女性の一人暮らしにお勧め・節約術

女性の一人暮らしにお勧め・節約術

Thumb?1414295452 muah♪さん

537

晩婚化が進む昨今、結婚することや子供を持つことが当たり前ではなくなり、ライフスタイルは多種多様となってきました。
女性はお化粧やスキンケア等身だしなみにかかるお金も多く、一人暮らしの女性には痛い出費です。
ここでは女性の一人暮らしにお勧めの節約術をご紹介したいと思います。


  • お弁当を持参

  • お弁当を持参
  • お弁当を持参するなんていかにも節約をしている感じがする、と思うのであればそれは間違いです。
    エコの為のマイ箸持参や趣味でお弁当を持参するお弁当男子等、最近では自分の為にお弁当を持参する人が多くいます。
    周りの目を気にするなら「健康の為」と言えば問題ありませんし、料理ができる女性は素敵ですので周囲へのアピールにもなります。
    お弁当のおかずですが、まずはシリコンカップと呼ばれる使いまわしができるカップを大中小と用意しましょう。
    そして、晩御飯を多めに作って残りをそのシリコンカップに詰めて冷凍させておきます。
    朝にお弁当箱に冷凍したままのおかずを詰めれば、食べるころには解凍されていてお弁当が傷む心配もありません。
    一人暮らしでは食材が使い切れず余らせてしまうのであれば、この方法で節約が一石二鳥です。
  • 公共料金以外でクレジットカードの利用を避ける

  • 公共料金以外でクレジットカードの利用を避ける
  • クレジットカードとは大変便利ですが、使いすぎてしまったり手元からお金が減る感覚が無い為現金で買うよりも高い金額を買い物する傾向にあると言われています。
    お店側はクレジットカード会社に手数料を支払っていますが、手数料を支払ってもカード利用者の方が購入単価が高くなる為得をすると言われているのです。
    公共料金は最近では振り込みや引き落とし等選ぶことができますが、この部分だけをクレジットカード引き落としにして、残りはできるだけ現金で支払う様にしましょう。
    公共料金はいずれにしろ支払わないといけない料金ですので、クレジットカードで支払う事でカードのポイントをためることができます。
    その他の買い物はクレジットカードを避けて自分で管理しながら支払いましょう。
  • コンビニ・スーパーの立ち寄りをやめる

  • コンビニ・スーパーの立ち寄りをやめる
  • 特に会社帰りのコンビニは危険です。
    スーパーと比べても価格が高いコンビニは、一度立ち寄るとお菓子や飲み物をつい買ってしまい、一回に数百円でも一か月に換算すると数万円となります。
    できれば買い物は週末に済ませ、週に1回のみと決めましょう。
    必要なものを週末に買い揃えれば、コンビニやスーパーに立ち寄る必要はありませんので、少しずつ使ってしまう事はありません。
    買いだめしたのに突然飲み会が入ったというのであれば、お弁当用におかずを作って冷凍すれば傷みません。
    コンビニやスーパーにこまめに行く人は、いらないものまで手に取りがちです。
    週末の買いだめだと一回の金額は大きく見えますが、合計すると実はその方が節約になる可能性が高いのです。
  • 最後に

  • いかがでしたか。
    節約術はお分かり頂けたでしょうか。
    無理をせずに使う時は使う、節約できる所は節約するとメリハリをつけることが大切です。
    ぜひ参考にしてみて下さい。

女性の一人暮らしにお勧め・節約術
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事