面倒にならない女性のひとり暮らし節約術

面倒にならない女性のひとり暮らし節約術

Thumb?1414295452 muah♪さん

299

節約というのは少しの我慢は必要ですが、毎日続けても面倒にならない範囲で行わなければなりません。
そして楽しいと感じることができなくなったら節約もストレスになってしまうので、無理に節約を意識しすぎずに、楽しく節約を続けるようにしましょう。
まず、面倒にならないこととして、公共料金などの支払いは自動引き落としにできるものはすべて自動引き落としの手続きをしたほうがいいです。
ひとり暮らしであれば家賃から公共料金、通信費などの支払いが毎月ありますが、これらをコンビニで支払ってしまっている人はやめたほうがいいでしょう。
支払いのためにコンビニに立ち寄ることで、本来は購入予定でなかったものも購入してしまう可能性があります。
特にコンビには新商品の入荷が早いので、目新しいものを発見するのが好きな人は衝動買いしてしまう可能性もあります。
節約するためには、購買意欲を高めてしまうお店、場所から距離を置くということも必要なので、できるだけコンビニに立ち寄る機会を減らすといいでしょう。


  • また、バーゲン期間中も暇つぶしに足を運ぶと競争心から買いすぎてしまうので、ほかのお客さんが見えないネットのバーゲンセールのほうがおすすめです。
    買い物などもできるだけ定価販売ではなく、割引価格で販売しているスーパーなどを選択するといいでしょう。
    そしてひとり暮らしの場合でも、主婦のように家計簿をつけることが大事です。
    家計簿をつけることによってお金の流れがわかりますし、自分が何に一番お金をかけているのか、といったことも客観的に見ることができます。
    家計簿も毎月きちんとつけなければいけない、と思ってしまうと面倒ですが、一般家庭よりも食費も日用品費も少ないひとり暮らしの場合は、レシートも枚数が少ないことがほとんどなので、管理が楽です。
    レシートを貼りつけるだけの家計簿にしてもかさばりませんし、面倒に感じることも少ないでしょう。
    もし書いたり貼ったりということが苦手な人であれば、スマホの家計簿アプリを利用するのもいいです。
    通勤時間や寝る前の自分時間に入力すればいいだけなので楽々です。
  • そして意外に無駄にしやすいのが食材です。
    安いとついつい多く買いすぎてしまいますが、ひとり暮らしだと食べきれずに腐らせてしまったり、賞味期限切れになってしまうことも多いです。

    ですから買い物をする時はどういった使いまわしをするのかを頭に浮かべながら食材を購入していくといいでしょう。
    また、ゆでたり火を通すことで加工して日持ちを良くする方法もあるので、いい保存法を見つけておくのも節約のコツです。
面倒にならない女性のひとり暮らし節約術
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事