子供の手をやさしく洗う無添加の石鹸ハンドソープ

子供の手をやさしく洗う無添加の石鹸ハンドソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

308

子供の皮膚の厚さは大人よりもも薄いため、洗剤の刺激にも敏感です。特に、頻繁に利用するハンドソープの刺激が強いと、手を洗うごとにどんどん乾燥してしまい肌トラブルの原因になります。
子供の乾燥を防ぐには無添加の石鹸ハンドソープがおすすめです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 石鹸ハンドソープとは?

  • 石鹸ハンドソープとは?
  • ひと昔前までは、手洗いというと固形石けんを使用することが多かったですが、現在ではハンドソープが主流になっています。

    固形石けんだけでは豊富な泡を作るのが難しく、また濡れたまま石けんを置くことによってふやけてしまったり、他人が使用したもので手を洗うことに抵抗を感じることもありました。

    一方、ハンドソープは必要な量だけポンプから出すことができるので、衛生的にも良く泡立ちも優れています。

    簡単に手洗いができ、衛生面でも安心できることから今ではハンドソープを利用する人が多くなっているのです。

    しかし、身近で購入できる一般的なハンドソープは、従来の固形石けんよりも洗浄能力が高く、その分肌への刺激も強いものがほとんどです。

    特に手は、顔や体よりも1日に洗う回数が多いため、ハンドソープは洗顔料やボディソープよりも使用する回数も多くなります。

    刺激の強いハンドソープを使い続けると、皮膚を健康に保つために必要な皮脂なども全て取り去ってしまうことになり、手が乾燥するのです。

    なぜ、一般的なハンドソープだと手が乾燥してしまうのかというと、洗浄成分に原因があります。

    一般的なハンドソープに使用されている洗浄成分は、合成界面活性剤と呼ばれるもので、これは洗浄することを目的に石油などから作られた人工の洗浄成分です。

    そのため、高い洗浄力がありますがその分肌への刺激も強くなります。

    合成界面活性剤のハンドソープは、健康な肌の方でも乾燥してしまうほどの刺激であるため、肌の弱い方やアトピーの方には症状を悪化させてしまう危険性があります。

    毎日使うものであるため、肌に刺激のないものを使用する必要があります。

    肌に刺激のないハンドソープとしては、合成界面活性剤などが無添加の「石鹸ハンドソープ」がおすすめです。

    石鹸ハンドソープの原料は、植物や動物から抽出した成分であるため、肌に刺激を与えることがありません。

    そのため、皮膚の厚さが大人の2分の1~3分の1程度しかない子供の手洗いにも、安心して使用することができます。
  • 石鹸ハンドソープの特徴と効果について

  • 石鹸ハンドソープの特徴と効果について
  • 石鹸ハンドソープとは、使用している界面活性剤が「石鹸」であるもので、原料は石鹸素地と水というシンプルな素材のみで作られています。

    石鹸ハンドソープの特徴は、

    ①低刺激で肌にやさしい
    ②合成添加物を一切使用していない
    ③子供や肌の弱い方でも使用できる
    ④洗浄効果に優れている
    ⑤環境にやさしい

    などがあります。


    ①低刺激で肌にやさしい

    石鹸素地は、植物や動物の油脂が原料となっており、合成成分のような刺激はありません。

    そのため、頻繁に石鹸ハンドソープを使用しても肌にやさしいです。


    ②合成添加物を一切使用していない

    合成界面活性剤や合成香料、合成着色料、防腐剤などの添加物を一切使用せず、原料は必要最低限となっています。

    そのため、安心して使用することができます。


    ③子供や肌の弱い方でも安心

    肌が乾燥することで、バリア機能が破壊されアトピーなどの症状が起こるとされていますが、この石鹸ハンドソープには、肌に刺激を与える成分は一切使っていないので、皮膚の薄い子供や肌が敏感な方でも毎日安心して使うことができます。


