お腹が冷えると腹痛になるのはどうして?腹痛の原因

お腹が冷えると腹痛になるのはどうして?腹痛の原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

582

お腹が痛くなるからお腹を冷やしちゃダメだよ、と両親から子供の頃に言われた経験は誰にでもあるものです。ただ冷えるだけの話なのに、なぜ腹痛は発生してしまうのでしょうか。実はそこには、大きな理由があるのです。


  • 冷えにより発生する腹痛

  • 冷えにより発生する腹痛
  • お腹が痛くなるからお腹を冷やしちゃダメだよ、と両親から子供の頃に言われた経験は誰にでもあるものです。実際に、お腹を冷やしてしまい、下痢になってしまったという体験をしたことがある人も多いでしょう。ただ、そこで気になるのは、どうしてお腹を冷やすと腹痛になってしまうのか、ということです。ただ冷えるだけの話なのに、なぜ腹痛は発生してしまうのでしょうか。実はそこには、大きな理由があるのです。
  • 脳が冷えを感じ取り腸を活性化させる

  • 脳が冷えを感じ取り腸を活性化させる
  • 体にとって内臓というものは、とても大事なものです。
    どれか一つがなくなってしまっただけでも、命を落とす可能性があるため、私たちが持っている脳は、その異常をいち早く察知しようとします。

    内臓というものは基本的に温かいものです。
    私たちがいつも体温計で計る熱の温度よりも、実際にはもっと高い温度なのです。
    そして、そんな温度が高いはずのお腹、つまり腸が冷えてしまった。
    これは、体にとっては一大事のことなのです。

    お腹が冷えてしまったことを発見した脳は、このままじゃまずい、と判断し、急速にお腹を温めようとします。
    ただ、それは本来の行動ではありません。
    優しさのつもりで脳はやっているのですが、腸は突然の出来事に対してびっくりしてしまうのです。

    結果的に腸は体温を上げようとして激しく動きます。
    そしてそれが腹痛に繋がってしまうのです。
    お腹を急激に冷やしてしまうとこのような現象が起きてしまうため、充分に注意しておきましょう。
  • 冷えからくる腹痛に対する対策は?

  • 冷えからくる腹痛に対する対策は?
  • お腹が冷えることで発生してしまう腹痛を防止するためには、結局のところお腹を冷やさないようにするしか方法はありません。
    どうしてもお腹が冷えてしまうと脳はそのような反応をしてしまいます。
    それが自然なことですので、脳の働きを止めるわけにもいきませんので、冷えを防止するしかないのです。

    お腹は急激に冷えてしまうと、防御反応を起こしてしまいます。
    つまり、大切なのは急激にお腹を冷やさないことです。
    そのため、家の中でも腹巻などをしておくと、そのようなことはなくなるでしょう。
    また、温かいものを食べると、体の中から温まりますので効果的です。

    どうしてもお腹が冷えやすく、すぐに下痢になってしまうという人は、下痢止め薬のような薬に頼るのも一つの手です。
    誰もがお腹が冷えたら、腹痛が発生するとはいっても、やはりそこには個人差があります。
    腹痛になりやすい人は、すぐに痛くなってしまうので、そのような対策を取るしかありません。

    様々な対策がありますが、個人によって自分に合った対策というものが存在します。
    自分なりの方法を見つけ、腹痛にならないように努力をしましょう。
お腹が冷えると腹痛になるのはどうして?腹痛の原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事