保湿バリアを守り、香りもよいクリームハンドソープ

保湿バリアを守り、香りもよいクリームハンドソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

291

クリームハンドソープは、心地よい洗い上がりが人気のハンドソープです。
一般的なハンドソープとは異なり、角が立つメレンゲのようなふわふわ感のある見た目、洗い心地の良さ、香りなどが人気を集めています。

  • クリームハンドソープとは?

  • クリームハンドソープとは?
  • クリームハンドソープとは、泡立ちの良いハンドソープです。

    単に泡が立つのではなく、角ができてもそのまま残ってしまう、ふわふわとしたメレンゲのような豊かなで美味しそうな泡が立ち、思わず口に入れたくなるかもしれません。

    一般的なハンドソープや石鹸の場合は泡立ちも控えめですし、手に絡みつく程度の泡であることがほとんどなので、クリームハンドソープと比較するとはっきりと違いがわかります。

    同じハンドソープなのに泡立ちがここまで違ってくると興味が湧いてきます。

    クリームハンドソープの多くがハンドソープとして使われていますが、配合成分を見ると動物由来のミルク成分や植物由来のシアやアロエなど他を保湿成分として配合されており、優しい洗い上がりを感じられるので、ボディソープや洗顔料としても利用されています。

    このように、豊かに泡立つスキンケア商品と言えば、洗顔料やメイク落とすクレンジング商品を思い浮かべます。

    ふわふわとした豊かな泡が、肌の隅々や毛穴まで行き届き、きめ細かく洗い上げることができることや、泡のさわり心地や気持ちよさ、香りの良さなどが人気を呼んでいます。

    このような洗顔料はチューブなどから出して指で軽くかき混ぜると、ふわっとした泡状に成長していき、顔につけて洗うと心地よいですが、クリームハンドソープは、その手洗い版と考えるとわかりやすいでしょう。

    洗顔料と異なる点としては、固形の石鹸タイプやプッシュポンプタイプのものが多いことを指摘できます。

    この他にもハンドソープに欠かせない洗浄力を植物由来の原料に求めている、動物性や植物由来の原料に保湿成分を求めている、合成香料を使用せず植物由来のハーブやエッセンシャルなどを利用しているものが増えており、洗顔料との違いもなくなりつつあります。

    クリームハンドソープは、メーカーごとに多彩な商品がありますが、手の隅々まできれいにしてくれる洗い上がり、ふわふわとした美味しそうな泡を触る感触が気持ちよくなっており、女性だけでなく男性にも利用されるようになりました。
  • 期待できる効果や特徴について

  • クリームハンドソープの特徴は豊かな泡ですが、この泡はある効果を期待できます。

    ふわふわとした豊かな泡が心地よいことから、メイク落としやメイククレンジング、洗顔フォームで使われるようになりましたが、共通している効果が極め細やかな洗い上がりです。

    人の肌は数多くの皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)、毛穴があり、汗や汚れ、ほこり、角質が、皮溝や皮丘、毛穴に少しずつ溜まってい来ますが、泡の少ない一般的なハンドソープでは、この皮溝や皮丘、毛穴に詰まってしまった汚れや皮質を洗い流すことが難しくなっています。

    クリームハンドソープであれば、このような皮溝や皮丘、毛穴に詰まった汚れまでもきれいに浮き上がらせ、水で洗い流すことができるのが特徴です。

    まるでメレンゲのような豊かに泡立つ泡は、一般的なハンドソープでは難しい極めて細かい粒子によって作られているため、我の成分が手の隅々にある皮溝と皮丘、毛穴に入り込み、汚れや皮質、汗などをきれいに洗い流してくれるので、仕上がりが良くなります。

    また配合されている天然の保湿成分により、手の保湿バリアを保護してくれるので、洗った後にしっとりとしたさわり心地を感じる方多くなっています。

    さらに最近の特徴として、天然成分の配合に力を入れているメーカーが増えていることが指摘できるでしょう。

    牛や山羊などの動物性由来のミルクを配合していたり、植物由来のヤシやパームヤシ、シア、ココナッツバターなど他を配合することで、手に優しいクリームハンドソープを目指すことが増えています。

    また商品によって配合されている香り成分が異なっており、無香料から気分の良くなるレモングラス、甘い上品なローズエキス、マンゴーエキスなど他、多彩な香り成分が配合されており、好み香りのするクリームハンドソープを選べます。

    クリームハンドソープは、洗顔料やメイククレンジングで使われるような豊かな泡を使って手の隅々まできれいに洗って手を清潔に保ちながら、香りによる気分転換も期待できます。
  • 見分け方はどうすればいいの?