    ④洗浄効果に優れている

    天然の素材から作られたものだと、洗浄力が低いのではと感じる方もいるでしょう。

    石鹸素地は、泡立てることでその洗浄力が高まります。

    そのため、しっかりと泡立ててから洗うことで、必要な皮脂を残しながら汚れを浮かして落とします。


    ⑤環境にやさしい

    天然の素材から作られているため、排水後は川などに生息する微生物たちのエサとなり、自然に還っていきます。

    そのため、環境を破壊したり生態系を狂わす心配がありません。

    石鹸ハンドソープを使って手洗いをすることで、石鹸素地の殺菌効果によって手の雑菌を除去し、子供が細菌やウイルスに感染するのを防ぐことができます。

    また、アトピーなどの皮膚疾患のある子供が使用することで、症状の悪化を予防する効果もあります。

    合成界面活性剤入りハンドソープは、手洗いをするたびに必要な皮脂を取り除いてしまいます。

    そのため、手荒れがひどくなり症状を悪化させてしまいます。

    しかし、石鹸ハンドソープは合成成分が無添加なのでその心配がありません。
  • 無添加石鹸ハンドソープの見分け方

  • 無添加石鹸ハンドソープの見分け方
  • 合成界面活性剤を使ったハンドソープが数多く販売されている中、子供が安心して使用できる無添加石鹸ハンドソープだけを見分けるには、どこに注目すると良いのでしょうか?

    無添加石鹸ハンドソープを見分けるには、原材料をチェックするのが最も有効です。

    一般的なハンドソープには、洗浄成分となる界面活性剤の他、ポンプから出した際に清潔感を感じさせるため、着色料を使用していることが多いです。

    例えば、桃の香りではうすいピンク色に、ライムの香りではうすいグリーンのように、香りに合った着色料を加えている場合があります。

    しかし、泡立ててしまえばその色も無くなってしまうため、手洗いには全く必要のないものです。

    また、洗い上がりには手に心地良い香りが残るよう、合成香料を加えているものも多いです。

    香りが残るということは、合成成分が手に付着しているということになります。

    香りの残る手で食事をするのは、食事の風味を変えてしまうことにもなるため、必要のない成分です。

    無添加石鹸ハンドソープは、石鹸素地と水のみのシンプルな原料となっており、合成添加物は一切使用していません。

    石鹸ハンドソープだと最も分かりやすいのは、界面活性剤に何を使用しているかを確認することです。

    この無添加ハンドソープの界面活性剤は「石鹸」であり、原材料名には「カリ石鹸素地」と書かれているものを選びます。

    液体石鹸は、植物などから抽出した脂肪酸を水酸化カリウムで煮ることで作られ、脂肪酸カリウムという成分になります。

    これは別名「カリ石鹸」と呼ばれる成分で、この無添加ハンドソープの原材料にはこの名称で記載されていることが多いです。

    また、石鹸の液性は弱アルカリ性です。

    ハンドソープの中には肌に近い弱酸性のものも登場しており、子供にも使用できるなどと謳っていますが、それは無添加石鹸ハンドソープではありません。

    無添加ハンドソープの中には、洗い上がりのしっとり感を得られるよう、保湿効果のある成分を配合しているものもありますが、その成分も植物などから抽出したエキスとなっています。
  • 無添加石鹸ハンドソープのメリット

  • 無添加石鹸ハンドソープのメリット
  • 無添加石鹸ハンドソープを使用することで得られるメリットはいくつもあります。

    1つは「手の乾燥を防ぐことができる」ことです。

    合成界面活性剤などを一切使用していないため、肌への刺激が少なく、バリア機能を保つ皮脂や常在菌を残しつつ、汚れを落としていきます。

    そのため、肌のバリア機能が保たれ乾燥を効果的に防ぎます。

    2つ目は「手荒れを改善できる」ことです。

    刺激が強い成分を一切使用していないほか、製品によっては保湿効果を持つ植物エキスを配合しているものもあります。

    ハンドソープでやさしく洗いながら、保湿成分が洗い上がりのツッパリ感を防いでくれるため、手荒れを悪化させることがありません。

    そのため、徐々に手荒れを改善させていくことができます。

    子供は手を汚すことが多いため、大人よりも手洗いをする回数が多くなります。

    手荒れを起こしている場合、刺激の強いハンドソープを使うと症状を悪化させ、あかぎれなどを作ってしまう可能性が高いです。

    あかぎれなどができると痛いですし、そこからバイ菌が入ってしまうことも考えられます。

    無添加のハンドソープを使うことで、子供に起こりがちな危険性も回避することができます。

    3つ目は「環境汚染を防止できる」ことです。

    生活排水による環境破壊によって、多くの生態系が崩れたほか、水質汚染など深刻な問題を引き起こしています。

    私達の生活環境を守っていくためには、できることから始めていくことが大切であり、生活排水を汚さないことも一つの手段です。

    このハンドソープは、排水されても自然に還るため川や海の水を汚すことがありません。

    地球規模でみると、ハンドソープを無添加の石けん素地のものに替えるという、ごく小さな行為ですが、行っていることは小さくても続けていくことで、その環境汚染を抑制して現状を維持していくことができます。

    このように、ハンドソープを無添加の石鹸タイプに変えることで、多くのメリットを得ることができ、子供さんの手も守っていくことができます。
  • 石鹸ハンドソープで注意するべきこと

