左腰の痛みによる吐き気は内臓の不調のシグナル

左腰の痛みによる吐き気は内臓の不調のシグナル

Thumb?1414295452 muah♪さん

5935

人間の体が正常に機能するには、体の中の様々な器官が機能しているからです。
しかし、年齢による老化や、病気などによる影響によって、こうした各部の機能が低下したり、正常に働くなったりすることがあります。
こうした症状を放置しておくと、さらに深刻な疾病につながることもあるため、体が出す異常を示すシグナルにより早く気づくことが大切です、
こうした体の出すシグナルで最もわかりやすいものが痛みです。
痛みの箇所やその程度、どのくらいの痛さなのかによっても体に起こっている異常をある程度判断することが可能です。


  • 出典: instagram.com

  • 腰の痛みは、多くの人が一度は経験するものですが、その原因は実に多様な物があります。
    非常にポピュラーで、一般的な原因としては、長時間椅子に座っていたり、車や電車などで同じ姿勢を続けていた、あるいは重いものを持ったなど、腰や周囲の筋肉に大きな負担がかかった事が挙げられます。
    こうした種類の痛みは、安静にしていれば自然に治癒するもので、あるいは湿布やマッサージなどで痛みが軽減することもあります。
    しかし、こうした直接的な原因ではない腰の痛みも存在しており、思わぬ箇所の異常を示していることもあります。
  • 出典: instagram.com

  • 例えば、左腰の痛みを感じて、安静にしていても中々痛みが取れないという場合には、内蔵や消化器の異常の兆候が考えられます。
    左腰の痛みが発生する原因として、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった症状が挙げられます。
    単に左腰の痛みだけでなく、背中にかけて痛みがあったり、食前の空腹時や食後に痛みを感じるということがあるならば、これらの潰瘍を患っている可能性が高くなります。
    また、特徴的な兆候としては、吐き気をもよおしたり、胸やけやゲップ、食欲がなくなるという状態も挙げられます。
    ひどい状態になると、吐き気と共に吐血したり、排便が黒くなるなど、下血の症状が現れることもあります。
    こうなると、痛みもひどい状態になることが多いので、適切な対処をとることが必要になります。

  • 出典: instagram.com

  • こうした原因のはっきりしない腰痛や、吐き気、またその症状がいつまでたっても改善しないというときには、素人判断で市販薬などを使用するのは決して良い方法とは言えません。
    適切な対処方法がわからない、あるいは症状がどんどん悪化しているというときは、すぐに専門の医師に診察してもらうのが最も確実な方法です。
    こうした潰瘍は、早期に対処すればそれ以上病状が悪化することも防ぐことができるので、気になる症状が現れた時には速やかに信頼できる医療機関を受診するのが有効です。

左腰の痛みによる吐き気は内臓の不調のシグナル
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事