左側だけ痛いのはなぜ?生理の時にあらわれる左腰の痛み…その原因とは

左側だけ痛いのはなぜ?生理の時にあらわれる左腰の痛み…その原因とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

34646

生理前になると、なんとなく腰が重くなって、腰痛も感じるようになるものです。
それは生理期間中も続いて、徐々に痛みも和らいでくることがほとんどでしょう。

それでも、片方だけ腰痛が激しいということであれば、少し不安にもなります。


  • 左側だけ腰の痛みを感じるのはなぜ?

  • 左側だけ腰の痛みを感じるのはなぜ?
  • 出典: instagram.com

  • 左側だけ腰の痛みを感じるなど、どちらか片方だけに痛みが偏っている場合は、もしかしたら卵巣で何かが起こっていることも考えられます。
    卵巣での何かのトラブルが、腰痛の原因になっている可能性があるということです。

    子宮は下腹部の真ん中あたりにあります。
    子宮の上の方には、卵管が左右に伸びています。
    それら卵管の先にあるのが、卵巣と言われる部分になります。
    この器官は、卵子を作る役目を果たしているところです。
    左側だけ起こる腰痛の原因として考えられるのは、子宮内膜症の疾患という可能性もあります。

    これらは、自己判断ではなく、必ず産婦人科を受診して、ドクターに判断してもらうことが大事です。
    子宮内膜症というのは、子宮の中に本来はできるべき組織が、その場所意外にできてしまうという病状をいいます。
  • 早めに産婦人科へ

  • 早めに産婦人科へ
  • 子宮内膜症である場合、片方の腰痛も感じますし、骨盤の近くが痛いと感じることもあります。
    また、お腹が張ったようになったり、お腹の下のほうが痛くなることも出てきます。
    市販薬で、一時的に痛みを抑えることもできますが、長期の利用は、あまりオススメではありません。
    こういった症状は、放っておくことで、余計症状が悪化してしまうことがあります。
    痛みが強くなっているのであれば、早めに産婦人科にかかることです。
  • 左側だけといった腰痛の原因

  • 左側だけといった腰痛の原因
  • チョコレート嚢胞というのは、子宮内膜と同様の組織が、卵巣にできてしまうことを指します。
    まるで、袋のような形状で、そこに生理の時順調に排出されるべき血液が溜まってしまうのです。
    これが原因となり、病気にもなってしまいます。
    卵巣にできるのが、チョコレート嚢胞の特徴でもあります。
    左側だけといった腰痛の原因になっている可能性も高く、ほかにも症状は出てきます。
    生理がひどくなったり、骨盤にも痛みを生じることがあります。
    卵巣は、卵子を作るという大切な器官です。
    卵巣にこういった疾患ができるのは、不妊になることも考えられるので、早めの対処が必要です。
    卵子を作るという順調であるサイクルが、乱れてしまいますし、機能自体が低下をするためです。
    生理の時の腰の痛みで、どちらか片方に痛みを強く感じるのであれば、こういった病気が起こるかもしれないことを理解して、病院に行くことも大事です。

    【関連動画】


    産前のプレママケア 「お腹のマッサージで生理痛ケア」

左側だけ痛いのはなぜ?生理の時にあらわれる左腰の痛み…その原因とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事