  • 石鹸ハンドソープで注意するべきこと
  • 石鹸ハンドソープを使用するうえで、注意したいことがいくつかあります。

    1つは、「ハンドソープが薄まると洗浄力が下がる」ことです。

    石鹸の洗浄力を高めるためには、一定の濃度が必要です。

    手洗いをする際、特に汚れがひどい場合には手に付ける水の量を調節しましょう。

    水が多いと、界面活性剤が包み込んだ汚れを放してしまうからです。

    2つ目は「酸性によって中和されてしまう」ことです。

    このハンドソープの液性は弱アルカリ性です。そのため、酸性のものと出会うと中和されてしまい洗浄力が無くなってしまいます。

    子供の場合、手に食べ物や飲み物が付くことが多いです。

    特に、柑橘類などの果汁やマヨネーズ、ケチャップなどが付いた場合には、初めに水で洗い流してからハンドソープを使用するように注意しましょう。

    3つ目は、「冷水では脂肪酸が溶けにくい」ことです。

    このハンドソープの原料には脂肪酸という成分が配合されていますが、この脂肪酸は植物や動物の油脂の成分です。

    脂肪酸は20度以下の冷水では溶けにくいという性質があり、冷たい水では洗浄効果を十分に得られない可能性があります。

    また、脂肪酸の原料によっては、40度~50度のお湯でないと溶けないものもあります。

    従って、手洗いの際には、ぬるま湯程度の温度で洗うように心がけると、効果的に汚れを落とすことができます。

    4つ目は、「品質をしっかりとチェックする」ことです。

    石鹸ハンドソープの原料となる脂肪酸は、とても不安定な成分で、そのまま放置しておくと酸化して腐ってしまいます。

    そのため、一般的なハンドソープには腐敗防止のために防腐剤を配合しているのです。

    無添加のハンドソープでも、粗悪な品質のものを使っていると酸化して腐敗する可能性があります。

    高品質のハンドソープでは、脂肪酸が新鮮なうちに水素を添加して、酸化による腐敗が進まないような処理を施してあります。

    こうすることで、洗浄力を保ったままの安定したハンドソープを使用することができます。

    高品質のハンドソープを選ぶ際には、石鹸製品をと製造しているメーカーの公式サイトから購入すると良いでしょう。
  • おすすめの石鹸ハンドソープをご紹介!

  • おすすめの石鹸ハンドソープをご紹介!

    出典: www.shabon.com

  • ここでは、高品質の石鹸ハンドソープをいくつかご紹介します。


    【MIYOSHI 無添加せっけん泡のハンドソープ350mL】

    このハンドソープは、原材料は水とカリ石鹸素地の2つという、シンプルな高品質製品です。

    合成界面活性剤や香料、着色料、防腐剤を一切配合していませんが、一貫した徹底管理のもとで製造されているため、合成界面活性剤や防腐剤なしでも十分な洗浄能力と品質が保たれています。

    泡で出てくるボトルなので、子供さんでも簡単に手洗いができ、アレルギーテスト済みなので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

    内容量は350mlで、価格は450円(税抜き)となっています。


    【シャボン玉石けん 手洗いせっけんバブルガード 本体】

    このハンドソープは、水とカリ石ケン素地の2点のみで作られていますが、製造までには1週間かかります。

    メーカーでは、天然油脂の釜炊き製法という昔ながらの製法を守って、良いものをじっくりと時間を掛けて作っています。

    そのため、高い洗浄力と殺菌力を持ちながら、肌にはやさしいハンドソープになっています。

    泡で出てくるボトルなので、子供さんでも十分な泡が作れ、簡単に手洗いができます。

    合成界面活性剤、抗菌剤、酸化防止剤、色素、香料は無添加です。

    内容量は300ml、価格は648円です。インターネットでは500円以下で購入することもできます。


    【石けん百貨 液体せっけん】

    この液体せっけんは、全身に使用できるものでハンドソープとしても最適です。

    原材料は、水・カリ石鹸素地・グリセリンの3つのみです。

    天然保湿成分のグリセリンが配合されているので、洗い上がりの乾燥も効果的に防ぐことができます。

    泡で出るボトルに入れることで、子供さんの簡単に手洗いができます。

    また、このボトルを使用する際には、製品と蒸留水を1:1の割合で希釈してから使用します。

    内容量は1500ml、価格は1,026円です。

    他にも無添加の石鹸ハンドソープはいくつかあるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。"
子供の手をやさしく洗う無添加の石鹸ハンドソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事