  • 見分け方はどうすればいいの?
  • クリームハンドソープは、泡立ちの良さが特徴ですが、どのぐらい豊かに泡立つかは使ってみないとなんとも言えません。

    ですが、クリームハンドソープのパッケージ表示にクリーム、もこもこと泡立つ、豊かなに泡立つといった表現がなされているかが一つの目安になります。

    気になったクリームハンドソープがあれば、ネットショップで検索しレビュー欄をチェックするのも見分ける方法の一つです。

    レビューに泡がしっかりたつ、洗い心地が気持ち良い、もこもこした泡といった表現がある場合は参考にすると良いでしょう。

    一般的なハンドソープは成分表示で見分けられますが、クリームハンドソープでは少し難しくなっています。

    その理由としてクリームハンドソープの泡立ちは、原料である脂肪酸の組み合わせや配合で決まることが指摘できます。

    成分表示には使用されている主な成分が記載されるだけで割合までは記載されません。

    そのため成分表示をチェックしたからといって泡立ちの良さを判断するのは難しいといえるでしょう。

    好みの原料が使われていることをチェックする場合には、表示記載を確認するのは有力な見分け方になります。

    例えば無添加ハンドソープを探している、好みの香りがするハンドソープを探している、保湿成分にどのような原料が使われているかといったことはチェックできます。

    最近は、無添加にこだわる方が増えているため、成分表示にも合成着色料、合成香料、防腐剤といったものからラウリル硫酸Naなどの界面活性剤フリーを宣伝しているものもあるので、気になる方は無添加であることをチェックしておきましょう。

    また、香にこだわりのある方もチェックすると良いでしょう。

    レモン風味の香りが良いのであれば、レモングラスやレモン果皮エキスといった記載がされていますし、バラの香りであれば、ローズエキスと言った表示がなされているため見分ける際の参考になります。

    クリームハンドソープは、パッケージの表記、配合されている保湿成分や香り成分で見分けていきましょう。
  • きめ細やかな洗い上がりがメリット

  • きめ細やかな洗い上がりがメリット
  • クリームハンドソープのメリットは、洗っている途中の気持ちよさや、洗い上がりが感じられることです。

    食事前やトイレなど、1日の間に手洗いする機会が何度もありますが、そのたびに心地よい泡で手を洗えるなら気分も良くなります。

    また細かい粒子によって作られた豊かな泡が、手を優しく包み込むようにして肌の皮溝や皮丘、毛穴に入り、汚れを落としてくれるので手がきれいになったという爽快感も楽しめます。

    これに加えて、天然由来の成分配合商品が増えているため、敏感肌の方や乾燥肌の方にも使いやすくなっています。

    配合されている成分は多種多様ですが、洗浄成分にはヤシやパーム油など天然の界面活性剤が含まれている原料が使われています。

    保湿成分には古くから知られているウシやヤギのミルクを原料とした乳脂やスキムミルクなど、植物由来としてはカカオやマンゴーバター、シア脂やムルムル脂などがあり、このようにメーカーや商品ごと原料は違ってきますが、ミルクや植物由来の原料を配合されることが一般的です。

    乾燥肌の方や敏感肌の方に嬉しいマイルドな洗い上がりになるので、洗った後に手が荒れてしまったり、つっぱりを感じることが少なくなり、安心して使えるように工夫されています。

    小さなお子さんから高齢者まで、家族みんなの手洗いに利用するにも向いているため、1つのクリームハンドソープを用意しておけば、充分でしょう。

    この他のメリットとして香りにおるリラックスや気分転換が期待できます。

    配合されている香り成分は多種多様ですが、気分をスッキリさせたいときに向いたレモンなどの柑橘類系の香り、甘い上品な香りでリラックスしたい時はアロマテラピーでも使われているローズオイル、スーッと気分を落ち着かせたいときにはメントールやハッカ油などが配合されたクリームハンドソープなどを利用すると良いでしょう。

    クリームハンドソープは、皮溝や皮丘、毛穴に詰まった汚れを隅々まできれいにしながら、マイルドな洗い上がりで手を優しく守るため保湿バリアを失うことなく、洗った後もしっとり感やすべすべに感じられます。
  • 注意点と副作用について

