番にすると、お湯の蒸気により手の保湿性が高まります。

    これが難しければ使用する洗剤を刺激の少ないものに変更するだけでも、手の甲をキレイにすることにつながります。
  • むくみ改善のマッサージも効果的

  • 手の甲をキレイにするには乾燥だけでなく、むくみが目立っている状態も避けなければなりません。

    スラリとした理想的な指とは程遠く、指を含め全体的にずんぐりと見えてしまうのが理由です。

    水分の取り過ぎなどで代謝が悪くなっている影響なので、むくみ改善のマッサージを心がけるだけで簡単に改善することができます。

    その方法ですが、まず指の根元をもう片方の手で強めに握り、指先へ向かってしぼる感じでマッサージしていきます。

    指先まできたら、先ほどの根元まで戻りながら反対方向へと握った手を滑らせます。
    両手の指すべてを終えるまでが1セットなので、時間が空いたときなどを活用して1日3回くらい行うのがベストです。

    次第に血行がよくなってきて手がポカポカしてくると、気になっていたむくみが解消されるのはもちろん、冷えも起こりにくくなります。

    さらに指のほか手の甲のマッサージとして、指の根元から手首に向かい筋沿いにマッサージするのも効果的です。
  • 脱毛で手の甲と指のムダ毛を目立たなくする

  • 手の甲の美しさには、肌のなめらかさのほかムダ毛の存在のなさも必要になります。

    ムダ毛の濃さにもよりますが、たいていの人には甲や指の根元辺りに薄い毛が生えていて、明るい照明の下など状況次第では存在感を増すことがあるのが理由です。

    せっかく手の甲をキレイにしていたとしても、ムダ毛があるだけですべて台無しになることも珍しくありません。ムダ毛をなくすにはトラブルを防止する意味を込めて、カミソリなどを使用した自己処理よりも、脱毛で目立たなくする方がよいです。

    自己処理では皮膚に傷がつき荒れや炎症を引き起こす可能性があるだけでなく、何度処理しても、いつかまた生えてきてしまうので、そのたびに処理していてはダメージを積み重ねてしまうからです。

    仕上がりに満足するまでには、毛の生え変わりに合わせて何回か施術を受けるために脱毛に通い続けることになりますが、最終的にキレイな肌になれるので結果から見れば最適な方法です
  • 手の甲をキレイにするための別の方法

  • 保湿やマッサージ、ムダ毛処理のほかにも手の甲をキレイにするために心がけていきたいことは色々あります。

    乾燥している手を早く改善させたいときは、保湿クリームを塗る前に保湿効果のあるローションを浸透させておくと効果が高まります。

    このほか、手の甲にシミやくすみなどがある場合は、透明感を引き出せるようビタミンCなど美白成分配合の保湿クリームを選択するのも効果的です。
    さらに手の甲をキレイにする目的で時間をたっぷり使ってケアしたいというときは、うるおい度をアップさせるハンドパックがおすすめです。

    ティッシュを手の甲にのせローションをしみこませたあと、ハサミで指の隙間部分を切り指1本1本に巻いて、そのままビニール袋に手を入れた状態で手首のところをゴムでとめるだけと簡単な方法です。

    5分程放置したあとは保湿クリームで仕上げをすると、お風呂上りみたいなしっとり肌になれるので、週に1度のスペシャルケアとしてだけでなく特別な日の応急処置としても利用できます。
手の甲をキレイにするために行いたい方法!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事