いつもの歯磨きにコレを加えるだけ!歯の黄ばみサヨウナラ

いつもの歯磨きにコレを加えるだけ!歯の黄ばみサヨウナラ

Thumb?1414295452 muah♪さん

608

毎朝鏡の前で笑顔を作っては、ため息。どんなに歯磨きしても歯の黄ばみが取れない。そんな悩みを抱えている女性は案外多いのです。口元が気になり、笑顔やおしゃべり、会食さえ苦手となっていく。このまま人とコミュニケーションがとれなくなるのでは。ホワイトニングを実践し、そんな悩みを早く解消しましょう。


  • 歯の黄ばみは何故起きる?

  • 歯の黄ばみは何故起きる?
  • 歯が変色する原因の多くは、ステインと呼ばれる着色によるもの。コーヒーや紅茶など色が濃く、渋みのある飲料。湯のみの茶渋汚れを想像すると分かりやすいですね。またカレーやブルーベリーなど着色される食べ物。洋服に飛んだカレーのあとを消すのは一苦労です。そしてタバコのヤニによるもの。部屋の壁紙が茶色くなっていませんか。同じような生活習慣なのに、黄ばみが目立たない人もいます。表面がザラザラで傷が多い歯は、着色汚れが付きやすいのです。また口呼吸で表面が乾いた歯にも、汚れがこびりつくのです。
  • ホワイトニングって自意識過剰?

  • ホワイトニングって自意識過剰?
  • 歯が白いことはとても美しいことです。容姿も重要な芸能人は、きれいにホワイトニングしています。日本では馴染みがあまりないため、関係ないと思っていませんか。ホワイトニングは特別な職業に付く人のものと。アメリカやスウェーデンなど、他の先進国では歯への意識がとても高いです。デンタルフロスの使用は当たり前に行われています。定期的なクリーニングへは、8割以上が行っているとのこと。日本の歯科医のイメージは、虫歯治療の恐怖の場所。痛くなったら通う場所でした。今では定期検診やクリーニングを行っている歯科医がほとんどです。審美に力を入れている歯科医もあります。歯を大切にすることは、心身の健康に深く関わることなのです。
  • ホワイトニングの3つの方法

  • ホワイトニングの3つの方法
  • 歯の黄ばみを除去するホワイトニングには、3つの方法があります。

    1.ホワイトニング用の歯磨き粉を使う
    今使っている歯磨き粉はどんなものですか。300円前後のものでしょうか。ホワイトニング用の歯磨き粉を市販で手に入れることができます。価格は1,000円〜3,000円ですが、気軽に始められるホワイトニングです。

    2.歯の消しゴムを使う
    ドラッグストアでも手に入る歯の消しゴム。平らなものや先が尖っているものなど形も種類も豊富。電動式の消しゴムもあり、価格は400円〜2,000円程度です。最も注意することは、削りすぎないこと。歯のエナメル質を傷つけると、着色や虫歯の原因になります。

    3.歯科医でホワイトニングを行う
    一番のオススメは歯科医で行うホワイトニングです。自力で取るのが難しいステイン、ヤニなどにも効果的。歯科医のホワイトニングは2種類あります。まずは、オフィスホワイトニング。毎回歯科医で行います。治療費は一本あたり数千円〜。一度の治療で効果が出て、3ヶ月から半年間維持します。次に、ホームホワイトニング。歯科医で自分専用のマウスピースを作り、自宅で行います。薬剤の量によって1万円〜5万円ほど。効果は1年〜2年続きます。

    (参照)歯医者が教える歯のブログ
    http://hanoblog.com/category/whitening
  • 笑顔に自信アリ

  • 市販でホワイトニング剤を手に入れ、簡単に始めるもよし。歯科医で検診を兼ねてホワイトニングを行うもよし。歯が不健康であることは、心も体にも悪影響を及ぼします。歯をキレイにし、心身ともに元気になって下さい。
いつもの歯磨きにコレを加えるだけ!歯の黄ばみサヨウナラ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事