左腰の痛みや足のむくみは病気が原因の可能性も

左腰の痛みや足のむくみは病気が原因の可能性も

Thumb?1414295452 muah♪さん

16272

左腰の痛みが気になる場合には、まずは内臓疾患を疑わなければなりません。たとえば、左側だけということを考えると、腎臓疾患の可能性もあります。腎臓は体内の血液をろ過して尿を作り出すという大事な役割を担っていますが、疾患があると左腰の痛みの他に発熱や疲労感、吐き気を感じることもあります。


  • 左側にだけ痛みが出ている場合、要注意です

  • 左側にだけ痛みが出ている場合、要注意です
  • 出典: instagram.com

  • 左腰の痛みが気になる場合には、まずは内臓疾患を疑わなければなりません。
    たとえば、左側だけということを考えると、腎臓疾患の可能性もあります。
    腎臓は体内の血液をろ過して尿を作り出すという大事な役割を担っていますが、疾患があると左腰の痛みの他に発熱や疲労感、吐き気を感じることもあります。
    病気というほどではなく、むくみが関係しているケースもあります。
    この場合どちらが先かというと足のむくみが最初に表れ、その後腰の痛みを伴うようになります。
    腰を支える筋肉に左右差が生じることが要因として考えられますが、自覚できるほどの差ではないことがほとんどですので、気付かないで過ごしてしまうことも多々あります。
  • 左腰の痛みや足のむくみがある場合には腎臓の不調を疑いましょう

  • 左腰の痛みや足のむくみがある場合には腎臓の不調を疑いましょう

    出典: instagram.com

  • 左腰の痛みに足のむくみを伴う場合、病気として疑いたいのはやはり腎臓の不調です。
    発熱や疲労感の他に血尿等の特徴的な症状もあります。
    その他、尿管結石の可能性もあります。
    この場合の痛みはとても激しく、けいれんを伴うことも少なくありません。吐き気や悪寒、発熱等の症状もあります。
    また、腫瘍が骨に転移した場合も同じように左腰の痛みを感じます。
    過去にがん治療を経験している場合にはまず最初に心配しなければならない病気ですので、すぐに診察を受ける必要があります。
    特徴的なこととしては、骨がもろくなって骨折しやすくなります。
  • 骨盤の高さや股関節が非対称な場合にも足にむくみがでることが

  • 骨盤の高さや股関節が非対称な場合にも足にむくみがでることが

    出典: instagram.com

  • 重篤な病気以外で心配のないケースとしては、腰を支える筋肉に左右差が生じて骨盤の高さや股関節の位置が対象でなくなる場合があります。
    バランスが崩れると重心が崩れ、血流のポンプの役割を果たすふくらはぎに大きな負担をかけることになります。その結果、足のむくみが表れるようになります。

  • 自己判断せずにすぐに受診することも大切です

  • 腰の筋肉が原因の場合には、まずは骨盤の高さや股関節の位置を調節するためのケアを始めなければなりません。それと同時に、むくみを解消するためのマッサージ法や生活習慣の改善にも気を配ることが大切です。
    少し歩いただけでも足がつってしまったり、すぐにだるくなるという場合にはバランスが崩れている可能性が高くなります。
    どちらも血行を改善することで一時的に良くなりますが、骨盤や股関節に問題があるケースではそのずれを治さないと根本的な解決にはつながりません。

    病気が心配される場合には、自己判断せずにすぐに受診することが大切です。
    それぞれの病気には腰痛の他にも特徴的な症状がありますので、他にどのような自覚症状があるのかを整理してから受診するとスムーズです。
左腰の痛みや足のむくみは病気が原因の可能性も
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事