美白になるための日焼け後のケア

美白になるための日焼け後のケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

527

日焼けをしたあと、そのままにしておくとメラニン色素が排出されずに皮膚の中に留まってしまい、肌が黒くなるだけでなくシミの原因ともなります。正しくケアをして美白を保ちたいものです。


  • メラニン色素を排出する

  • メラニン色素を排出する
  • 太陽の日差しの中の紫外線を浴びることで、表皮の中のメラノサイトが刺激され、真皮へ入るのを防ぐためにメラニン色素を出して、紫外線を吸収するため、肌が黒くなる日焼けになります。

    新陳代謝が盛んであれば、長時間皮膚の中にとどまらず、アカになって剥がれ落ちたり、途中で分解されて毛細血管を通り排出されます。
    シミは、メラニン色素が排出されずに皮膚の中に留まっている状態のため、美白のためには、メラニン色素を排出する必要があります。
  • 刺激を与えずに冷やし、保湿

  • 刺激を与えずに冷やし、保湿
  • 美白になるための日焼け後のケアとしては、まず冷やします。
    日焼け後の肌は、軽いやけど状態です。出先の場合は、タオルにくるんだ保冷剤や冷たいペットボトルなどをあてるだけでも応急処置になります。

    洗顔や身体を洗う場合には、なるべく低刺激の石鹸をつかい、こすらずにやさしく洗うようにします
    赤みや熱などの炎症が残っている時に美白化粧品でケアをすると、ビタミンCなどの成分が敏感になっている肌への刺激になってしまうため、先に保湿成分に特化した化粧水や敏感肌用の刺激の少ない化粧水を使い、肌への水分補給を行います。
    肌に刺激を与えないようにコットンを使い、じんわりと肌へなじませます。肌の赤みや痛みが強い場合には、化粧水も控え、落ち着くまで冷却する必要があります。

    肌への水分補給を行ったら水分蒸発を防ぐために刺激の少ないオイルやクリームを使い、保湿効果を高めます。
  • ビタミン摂取

  • ビタミン摂取
  • 冷却と保湿を繰り返し、肌の状態が落ち着いてから美白ケアとして、ビタミンC誘導体やアルブチン、エラグ酸などの有効成分が入った化粧品を使います。

    他にも、内側からのケアとして、ビタミンCやビタミンE、ビタミンAを摂取するようにします。
    ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑え、紫外線で壊され減少したコラーゲンやエラスチンを増やす働きがあります。
    ビタミンEには、強い抗酸化作用があるため、ビタミンCと合わせて摂取することで、より効果が期待できます。
    ビタミンAには、皮膚細胞の働きを正常化させる働きがあるため、抗酸化ビタミンであるビタミンCやビタミンEと一緒に使うことで相乗効果が期待できます。サプリメントを使うことで、簡単に摂取することができます。

    日焼けをしてもしっかりとケアを行うことで美白を取り戻すことが可能です。
    しかし、日焼け後にアルコールの過剰摂取を行なうと利尿効果によりさらに水分が外にでてしまうため、アルコールではなく、水やスポーツドリンクなどで水分補給を心がけます。
美白になるための日焼け後のケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事