歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみの原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

338

人と顔を合わせて話をする際に口元、特に相手の歯が気になりませんか?同じように相手も自分の歯を見ているかもしれないと思うとどきっとしてしまいます。歯を綺麗に保つために皆さんが行っているのは主に歯磨きでしょう。しかし、毎日歯磨きをしていても歯が黄ばんでしまっていませんか。黄ばんでしまった歯は白い歯と比べ、清潔感がなく不健康そうに見えてしまいます。誰もが歯は白く美しい状態でいたいと思うのではないでしょうか。


  • 歯の黄ばみの原因は大きく分けて二種類有ります。外側からの着色と内側からの変色です。外側からの着色は、主にカレー、コーヒー、紅茶やワイン、煙草のヤニなど食品や嗜好品を摂取する事によって起こります。歯の表面についた汚れの事をステインと言います。着色汚れを防ぐにはしっかりと歯を磨くことが大切です。特に着色しやすい食品や嗜好品を取った後は、すぐに歯磨きをするようにして下さい。研磨剤入りのハミガキ粉を使うのも良いと思います。しかし、研磨剤入りのハミガキ粉を使う際に強く擦りすぎると歯に小さなキズが出来てしまいます。歯の表面のエナメル質にキズがついてしまうと、その部分にステインが付きやすくなってしまいます。ですから研磨剤入りのハミガキ粉は毎日使わず、汚れが気になった時に止めておく方が良さそうです。
  • 内側からの黄ばみの原因は、歯の内側の象牙質という組織が老化し、年々クリーム色が濃くなってくる事で起こります。これは歯磨きだけで予防・改善することが出来ません。
    歯のホワイトニングについて
    歯の黄ばみが気になっていても歯磨きで改善が難しい場合、歯科に相談するとホワイトニングという処置を受けることが出来ます。オフィスホワイトニングと言われる歯科医院でプロの手によって行われるホワイトニング方法と、ホームホワイトニングと言われるご自宅で自分自身行うホワイトニング方法になります。歯のホワイトニングは内側からの黄ばみ、外側からの黄ばみの双方に効果が有ります。オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光をあてることで着色した色素を分解し、歯を白くしてくれるものです。一回の処置で大きな効果が期待されるホワイトニング方法になります。対してホームホワイトニングは安全の為に比較的低い濃度の薬剤を用い歯を白くする方法になります。時間をかけてじっくりと漂白を行いますので、効果が現れるまで2週間くらいかかりますが、効果は長続きするものです。何れのホワイトニングを行った場合も、処置後数日は着色の原因となる食べ物、飲み物を避けるようにすると効果が長続きします。ご自宅で歯磨きによるケアだけでは歯の黄ばみが気になるようでしたら歯科に相談し、ホワイトニングすると笑顔に自信が持てるのではないでしょうか。
歯の黄ばみの原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事