左の腰が痛い人は寝方だけでなく環境も大切に

左の腰が痛い人は寝方だけでなく環境も大切に

Thumb?1414295452 muah♪さん

429

睡眠時のスタイルは、人それぞれに個性があります。大の字で寝ているのは、心も身体も健康と、昔から言われています。しかし、誰もが大の字で睡眠をとっているわけではありません。よくあるケースは、横を向いて眠るパターンです。左の腰が痛い人であれば、左側に負担をかけない寝方を心がけているかもしれません。東洋医学から見たとき、横を向いて睡眠をとるのが、正しい姿勢とした認識もあると言われています。


  • 出典: instagram.com

  • 左の腰が痛い人にとって、横向きで痛みをカバーするように眠るのは、東洋医学的にも良い事なのかもしれません。左の腰が痛いのは、普段の寝方が原因なのか、ほかにも何かあるのか、そもそもの原因を知っておく事も必要です。腰痛というのは、血行であったり、骨格であったり、目に見てすぐにはわからない、何かの障害が発生している可能性があります。もしも筋肉が引き金となっているときには、筋肉自体が疲れて、筋力が通常より、低下した状態になっています。普段から体を動かす習慣のない人や、身体が硬い人なども、身体を動かすという行為自体に負担がかかる事があるのです。そして、腰痛にもつながります。筋肉が原因となる場合、筋肉の疲労を改善してあげる必要も出てきます。
  • 出典: instagram.com

  • 普段から簡単案ストレッチをしたり、ダイレクトに腰痛体操をするのも良いです。普段からの、筋肉をほぐす習慣も大事です。お風呂に入って疲労感をスッキリと取る事も、腰痛の原因を取り去る対策となります。血行不良であれば、運動をする機会が少ないですとか、太りすぎ、女性であれば下着がきつすぎることもあります。改善していくのも、必要になってくるでしょう。左の腰が痛いというのにも、何か原因があるはずです。寝方を直していく事も大切ですが、最初に腰が痛くなった原因は何か、知っておく事も大切なことです。左の腰が痛いといっても、人は寝ているあいだは、数回の願いりも打ちます。ですから、寝返りを打つのにも快適な状態にしておく事も、対策となるでしょう。眠るための寝床に関して、硬いほうがいいとも言われますが、バランスが大切です。
  • 出典: instagram.com

  • 硬すぎるのは腰にも負担がかかります。やわらかすぎる寝床では、腰が柔らかさで沈むので、これも腰に負担をかけることになります。適度な硬さのマットを選ぶのも大事です。睡眠時の寝方を、朝までキープするのは至難の業です。そのため、寝床の硬さや環境で、できる限りの対策をするのが良いでしょう。
左の腰が痛い人は寝方だけでなく環境も大切に
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事