日傘の紫外線対策にはUVカットスプレーが効果的

日傘の紫外線対策にはUVカットスプレーが効果的

Thumb?1414295452 muah♪さん

356

春先になり日差しが強くなってくるとシミや日焼けの原因となる紫外線が気になるものですが、こうした日には日傘を使えば、絶え間なく降り注ぐ日光を遮断して肌に直接当たる紫外線を大幅に減らせるので、日焼けやシミの発生を抑えることができます。こうしたときにお勧めなのが、布製品用のUVカットスプレーを吹き付けてお気に入りの傘に紫外線対策を施す方法です


  • スプレーで紫外線対策

  • スプレーで紫外線対策
  • 春先になり日差しが強くなってくるとシミや日焼けの原因となる紫外線が気になるものですが、こうした日には日傘を使えば、絶え間なく降り注ぐ日光を遮断して肌に直接当たる紫外線を大幅に減らせるので、日焼けやシミの発生を抑えることができます。
    とはいえ、日傘を使用していても布地のわずかな隙間から紫外線が漏れてしまうので、完全に肌に当たる紫外線をシャットアウトすることはできません。
    最近は、こうした問題点を改善して限りなく紫外線のカット率を高めたUVカット加工済みの日傘が販売されるようになりましたが、こうした製品は機能性重視でつくられていることが多いので、デザインが気に入らないという場合も少なくないでしょう。
    こうしたときにお勧めなのが、布製品用のUVカットスプレーを吹き付けてお気に入りの傘に紫外線対策を施す方法です。
  • 布にも使える

  • 布にも使える

    出典: instagram.com

  • 現在では、紫外線対策に有効な紫外線吸収剤(紫外線防止剤)や紫外線散乱剤(紫外線反射剤)などが配合された液剤を吹きつけられるUVカットスプレーが比較的リーズナブルな価格で販売されています。
    こうした製品は、紫外線による衣類やカーテンなどの退色を防ぐことを主な目的としていますが、UVカット加工とともに撥水加工が施せるタイプの製品も販売されているので、こうした製品を使用すれば手軽に自分のお気に入りの傘に紫外線対策を施すことが可能です。
    UVカットスプレーには布を傷めない安全性の高い成分のみが配合されているので、大切な傘でも安心して利用できますが、中には使用に適していない素材もあるので、自分の傘の布地の素材をよく確認してから利用しましょう。
    心配な場合には、まず目立たない場所に少量吹き付けて布に変色が生じないかなどをチェックした上で使用すると安心です。
    なお、最近は日傘の紫外線対策専用のスプレーも販売されており、こうした製品ならばより安心して利用できるのでお勧めです。
  • 併用して万全に

  • 併用して万全に
  • このように、夏の強力な日差しにも負けない万全な紫外線対策を日傘に施すには、UVカットスプレーを使用することが有効といえます。
    ただし、いくら紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を傘に吹き付けても、アスファルトに反射して降り注ぐ照り返しの光(紫外線)は防ぐことはできないので、日差しの強い日に外出するときには半袖やスカートなどで肌を露出する腕や脚などに日焼け止めをしっかりと塗って万全の紫外線対策をしておくことが大切です。
    また、布地に吹きつけた紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の効果は、使用頻度によりますが約2週間〜1ヶ月程度しか持続しないので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。
日傘の紫外線対策にはUVカットスプレーが効果的
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事