左の腰が痛いときにはヘルニアを疑うようにしましょう

左の腰が痛いときにはヘルニアを疑うようにしましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

283

生活習慣によっては、年齢を重ねることによって発症する病気もあります。特にヘルニアは腰に関する重大な病気なので、腰痛をもっていないひともこの病気のことについて知っておくといいでしょう。腰が悪い人がかかりやすいですが、生活習慣によっては、腰が悪くない人でもかかってしまう病気です。


  • 出典: instagram.com

  • 情報化社会となった現代では、パソコンを長時間することが多くなっています。また、スマートフォンをするときには自然と前傾姿勢になってしまう傾向にあります。こうしたことから、意識をしないと多くの人は姿勢が悪くなっていくのです。姿勢が悪い状態を長期間つづけることによって、腰に負担がかかってしまいます。これを解消するためには、常に姿勢について意識を持つことが必要です。食事をとるときにもできるかぎり正座をするといいでしょう。

  • 出典: instagram.com

  • ヘルニアの症状として、左の腰が痛い人がいます。左の腰が痛い人は椎間板ヘルニアで左の神経が圧迫されていることが考えられます。腰が悪いときには、どちらが悪いかを把握しておくといいでしょう。また、事前に予防をしておくのがいいです。症状がではじめてから改善をしようとしても難しい場合があるからです。健康な状態のときから、ヘルニアにかからないように注意しておきましょう。
  • 出典: instagram.com

  • 対処法としてはいろいろな方法があります。症状が重くなっている人は、病院にいって意思の支持に従うといいでしょう。常日頃からストレッチをしたり、整体に通って体のケアをするといいでしょう。このほかの方法としては、運動を定期的に行うのも効果的です。個人として、手軽にできるのは腹筋を鍛えることです。正しい方法で腹筋をして鍛えることによって、ヘルニアになりにくい身体を作ることができるのです。
  • 左の腰が痛いと感じ始めたひとは、まずは病院にいくのがいいでしょう。そのほかのことでできることは、予防を心がけることです。今は腰が痛くない人でも生活の仕方によっては、腰痛になることがあります。ヘルニアが発症することがあるので、日ごろから予防をしましょう。発祥してしまうと手術を考える人もいるようですが、自然治癒をするケースもあります。手足の痺れや生活ができないくらいの症状のときには、手術をするのがいいでしょう。初期症状がかるいときに対処をしないと、大きな手術をしなければいけないこともあります。症状がではじめたら、病院にいくといいでしょう。腰痛は現代人がかかえるおおきな問題なので、向き合うことが大切です。

左の腰が痛いときにはヘルニアを疑うようにしましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事