お尻を大きくする、おすすめの方法とは?

お尻を大きくする、おすすめの方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

138

食べても太れない体質の人がお尻を大きくするのは大変です。まずは、脂肪がつくように、カロリーをしっかりとりましょう。しかし、ただ脂肪をつけるだけだとたるんでしまうので、運動をして同時に筋肉をつけるのがおすすめです。お尻を鍛えて大きく形も良い美尻を目指しましょう。

  • 大きなお尻の魅力とは

  • 大きなお尻の魅力とは
  • スリムなスタイルを求めがちな現在の日本ではお尻は小さい方が良いというのが定説で、小さいお尻へ憧れる人も多いですが、意外と多いのがその逆の悩みです。痩せ型の人に多いですが、薄く小さなお尻では、女性的な魅力が足りないと思う人がそうです。

    丸みのある体は女性的で美しい象徴とされます。お尻は女性の体の中でも特に丸みや柔らかさが感じられる部分なので、薄いお尻を大きくしたいという悩みは少なくありません。

    お尻を大きくするためにはどんな方法があるでしょう。
    その方法を考える時注意しないといけないのは、ただ大きくなればそれで良いというわけにはいかないということです。健康的で綺麗なお尻というのが理想です。単純に太ればお尻も大きくなりますが、そうではなく、体全体は程よく締まっていながら、丸みを帯びた体とお尻を手に入れることが求められます。

    現状を知った上で女性らしい美しいお尻を手に入れるためすべきこと、すべきでないことをいくつか挙げてみます。
  • 適度な脂肪を体につける

  • お尻が小さい、薄い人は痩せ型の人が多く、お尻を大きくするには脂肪をつけることが必要です。

    お尻の丸みは多くが脂肪ですので、太るための努力が必須です。そのためには、食べることです。
    痩せ型の人は総じて食が細い人が多く、体の中に摂り入れるエネルギーの少なさが問題です。消費するエネルギーの量よりも摂取するエネルギーが少ないと太れないのは道理なので、まずは食べる努力をすることがおすすめです。

    お肉をつけるためには脂質や糖質が多い食べ物を意識的に食べたり、チョコレートやケーキなど、少量食べても栄養素の豊富なものが良いです。

    脂肪として体に蓄えられやすいように、夜多めに食べるのもおすすめです。なかなか太れない体質の人は、油断するとすぐ痩せてしまいます。ダイエットとは逆の努力が必要です。

    一般的には贅沢な悩みだと思われがちですが、本人にしてみたら深刻です。わかってくれる人が少ないのも太るための努力のしんどいところですが、負けずに頑張る心の強さも大事です。
  • 運動をすることも必要

  • お尻を大きくするために脂肪をつけることは大事ですが、ただ太るとたるんだお尻になってしまいます。お尻を鍛えることも並行して行いたいです。そうすれば、大きくてかつ、キュッと締まった格好良いお尻になります。

    お尻の筋肉を鍛えるには、スクワットがおすすめです。太ももからお尻にかけての筋肉が効率良く鍛えられます。家庭で、自重で簡単にできるのもおすすめの理由です。

    肩幅より少し広めに足を開き、姿勢を正します。手は頭の後ろで組み、ゆっくりと膝を曲げます。膝が前に出ないように腰を下ろすのがポイントです。こうすることでお尻と太ももによく効きます。

    努めてゆっくり行います。特に腰を下ろす時に早くなりがちなので注意してください。10回を3セットが目安ですが、慣れないうちはもっと少なくとも構いません。最初はかなりの筋肉痛になることが予想されます。筋肉痛があるうちは、休めてあげてください。痛みがなくなってから再開すると良いです。
  • その他のお尻の鍛え方

  • 他にもおすすめの運動があります。

    四つん這いになって、片足だけを上げる運動です。後ろ後方に足を伸ばして行くイメージです。曲げて伸ばしてを繰り返します。曲げた時に足を床につけずに繰り返すのがコツです。太ももの裏とお尻にモロに効きます。

    この運動の応用として、四つん這いのまま体を横向きに少し傾けて、斜め上方向に足を持ち上げる運動もあります。こちらの方が負荷が大きく、やや上級者向けです。こちらはお尻の筋肉にダイレクトに効いていることがわかります。少し慣れてきたら、少ない回数で構わないのでチャレンジしてみてください。

    筋トレをする時は、鍛えている筋肉を意識することがポイントです。漫然とやるより効果がアップするので、筋肉と会話をするように鍛えてあげてください。

    怪我の防止と、筋肉をほぐして筋トレの効果をさらに上げるため、事前のストレッチは念入りに行ってください。怠って怪我をしたら元も子もありません。
  • お尻の形にもこだわる

  • お尻専門のモデルさんが存在します。適度な大きさでキュッと上を向いているお尻です。そこまで至らないまでも、形を綺麗にすることを普段から意識することは大事です。

    例えば座り方です。背もたれにもたれて背中が曲がっていてはお尻は潰れてしまい、骨盤も開き気味になります。正しく座ることで骨盤を締め、格好良いお尻を目指しましょう。

    背筋は伸ばし、少し深く腰掛けます。足首、膝、足の付け根と上半身がそれぞれ90度になるように座ると良いです。また、足は付け根からかかとまで左右できちんと揃えて座ります。油断するとどこかが開いた座り方になるので、気をつけてください。

    歩き方にも気をつけたいです。かかとから下りて、つま先で蹴るという動作をサボらないように歩きます。太もも裏やお尻の筋肉が普段から鍛えられ、下に垂れ下がるのを防いでくれます。
    歩くという動作は基本的なもので、普段から気をつければ、常に鍛えることができます。利用しないのは勿体無いです。

    正しく運動し、食事を摂れば、お尻を大きく、美しくすることはできます。自分のお尻がどんどん綺麗になって行くのを見るのは快感です。それを励みに楽しみながら、お尻を大きくしてください。
お尻を大きくする、おすすめの方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事