お尻を大きくすることにメリットが沢山あることの理由とは?

お尻を大きくすることにメリットが沢山あることの理由とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

173

お尻を大きくすることにはメリットがあります。理由としては、女性にとって大きなお尻は男性へのアピールポイントがあること、お尻に適切に脂肪がつくことは健康面にも良い影響があるのが理由です。ではお尻を大きくするにはどうすれば良いのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

  • お尻が小さくて良いのはモデルだけです。

  • お尻が小さくて良いのはモデルだけです。
  • 一般に女性はお尻が小さい方が魅力的だと思っています。たとえばモデルさんのように、まるで少年のような小さなお尻だったら良いのにと考えているようで、ファッションやオシャレを楽しむのにも良いし、なにより大きなお尻ではみっともないとさえ考えてしまうのです。

    しかしファッションの世界でも、意識の変化は見られます。例えばフランスでは、痩せ形のモデルを多用するのは良くない、という議論があります。

    いわゆるモデル体型は、ボディマス指数の「標準」と「痩せている」の境界である18.5になるように体重をコントロールし、その体型を維持しています。その体型の維持には相当の努力を要し、ダイエットも科学的に行なっているのでそれが実現できているのですが、一般の人がその体型を目指し、ことにお尻を小さくしようと思っても、相当の無理があるのです。

    そして実際にお尻が大きいことを悩むのは当の本人だけであり、むしろふくよかで丸みを帯びたお尻の方が魅力的に感じるという人も少なくないのです。
  • 男性はお尻の大きな女性が好き。

  • 自分自身の遺伝子を残したいという男性の本能が求めるのは、多くの場合痩せ形の女性ではなくふくよかな助成であるという研究があります。

    丸みと柔らかさがあり、肉感的なお尻は、いわゆる小尻に比べて男性にアピールすることができるというのです。昔から大きなお尻は安産型といわれるように、子孫繁栄を願うDNAは大きなお尻を求めてきたのです。

    一方、女性は自分自身を魅力的に見せたいと思うのなら、大きなお尻は論外であり、女性としての魅力が台無しになってしまうとすら考えていて、お尻を少しでも小さく見せようとパンツやショーツなどファッションにも気を配ります。

    このように女性の身体の一部に関する意見が、男性と女性との間で正反対になっている事実は興味深い問題です。

    しかしお尻は小さくなくてはいけないと強迫的な思いにとらわれるより、むしろお尻を大きくするあるいは見せることにより健康的なメリットさえあるのだ、という考え方があるのだということを、女性は知っておくべきだと考えられます。
  • 男性の本能とそれに根ざす視点とは。

  • お尻を大きくすればメリットがある、ということが理解するにはその理由を明らかにしなければなりません。

    医学誌『Evolution and Hum an Behavior』3月号掲載のDavid Lewis氏の記事でその理由が明らかになります。
    David Lewis氏の研究によれば、男性の心理は自分の子孫を残したいという観点が前提としてあります。
    そしてそれは、狩猟時代の人類において、お尻の大きな妊婦が生き延びたという事実に根ざしているというのです。
    今日男性が好む女性のお尻は、背骨を基準にして45°の角度で張り出しているお尻です。そしてお腹の大きな妊婦が身体のバランスを支えるのにちょうど良いのが、この角度で張り出しているお尻なのです。

    とすれば、男性の視線という観点からすると、小さなお尻よりむしろお尻を大きく見せる方が好ましいということになりそうです。もちろん女性の身体は男性の鑑賞物ではありませんが、そうした視点があるとだけ、この段階では知っておきましょう。
  • お尻を大きくすればこんなに良いことが。

  • 男性の視点から、大きなお尻が魅力的であることを紹介しましたが、このメリットはもちろんそれだけではありません。むしろ女性自身の健康という理由でもメリットがあるのです。

    お尻を大きくする要素は脂肪ですが、他の部位につく脂肪とは異なる脂肪であるということが分かってきています。

    一般に脂肪は体温の保持や、内臓や骨格を外部からの衝撃から守るという役割があります。そのため適切な量の脂肪はむしろ必要なのですが、いわゆる内臓脂肪のように健康上問題がある脂肪もあります。

    しかし、お尻につく脂肪をはじめ大きなお尻は、次の理由により、問題があるどころか必要欠くべからざるものなのです。
    (1)外部の衝撃から子宮や骨盤を守る。
    (2)座位をとるさいに関節や神経を守る。
    (3)不足したエネルギーを補えるよう貯蔵しておくことができる。
    (4)お尻の筋肉が下半身全体の骨格と筋肉を支える。
    (5)骨盤が安定するので猫背や肩こりを起こしにくい。

    そして妊娠・出産のためには、身体を保護するために男性に比べると脂肪がつきやすくなっているという事実があります。

    また他の部位に過剰につくのはオメガ6脂肪酸で質の悪い脂肪ですが、お尻に付くのはオメガ3脂肪酸であり、胎児の脳の生育を促す優れた脂肪なのです。
  • 敢えてお尻を大きくする。

  • ここまでの説明で、他の部位に過剰な脂肪がついていないならば、むしろお尻が大きいことはメリットが沢山あるということが分かるはずです。

    では敢えてお尻を大きくするのに有効な取り組みとは何でしょうか。

    まず栄養面では、質の良い脂肪、つまりオメガ3脂肪酸を摂取することです。

    (1)青魚に含まれるDHAやEPA
    (2)オリーブオイルやえごま油・アマニ油を火を通さず摂取する
    のが有効です。

    前述の通り赤ちゃんの脳の発育にも重要な働きをします。

    運動面では、へそを重心に見立ててお尻を左右に振る運動が筋肉を発達させます。
    お尻に力を入れてウェストをひねる歩き方をするのも良い運動になります。またそうすることによってウェストを細くすることができるでしょう。

    スクワットも同様に良い運動になります。
    また普段から良い姿勢を保つことも重要です。そのためには床に座るより、椅子に座る生活の方が好適だと言えます。

    また食べ物で気をつけたいのは、根菜を多く摂るのが良いでしょう。反対に身体を冷やしてしまいかねないコーヒーは、程々にしたいところです。
お尻を大きくすることにメリットが沢山あることの理由とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事