  • 注意点と副作用について
  • クリームハンドソープは、これといった副作用はありません。

    ただし、食用ではありませんでの口に入れたりしてはいけません。

    この他にも、配合されている成分にアレルギーをお持ちの場合は、使用しないようにしてください。

    配合成分は様々ですが、ウシやヤギのミルク、ヤシやパーム、カカオやシアなど他、多数の植物由来の成分が配合されていることが多くなっており、これらにアレルギーのある方は違和感を感じることがあります。

    例えば、手を洗った後にかゆみを感じる、手の平や甲に赤みがさしたり腫れる、ミミズ腫れができるなどが代表的ですが、このような症状を感じたらすぐに使用を中止してください。

    敏感肌の方や乾燥肌の方の中には、洗い上がりに違和感を感じることがあれば、この場合も使用を中止してください。

    またお子さんが手洗い後に手をボリボリとかいたり、手に赤みがさしている、腫れているさいにも使用を中止し、お子さん用として別のクリームハンドソープを用意してやると良いでしょう。

    アレルギー以外の注意点としては、誤飲があります。

    小さなお子さんのトラブルでよく見られますが、誤飲してしまっても慌てることなく、水を飲ませてください。

    水を飲ませることでクリーム ハンドソープの洗浄液が薄まるので、胃への負担を軽減させることができます。

    お子さんが吐いてしまうようであれば、医師に相談しましょう。

    目に入るといったトラブルもよく有りますが、この場合は速やかに水で目を洗ってください。

    たっぷりめの水を使って目を洗ってやることで洗浄液を薄め、洗い流すことができます。

    洗浄液は目の粘膜にダメージを与えることから充血しますが、しっかりと目を洗うことで収まります。

    洗った後にお子さんが目をこすってしまう場合がありますが、濡らしたタオルを目に当ててやると良いでしょう。

    誤飲した場合や目に入った場合では、水を飲ませたり、水で目を洗うことで充分に対処できます。

    このような点に注意して使えば、クリーム ハンドソープのメリットを感じながら安全に楽しく利用できます。
  • クリームハンドソープの商品

  • クリームハンドソープの商品

    出典: www.kao.co.jp

  • クリーム ハンドソープの一部を紹介しましょう。


    ・カウブランド 無添加泡のハンドソープ

    モコモコの泡を堪能できるハンドソープです。
    着色料や香料などを一切使用せず、素材を厳選した泡タイプのハンドソープで、たっぷりとしたもこもこ泡が魅力となっており、小さなお子さんの手も敏感肌や乾燥肌の方の手も優しく洗い上げてくれます。
    皮膚アレルギーテストも行っており、アレルギーを持っている方でもためしてほしいクリームハンドソープの一つで、保湿バリアを守るやさしい洗い心地、スッキリときれいにしての雑菌や汚れ、皮脂などをきれいに洗い流してくれます。


    ・ビオレu 泡ハンドソープ

    こちらも魅力あるクリームハンドソープです。
    もこもこした泡は爪や皮膚の汚れをきれいに洗い流してくれるため、複数の手洗いを1回で済ませることができます。
    小さなお子さんが粘土遊びやマジックで遊んで汚れてしまっても、油汚れも落としてくれるのが魅力です。
    プッシュポンプ式になっており、小さなお子さんでも簡単に使えることや、心地よマイルドシトラスやフルーツ、シトラスの香りの3種類が販売されており、好みの香りから選べます。
    詰め替え用も販売されており、家族みんなで使える、かゆいところに手が届くクリームハンドソープと言えるでしょう。


    ・パックスナチュロン クリームソープ

    パーム油やヤシ油を原料とした植物油を主原料としたクリームハンドソープです。
    ホホバ油、ひまわり油を保湿成分とした優しい洗い上がりが特徴となっており、保湿バリアを守りながら汚れを落としてくれるため、洗った後のつっぱり感も少なくなっています。
    全7種類から好みに応じて香りを選べます。
    自然な香りが良い方はクリームソープを、スーッとした通るような香りが好みならハッカエッセンシャル配合したクリームソープL、りんごの香りを楽しみたいときはクリームソープAといったように選び分けるとよいでしょう。
    クリーミーな泡立ちも楽しめることが人気になっており、多くの方のリピートされているクリームハンドソープです。
保湿バリアを守り、香りもよいクリームハンドソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事