毎月の痛み、なんとかしたい!排卵期に左側にだけあらわれる腰痛の原因とは

毎月の痛み、なんとかしたい!排卵期に左側にだけあらわれる腰痛の原因とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

18887

生理そのものもPMS症状が出たりして憂鬱になりやすいですが、排卵時期はいろんな症状が出てくることがあります。
排卵痛は1か月に1度卵子が入っている卵胞が破けるために起きます。
痛みは破ける数日前から破けた後も感じることがあります。
その一つが左腰の痛みです。


  • 左腰の痛みは排卵痛かも

  • 左腰の痛みは排卵痛かも
  • 生理そのものもPMS症状が出たりして憂鬱になりやすいですが、排卵時期はいろんな症状が出てくることがあります。
    排卵痛は1か月に1度卵子が入っている卵胞が破けるために起きます。
    痛みは破ける数日前から破けた後も感じることがあります。
    その一つが左腰の痛みです。

    左腰の痛みなど腰痛が起きるのは出産した方に多いといわれています。
    これは出産によって骨盤がゆがんでしまっていることが原因です。
    骨盤のゆがみは左腰の痛みだけではなく、卵巣の働きも悪くしてしまうことがあります。
    卵巣の働きが悪くなるとホルモンバランスが崩れてしまうため、腰痛が出てきます。

    左腰という例えを出しましたが、逆に右に来る方もいます。
    排卵時は腰全体というよりも片側の痛みということが多いようです。
  • 早めの治療が肝心

  • 早めの治療が肝心

    出典: instagram.com

  • 排卵痛には個人差があり、卵巣は2つありますから右側だけ痛い人、左側だけ痛い人と分かれることがあるのです。
    痛みは数十分でおさまる方もいますし、数日間も続いてしまう方もいます。
    ただあまりに痛みがひどい場合は卵巣が腫れていたり、子宮内膜症やクラミジアに感染している恐れもありますから病院で検査してもらうほうが良いでしょう。癒着してしまっていることもあります。
    早めに治療しておかなければ卵管炎になってしまうことがありますから注意しましょう。
    卵管炎になってしまうと不妊症の原因になりかねません。
    子宮内膜症も同じく不妊症の原因となります。

    ただしきちんと治療を行えば妊娠できる確率はアップしますから、早めの治療が大切なのです。
    これくらいなら大丈夫と考えず、不安がよぎったらすぐにでも診察を受けるのが良いです。

    また、痛みはないけれど不安…という場合は、まずは郵送でチェックしてみるのもひとつの手です。
    最近は、郵送でしかも匿名で検査できるので利用してみるとよいですね。






  • 自分のカラダのことを知るために

  • 自分のカラダのことを知るために

    出典: instagram.com

  • 排卵日の前後になると、おりものの様子が変わります。
    臭いがなくなり、生卵の白身に近い透明なものに変化するのです。
    一般的に排卵は生理開始日から2週間後といわれていますから、基礎体温を測りつつ、その時期を見極められるようにしておけば痛みに対してもある程度心の準備ができます。
    今時は便利なもので、その日を知ることができるチェッカーも市販されています。



    カンタンに基礎体温を測るグッツを利用して自分の体のことを知るために利用してみるのは良いです。

    痛みの強さも個人差があるので、ある人は日常生活にそれほど影響はないけれど、ある人は痛みが強めで毎月体調が悪いという感じです。
    痛みがあると気持ちも暗くなりがちですが、リラックスできる方法を見つけて少しでも痛みの感じ方を和らげるようにしておくといいでしょう。
毎月の痛み、なんとかしたい!排卵期に左側にだけあらわれる腰痛の原因とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事