お尻を小さくする効果がある、日々のちょっとした習慣とは?

お尻を小さくする効果がある、日々のちょっとした習慣とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

98

お尻を小さくするには、さまざまなことに気をつけなければいけません。習慣的なマッサージや筋力トレーニングが効果的です。また水分の摂取や食事内容を意識することでもお尻を小さくする効果を得られます。座り仕事の場合は椅子の座り方にも気をつけることで、お尻が大きくなってしまうことを防ぎやすくなります。

  • 姿勢を正すことから始まる

  • 姿勢を正すことから始まる
  • お尻を小さくするためのファーストステップとして、必ず体の姿勢を良くしなければなりません。

    姿勢が悪いと、体の至るところが余計なお肉がついてしまう効果が及び、結果としてお尻やそれ以外の部分が大きくなってしまいます。まず、このマイナス効果を断ち切るために姿勢を正さなければなりません。

    特に注意しなければならない場面は、椅子に座るときです。椅子に座る際、足を組む、猫背になる、奥まで座らずもたれる等をしてしまうと、お尻を一番大きくしてしまう原因となってしまいます。だから、椅子に座る場合、綺麗に座ることを意識すると良いでしょう。

    この意識で座ることで、正しい姿勢となり、お尻を小さくする第一歩となります。
    立ち続ける場面でも同じです。片足に重心を置くなどで体が傾くと、全体のバランスが悪くなります。全体のバランスが悪くなれば、当然あらゆる部分のバランスが崩れてしまいます。その影響をお尻も受け、大きくなる原因となるので立ち方も注意しましょう。
  • お尻を習慣的にマッサージする

  • お尻を小さくするためには、お尻周りの循環機能を良くすることが欠かせません。だから、マッサージをすることでお尻の循環機能を良くし、少しずつお尻を小さくする効果を発揮します。

    マッサージする際、お尻だけでなく周りの筋肉もほぐすようにし、力を入れ過ぎないようにします。イメージとして、体の老廃物を流すようにマッサージすると効果的です。

    マッサージする上で、最も効果的なタイミングはお風呂上がりになります。お風呂に入り、体の柔軟性が高まっているので、そのタイミングを利用することで、マッサージ効果をさらに上げることができます。

    さらに、筋肉がほぐれているので、より老廃物が流れやすくなります。このことを考慮すると、毎日お風呂上がりにマッサージをする習慣を設けるとお尻が小さくなりやすいでしょう。

    注意として、マッサージを施しすぎると、揉み返しでお尻が痛くなる恐れがあります。そのため、力加減とマッサージ時間には気を使いましょう。
  • 水の摂取量を増やしてさらに循環させる

  • 体のあらゆる循環機能を手助けするのが『水』になります。水を飲むことで、体の老廃物を多く流し、循環機能を加速化させることができます。

    水の摂取量が少なければ、老廃物が流れにくくなり、いつまでも体に残ることになります。お尻が大きい原因の1つが脂肪なので、この脂肪もどんどん溜まって行きます。どれだけ対策を施しても、脂肪が流れなければ意味がないので、水の摂取は大切だと言えます。

    水は定期的に摂取し、体の循環させるイメージを持つと効果的です。食事だけでなく、喉が渇いたときだけでなく、一定時間毎に摂取することが大切です。

    そのため、トイレが近くなってしまいますが、これは体が水で綺麗にされ、循環している証明となるので、前向きに捉え、トイレの回数を増やすようにしましょう。

    このとき、我慢してしまうと体を壊す恐れがあるので、トイレには何度も行くことに抵抗を持ってはいけません。お尻だけでなく、体全体にも良い影響が及ぶので、健康を維持することに繋がります。
  • 筋肉トレーニングで代謝を上げる

  • 短期間でお尻を小さくする方法として、筋肉トレーニングが挙げられます。

    お尻に力を入れる機械が少ないため、油断するとすぐに大きくなります。一度小さくなったとしても、もとに戻る恐れがあるため、お尻周りの筋肉を鍛えておく必要があります。
    筋肉トレーニングによってお尻が大きくなる恐れもありますが、脂肪による大きさよりも小さいので安心して良いでしょう。

    筋肉トレーニング方法は単純で、普段立っているとき、お尻に力を入れるだけで良いです。力を入れ続けることで筋肉が刺激されます。これを定期的にすることで、お尻周りの筋肉量が増量し、その周りにある脂肪を燃焼しやすくします。
    脂肪が燃焼されれば、自然にお尻が小さくなるので、筋肉トレーニングに負荷をかければかけるほど、その効果は期待できます。

    さらに、一度小さくなった後も、筋肉がついているので、再び大きくなる可能性は限りなく0に違いでしょう。

    ただし、筋肉が衰えてしまうと戻るリスクも大きくなるので、定期的に筋肉トレーニングすることは大切です。
  • 食事に気を使い、無駄な摂取は避ける

  • お尻が大きくなる原因で、最も大きいものが食事になります。必要以上な摂取によって、あらゆる部分にお肉がついてしまい、太ってしまう、あるいは大きくなってしまいます。

    お尻に対しても同じなので、食事制限は必須と言えます。ただし、食事量を減らす、我慢する等ではストレスになり、不健康に繋がる恐れがあるので、このような試みは禁止となります。

    食事制限でやるべきことは、食事のバランスと時間になります。まずバランスですが、これは栄養に偏りがないように調整するだけになります。好きな物を多く食べると偏りが生じ、体のバランスが崩れます。

    崩れれば、お尻が大きくなる恐れがあるので、このバランスを食事制限で整えます。次に時間ですが、食事時間がバラバラでは、不健康になってしまい、同じく体のバランスを崩してしまいます。だから毎日に決まった時間に適量の食事を取ることが大切になります。特に、脂っこい物は極力正しい量を摂取するようにコントロールしましょう。
お尻を小さくする効果がある、日々のちょっとした習慣とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事