お尻を大きくする方法と、その副作用とは?

お尻を大きくする方法と、その副作用とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

230

お尻を大きくするには、筋肉を鍛えてたるみをなくし、大きくする必要があります。副作用もないので、エクササイズなどで筋肉を鍛えましょう。そして普段から歩き方や食事内容にも気をつけることで、より理想のヒップに近づけることができます。また、骨盤が歪んでいる場合は、同時に骨盤矯正もおこなうと良いでしょう。

  • 副作用なくお尻を大きくする

  • 副作用なくお尻を大きくする
  • お尻が小さいと貧相に見えてしまうため、大きくする方法を知りたいという人もいるでしょう。

    さまざまな方法がありますが、効果だけでなく副作用についても考えておく必要があります。

    お尻が小さい場合は歩き方に問題があることが多いため、モデルのような歩き方を意識すると良いでしょう。まずは視線をまっすぐ前方に見据えることが重要であり、下半身に力を入れて歩くこともポイントです。

    特に重要なのは骨盤であり、骨盤を垂直に立てて歩くことで下半身に適度な筋肉をつけることができます。歩き方を変えるだけなら副作用の心配はありませんし、安全にお尻を大きくすることができるでしょう。

    また、お尻の筋肉は年齢を重ねるごとに衰えてしまい、お尻が垂れ下がってしまうことになります。お風呂上りに鏡で全身を見て、お尻と太ももの境目が分かりにくくなっていると感じたことのある人も多いでしょう。後ろから見るとさらに衝撃を受けるかもしれません。
  • お尻を大きくするために

  • お尻と太ももに境目が無くなってしまうのはお尻の筋肉がたるんでしまうことが原因であり、大臀筋(だいでんきん)という筋肉をしっかり鍛えることが大切です。

    大臀筋というのはお尻の中央から下側にかけてお尻に付いている大きな筋肉であり、年齢を重ねるとお尻の筋肉だけでなく太ももの裏側の筋肉でもたるんでしまいます。

    そのような原因によってお尻と太ももの境目が分からなくなってしまうとされており、お尻をボリュームアップさせる方法を知っておくと良いでしょう。

    ある程度お尻に厚みがあった方が女性らしいスタイルになりますし、ウエストのくびれが強調されてスタイルが良く見えるということです。お尻を大きくするには筋トレをすることが効果的なのですが、その効果をより高めたいなら食べ物が重要となります。

    どんなに筋トレやエクササイズを頑張って行っても、栄養が足りなければお尻を大きくすることはできません。まずは食生活を見直してみましょう。
  • お尻を大きくする食べ物

  • 筋肉を作る栄養素はタンパク質であり、タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2つの種類があります。

    筋肉を大きくするのは動物性タンパク質であり、肉や魚、卵、乳製品などに多く含まれています。

    普通体型の人の場合、体重1kgに対して1gのタンパク質が必要とされており、体重50kgの人なら50gのタンパク質が必要ということです。
    しかし、筋トレをする場合はもっと多くのタンパク質が必要であり、体重1kgに対して1.3gくらいは摂取すると良いでしょう。

    お尻を大きくするためには動物性タンパク質を積極的に摂取する必要がありますが、特に豚肉や鶏肉などには良質な動物性タンパク質が豊富に含まれています。

    また、豚肉や鶏肉はさまざまな料理に使うことができますし、飽きずに毎日食べることができるでしょう。しかし、動物性タンパク質は摂り過ぎするとコレステロールが増加してしまうこともあるため、適度な量を知っておくことが大切です。
  • タンパク質と炭水化物が大切

  • 筋肉を付けてお尻を大きくしたいという場合、タンパク質だけでなく炭水化物もしっかり摂取する必要があります。

    炭水化物とはお米やパン、麺類などのことであり、炭水化物にはタンパク質を筋肉を送り込むという働きがあります。

    また、ビタミンやミネラルなどの栄養素も大切ですし、まずはバランスの取れた食生活を心がけましょう。プロテインとはタンパク質が粉末になっているものなのですが、これを利用することで効率よくタンパク質を摂取することができます。普段からタンパク質が不足していると感じている場合、プロテインを利用すると良いでしょう。

    プロテインと聞くと激しい運動をする人が飲むものだというイメージがあるかもしれません。しかし、一般の人でもタンパク質を補給するために利用している人は多いです。

    筋トレの後にプロテインを飲むことにより、数か月程度で理想のお尻を手に入れることができるのです。プロテインは水や牛乳に溶かして飲みましょう。
  • お尻を大きくしたいなら

  • 小さなお尻で悩んでいるという場合、骨盤体操を行うという方法もあります。

    骨盤がずれていたり歪んでいるとお尻の筋肉が低下してしまうため、体操によって骨盤をもとの位置に戻すと良いでしょう。副作用などのリスクはありませんし、体操を行うことでお尻の筋肉を鍛えることができるため、女性らしいお尻を手に入れることができるでしょう。

    最近では筋力をアップさせるためにスポーツジムなどに通っている女性も増えています。筋肉を鍛えることで魅力的なスタイルを手に入れることに繋がりますが、お尻や筋肉の状態をしっかりと確認して最適な方法でトレーニングを行うと良いでしょう。

    お尻を大きくするためには下半身を鍛えることも大切であり、スクワットが効果的とされています。また、ランニングを行うことでお尻の筋肉を効率よく鍛えることができますし、お尻を大きくするだけでなくダイエット効果も期待できるので女性におすすめです。
お尻を大きくする方法と、その副作用とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事