昼寝の見直しで探る。夜にぐっすり寝る方法

昼寝の見直しで探る。夜にぐっすり寝る方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

246

夜ぐっすりと眠ることは次の日の活動に大きな影響を及ぼします。なかなか眠れないということがあると一日中体がだるくなるということが起こります。それを防ぐために、生活を見直していくことが必要になります。特に見直していきたいのが、ついついやってしまいがちな昼寝です。夜にぐっすり寝る方法を見つけるために、どのように昼間の眠りを見直していくべきなのか、考えていきましょう。


  • 出典: www.tumblr.com

  • まず、昼寝を控えてみるという方法があります。
    しっかりと眠るためにはある程度疲れていなくてはなりません。昼間に中途半端に眠ることによって、疲れがリセットされるというのは一見活動に良い影響を与えるようですが、夜に寝る方法としては適切ではありません。しっかり一日の疲れをリセットするには、やはりある程度長時間ぐっすりと眠ることが必要なのです。
    短時間眠ることで夜の眠りが妨げられるようなら昼寝を控えるというのが最も簡単な解決法といえます。昼間は眠くても我慢をして、夜にまとめて寝る方法に切り替えてみましょう。そうすることで夜の眠りの質が良くなって疲れも取れやすくなるのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 昼間に寝るならば眠る時間に注意したいものです。
    どうしても疲れてしまったら、昼間でも睡眠をとることが有効な場合もあります。効率が落ちてきたと思ったら眠ってしまうのが一つの選択肢となります。しかし、ただ眠ればよいというわけではありません。眠り方と眠る時間をきちんと管理することが必要です。あまり長く眠りすぎてしまうと、夜の眠りに響いてしまいます。活動するためのリフレッシュを目的として眠るなら、10分から15分程度を目安にしていきましょう。その時間にきちんと起きることができるように工夫が必要です。目覚ましやアラームをかけておくとよいでしょう。また、目覚めやすいように、昼寝の前にコーヒーなどを飲んでおくとよい場合もあります。疲れているとついつい横になったり、時間を延ばしてしまうことにもなりますが、それが夜の眠りを阻んでしまう原因となるのです。昼寝としてはぐっすりと眠ってしまうよりも机の上で軽くうたた寝をする程度にとどめておいたほうが、その後の活動にも良い影響を及ぼします。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 夜にぐっすり眠るために、昼間はしっかり起きて活動するようにしましょう。どうしても必要があって眠るときも、自分で工夫をして時間がきたらきちんと起きるといったことを意識することで、夜の眠りの質は変わってくるはずです。

昼寝の見直しで探る。夜にぐっすり寝る方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事