日焼けで肌が赤みをおびたらケアが必要

日焼けで肌が赤みをおびたらケアが必要

Thumb?1414295452 muah♪さん

534

肌が日に焼けたときに肌が赤みをおびた色になる人がいます。赤みをおびた人の肌はヒリヒリとした痛みを感じることが多く、正しいケアが必要となります。


  • 日焼けをすると赤くなる?

  • 日焼けをすると赤くなる?
  • 日焼けというと、夏本番の強い太陽の下で肌が褐色に焼けるというイメージがあります。

    しかし、夏本番にしか日焼けをしないかというと、意外と夏本番でなくても日焼けをしてしまうことがあります。締め切った窓際で長時間日光にあたっていると、夏でもないのに日焼けをしてしまうことは珍しくありません。

    また、肌が日に焼けたときに肌の表面が褐色になる人ばかりでなく、肌が赤みをおびた色になる人もいます。
    どちらも日に焼けたという印象がありますが、赤みをおびた人の肌はヒリヒリとした痛みを感じることが多いです。
  • できるだけ直射日光に当たらないように

  • できるだけ直射日光に当たらないように

    出典: instagram.com

  • 肌の表面が褐色になる人の場合は、有害な紫外線などから肌を守るためにメラニンという色素が増えて肌の色が変化します。そのため、肌の表面で光が弱められることによって、皮膚のなかまで光が届きにくくなり皮膚を守ることができると言われています。

    それに対して肌が赤みをおびてしまう人の場合は、メラニン色素がほとんど増えないために皮膚に日光が届きやすくなります。皮膚のなかに直接強い日光が入ると、皮膚がやけどに似た状態になるためヒリヒリとした痛みを感じるようになってしまいます。

    日に焼けると肌が赤みをおびるという人は、できるだけ直射日光に当たらないように気を付けます。日焼け止めクリームなどを使うことで、紫外線から肌を守るようにするのも良い方法です。
  • 日焼けをしてしまったら

  • 日焼けをしてしまったら

    出典: instagram.com

  • また、日光にあたって肌の表面が赤くなってきたら、はやめに直射日光が当たらない日陰に移動するようにします。
    そして、肌がヒリヒリする場合には冷水などで冷やしたり、市販の外用薬などを塗ったりしてケアをすると良いです。冷水などで冷やすことで、赤く炎症を起こした肌のヒリヒリとした痛みを和らげることができることがあります。
    赤くなった肌が乾燥してくると、ヒリヒリとした痛みが出てくることがあるので、乾燥させないように保湿するようにします。

    冷水で赤くなった部分を冷やし続けることが出来ない場合には、濡れタオルをあててケアすると良いです。
    よく冷やすことで熱や痛みを感じなくなったとしても、熱いお風呂に入ったり、服などの生地で擦れると熱や痛みが戻ってきます。そのため、直接肌に服の生地が擦れないように当て布をしたりすると、擦れて痛みを感じることを防ぐことができます。

    そして、お風呂に入った時にはお湯にできるだけつけないようにしたり、冷水を時々かけながら入浴するようにします。
    また、皮がめくれてきた場合には、自然に剥けるようでなければ跡が残ってしまうことがあるので、無理に剥かないようにします。
日焼けで肌が赤みをおびたらケアが必要
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事