左側の痛みは便秘の可能性があり腰痛の原因になる

左側の痛みは便秘の可能性があり腰痛の原因になる

Thumb?1414295452 muah♪さん

7201

体調がよくないというのは、だれにとっても嫌なものですが、女に多い悩みといえば、便秘ではないでしょうか。
2日や3日でないのは当たり前というには聞いてみると結構いますし、それに慣れてしまっていてそれが普通の感覚と思っている人も多いようです。内科医に聞いてみても、毎日でないから便秘というわけでなく2日くらいの間隔できちんとでればそこで大きな問題はないという見解もあります。


  • 出典: instagram.com

  • ただ、それには注意が必要です。慢性的に違和感や痛みがある場合です。とくに体の左側の下の部分の違和感や痛みがあるときは注意が必要です、左の腰の部分や左のおなかの痛みというのは便秘の可能性が高いですし腰痛の原因になることがあるのです。ちょうど便がたまる場所というのは大腸の左側部分、女性の子宮がある少し上ぐらいの場合がたまりやすい場所ですがそこに便がたまっていくと、便だけでなくガスがたまったりしますし、腰を圧迫して痛みを感じることがあります。腰というのはどんな動作をするのも使う場所ですから、いつも腰痛を感じるのは、日常生活にも影響がでてしまいますし、憂鬱な気分になってしまいます。
  • 出典: instagram.com

  • いつものことだから気にしないと思わないで、便通をよくする努力をしたほうがいいのです。便通が良くなった途端に腰痛がなくなってしまったという例もありますが、これこそ腰痛の原因がとりのぞかれたからにほかなりません。
  • 出典: instagram.com

  • また、便通をよくしたほうがいいのは、別の意味もあります。便秘が腰痛の原因になることは勿論ですが、便通をほうっておくと体全体に悪影響を与えてしまうことになります。腸に便がたまることによって、毒素もたまってしまいますから、知らず知らずのうちに体に活性酸素がたまるという事態を引き起こします。そうなると体が酸化してしまい、サビていく状態になります。これが老化につながっていきます。さらに血液中に毒素がはいることで、心筋梗塞とか、重篤な病気をひき起こすリスクが高まります。
  • また便秘の人は便通がいい人に比べて大腸がんになるリスクが高いとも言われていています。ですからそういったリスクを減らすためにも便通をよくする努力はしたほうがいいです。そのために普段から、適度な運動をして腸を動かすようにしたり、食生活を見直す、たとえば発酵食品や酵素を取り入れたものにしていくとか、ストレス解消をしてくよくよしないなども、人の健康には必要なことなのです。とくに便通にいいとされるのは、おなかの左側をマッサージしたり意識的に動かすことがいいようです。
左側の痛みは便秘の可能性があり腰痛の原因になる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事