ひとり暮らしの女性は生活習慣の改善で節約を

ひとり暮らしの女性は生活習慣の改善で節約を

Thumb?1414295452 muah♪さん

273

ひとり暮らしの女性は貯金どころか節約をするのも大変です。
ですが、工夫次第で節約は可能です。
まず、節約の基本として無駄なものは購入しないということが大事ですが、ストレス解消のために衝動買いをしてしまうという人も多いでしょう。
ですからアフターファイブの予定が何もないような日は、極力早く部屋に帰るということも大事です。
外出していればちょっと休憩したりお店に入ってお金を使ってしまうことも多いですし、まっすぐ家に帰る習慣を身につければその分衝動買いしてしまう機会も減ります。
また、自分磨きのために習い事に通う人もいますが、自宅でもできるものであればできるだけ自宅で学べるものを選びましょう。
英会話も自宅でできるオンライン英会話がありますし、オンラインのほうが教室に通うよりも費用が安くなることが多いです。
また、通信教育や通信講座を利用するのもいい方法です。


  • そして自宅で行う勉強は夜より朝が狙い目です。
    夜は電気代もかかりますし、ついついおやつにも手が伸びてしまいます。
    そして眠気との戦いになることも多いので、睡眠不足で余分な疲れの原因になります。
    朝の時間の活用は無駄な光熱費の削減にもなりますし、朝食以外は食べないことも多いので間食の節約にもなります。
    電気代は特に太陽の熱を利用することで減らすこともできるので、できるだけ朝の時間、昼間の明るい時間帯に家事などの作業を済ませるようにしましょう。
    日光で洗濯物を乾かすことができれば乾燥機などの使用も必要なくなります。
    そのためにはお天気のいい日をネットの天気予報できちんとチェックして、天気のいい日に洗い物をすませておくようにするといいでしょう。
    また、太陽の熱を利用するという意味で、簡単な家庭菜園もおすすめです。
    小さなプランターで簡単に育つパセリやバジルは食べるだけでなく観葉植物としても楽しめます。
  • そしてひとり暮らしの場合、あまり使用しない家電は電気代の無駄使いにもなりますから、必要最低限のものを置くようにしたほうがいいです。
    壊れた時の修理代、処分代、また電池の交換費用などの余分な出費も防ぐことができるからです。
    また、消耗品などは100円ショップを活用することも節約のコツになります。
    ひとり暮らしの日用品は使用する量も数も少ないことが多いですから、壊れたら捨てて、新しい安いものを購入したほうが節約になることもあります。
    うまく使い分けるには、普段から自分が良く使うものと使わないものを知っておくことが大切です。
ひとり暮らしの女性は生活習慣の改善で節約を
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事