ひとり暮らし、賢く節約して快適LIFEを送ろう

ひとり暮らし、賢く節約して快適LIFEを送ろう

Thumb?1414295452 muah♪さん

559

大学進学のため実家を出て初めてひとり暮らしを始めた方、就職のためひとり暮らしを始めた方など、女性でもひとり暮らしをされている方は多くいます。実家からの仕送りがないと、自分のお給料だけでやりくりしなければならないので節約は大事です!とくに女性は男性に比べてセキュリティ面が充実したマンションなどを借りる場合が多く、家賃も高くなりがちです。生活面でちょこちょこ節約できれば、貯金だってたまの贅沢だって十分可能ですよ。そんなひとり暮らしの女性向けの節約術をご紹介します。


  • 電気料金をカット

  • 電気料金をカット
  • みなさんは、電気料金の明細をじっくり見たことはありますか?引っ越したらそのまま何も考えずに契約していたということはないでしょうか。電気料金には契約した使用アンペアに応じて基本料金が変わってきます。ある電気会社では20Aでは月額約560円、30Aでは842円、40Aでは1120円となっています。ひとり暮らしでは20Aもあれば夏や冬でも十分だと思います。もし契約が30A・40Aとなっている方は、これを変えるだけでなにもしなくても月に数百円は節約できます。
  • サンプルを利用

  • サンプルを利用
  • 化粧品などの消耗品は女性にとって出費のなかでもかなりのウェイトを占めています。もしメーカーや商品にあまりこだわりがない、という方は化粧品のサンプルを利用しましょう。大手化粧品メーカーのホームページをチェックすると、サンプルプレゼントやモニター募集のページが見つけられます。メルマガ登録などをすることで、送料も無料で対象商品のサンプルをゲットできちゃうんです。化粧水・乳液・日焼け止め・洗顔・ファンデ・ベースなどの化粧品のほかにも、ナプキンや洗濯洗剤などが対象になっているメーカーもあります。新商品が試せるうえ、無料なのでとっても便利です。
  • お弁当でヘルシーランチ

  • お弁当でヘルシーランチ
  • ランチはコンビニやレストランを使っている方も多いと思います。たまに同僚と気分転換でお出かけするのも良いですが、これはかなりの出費になります。もし前日の夕飯の残りものをアレンジするなどしてお弁当を持っていけば、かなりの節約となりますね。かわいいお弁当箱を用意すれば、毎日のお弁当作りも苦にならないと思いますよ。また自販機でコーヒーを買うのを水筒で持っていけば、1日100円としても月2000円は節約できますね。
    以上、ひとり暮らしの女性におすすめの節約術をまとめてみました。浮いたお金で休日はちょっとリッチな食事を楽しんだり、特別なイベント資金に充ててみてはいかがでしょうか。
ひとり暮らし、賢く節約して快適LIFEを送ろう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事