日焼け止めによる肌の乾燥と使用期限

日焼け止めによる肌の乾燥と使用期限

Thumb?1414295452 muah♪さん

233

日差しの強い季節はもちろん雨や曇りの日にも紫外線対は浴びてしまいます。最近では1年中紫外線対策をしている方も少なくありません。防腐剤は使用期限内に効果を発揮する量しか入れられていないので、使用期限を過ぎると効果は半減してしまいます。防腐剤の効果が半減し雑菌がわいたものを使用するとさまざまな肌トラブルを起こす原因にもなるので基本的にはワンシーズンで使い切るのが理想です。


  • 間違った使用方法は逆に肌トラブルを招く

  • 間違った使用方法は逆に肌トラブルを招く
  • 日差しの強い季節はもちろん雨や曇りの日にも紫外線対は浴びてしまいます。最近では1年中紫外線対策をしている方も少なくありません。紫外線はシミ、そばかすの原因となるばかりではなく肌のハリを作り出す元であるコラーゲンを破壊し、シワやたるみの原因にもなってしまいます。そこで紫外線対策として欠かせない日焼け止めですが間違った方法で使用すると逆に肌のトラブルを引き起こしてしまいます。
  • 肌を整えた状態で日焼け止めを使用する

  • 肌を整えた状態で日焼け止めを使用する

    出典: instagram.com

  • 紫外線をブロックしてくれる紫外線散乱剤という成分が入っていたら肌が乾燥しやすくなると思ってください。乾燥している肌に塗ってしまうとさらに悪化してしまうので普段のスキンケアや生活などが原因で乾燥肌となってしまっている方は、まずは乾燥肌を改善していくのが好ましいと言えます。日焼け対策に気をとられてしまい肌の保湿を忘れてしまいがちですが化粧水や保湿クリームなどでしっかりケアし、肌を整えた状態で日焼け止めを使用しましょう。肌の水分量が多いほど日焼けをしにくくなるので顔はもちろん腕や足、体に使用する場合もしっかり保湿をおこなってから塗るようにしましょう。また、汗や水では落ちにくい成分が入っているため使用した後しっかり落とすことも忘れないようにしましょう。クレンジング剤も肌への負担が大きく乾燥も進行させてしまうので紫外線を浴びる時間や場所などに合わせて日焼け止めを使い分けるのも大切です。
  • ワンシーズンで使い切るのが理想

  • ワンシーズンで使い切るのが理想

    出典: instagram.com

  • 日焼け止めの使用期限は表示義務がないため表示されている商品も少ないと思われます。「去年の日焼け止めを使用しても同じような効果があるのだろうか」「肌への影響はないのだろうか」という疑問を持つこともあるかと思います。通常使用期限は特に表示がなければ未開封状態の場合は製造年月日より3年間は品質保証が定められています。ですが各メーカーの推奨ではだいたい未開封1年以内・開封後6ヶ月以内となっています。開封後でも直射日光をさけ常温の室内できちんと保管されていれば半年は使用しても大丈夫と思われます。SPF・PAなどの性能自体は変わらないようですが多くの日焼け止めには雑菌を防ぐために防腐剤が入っています。防腐剤は使用期限内に効果を発揮する量しか入れられていないので、使用期限を過ぎると効果は半減してしまいます。防腐剤の効果が半減し雑菌がわいたものを使用するとさまざまな肌トラブルを起こす原因にもなるので基本的にはワンシーズンで使い切るのが理想です。
日焼け止めによる肌の乾燥と使用期限
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事