食べて復活!食生活で働きたくない病を治す4つの食べ物

食べて復活!食生活で働きたくない病を治す4つの食べ物

Thumb?1414295452 muah♪さん

3404

人間、生活を続けていくためには仕事をして働かなくてはいけません。
しかし、「働くのが嫌だ」「仕事を続けられない」と考える人「働きたくない病」を持つ人たちは大勢います。
多くの人たちは何らかの悩みを抱えながら働きますが、無理をすると体や心を壊してしまいます。
今回は、そんな働きたくない病を食生活から改善すべく、働きたくない原因と、その対処法のための食べ物を4種類ご紹介いたします。
どうせ働くのであれば、美味しく効果的な食べ物で元気を出し、少しでも楽に働いてみませんか?


  • ストレスを抱えていると感じたら

  • ストレスを抱えていると感じたら
  • 私生活・職場を問わず、ストレスが原因で働きたくない場合は多々存在します。
    私たちが働く上で起こる書類のミスや言い間違い・聞き間違い、人間関係の悪化など、少なからずストレスが関係しています。
    こんなときは、肉料理や魚料理に、フルーツを追加してみましょう。
    例えばレバニラ炒めとイチゴのホイップがけ、イワシの煮付けとキウイフルーツなど。
    ストレスの際に起こるイライラを肉料理や魚料理の持つビタミンB1やカルシウムが抑え、フルーツのビタミンCがイライラや不安を抑えるホルモンを分泌してくれます。
    また、大好物を食べすぎない程度に食べることも、ストレス解消につながります。
  • 面倒くさい、やる気がないというマイナス思考には

  • 面倒くさい、やる気がないというマイナス思考には
  • なんとなく面倒だ、仕事をする気がない、というマイナス思考も仕事を阻害します。
    軽度ならばいずれ安定を取り戻しますが、長期化した場合うつ病になることもあり、決して軽く見ることはできません。
    こういったときには、バナナシェイクをおすすめします。
    バナナ1本と牛乳(豆乳)を150ml、好みで砂糖やハチミツ、オリゴ糖などを加えます。
    ミキサーをお持ちの方はこれらを全て混ぜ、なければポリ袋に入れてシェイクしましょう。
    果物の王様バナナはうつ病に効く栄養素を持っており、それらの成分の効果を、これまた栄養価の高い牛乳が後押ししてくれます。
  • 人間関係や環境に難があると感じたら

  • 人間関係や環境に難があると感じたら
  • 人間関係は働きたくない病の大きな原因となります。
    セクハラやモラハラ、嫌な上司や生意気な部下など、どうしても分かり合えない人というのは必ず存在します。
    そんなときには、チョコレートやココアを摂取して精神を落ち着かせましょう。
    強力な抗菌作用をもつ「カカオポリフェノール」と、リラックス効果のある「テオプロミン」が、人間関係に疲れた心を癒してくれます。
    チョコレートはカカオ70%以上の、高カカオのものが特におすすめです。
  • 自信が持てないあなたには

  • 自信が持てないあなたには
  • 自分に自信が無いときも、仕事をする気を失わせてしまいます。
    こんなときには、嬉しい効果がたくさんの梅干しを食べ、そのパワーを実感しましょう。
    梅干しに含まれるクエン酸は、中性脂肪を蓄えない作用があり、なおかつ疲労回復や殺菌、血糖値を下げたり胃がん予防をするなど、あらゆる面で優れた栄養素です。
    また、仕事で自信を持てないときには、何かしら料理をしてみるのも気分転換になります。
    料理を作って気分を落ち着かせ、ちょこんと梅干しを添えれば、自信のなさを解消できますよ。
食べて復活!食生活で働きたくない病を治す4つの食べ物
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事